※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

 『<Lost World>Cavalry Legion』において、バイデンはアークがラ・ル・カーナに築いた橋頭堡を発見。
 多数のバイデン、巨獣を用いた集中攻撃を仕掛ける。
 アークのリベリスタは橋頭堡の設備を利用して襲撃を凌ごうとするが、橋頭堡内部への侵攻を許してしまうのだった。

結果

 迎撃戦での劣勢により、ラ・ル・カーナ橋頭堡は陥落。
 リベリスタはラ・ル・カーナを撤収し、ボトムチャンネルに叩き戻されることに。
 また敗北した依頼に参加していた8名のリベリスタがバイデンにより拉致され、バイデン拠点に連行された。

 この戦闘の最中、バイデンの言語が【タワー・オブ・バベル】 を持たないリベリスタにも通じるようになった。
 原因はフュリエの長シェルンによる世界樹への働きかけと推定される。

主要NPC

プリンス・バイデン

 襲来したバイデンの指揮官。プリンスが王子を意味するのかは不明。

イザーク・フェルノ

 地球に現れたバイデンの部隊の青年。
 他のバイデンから任務の失敗を嘲笑され、雪辱に燃える。