※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

 BNE初の連動シナリオ。
 『組織連合』(フィクサード組織による連合)が連携して行う作戦に対して、アークのリベリスタが出動する。
 タイトルとなっている<相模の蝮>は、敵の作戦を主導するNPCフィクサード「蝮原咬兵」の別名。
 登場するフィクサードの中には、「アークのリベリスタが知らないスキル」を使う者、「今まで見たこともないジョブ(クリミナルスタア)」の者が存在。

詳しい事件の流れ

 公式ページの「相模の蝮あらすじ」参照。
 というか、こっち見た方がいいですよ?

第1期

 2011年5月12日オープニング公開。
 各地で同時多発的に発生したフィクサードによる事件を阻止するため、アークのリベリスタが出動する。
 首謀者的な立場と思われる「蝮原咬兵」とも遭遇するが、その狙いは不明。

第2期

 2011年6月13日オープニング公開。
 前回同様の事件を起こそうとしているフィクサード達に対して、再度リベリスタが出動。
 ただし、同時に「蝮原咬兵」の属する関東仁蝮組の本拠地が、「黄咬砂蛇」率いる集団の奇襲を受ける。
 また、「蝮原咬兵」本人は現場に姿を現していない。
 おおむね敵の作戦を阻止するが、「黄咬砂蛇」によって関東仁蝮組先代の孫娘「相良・雪花」はさらわれる。

第2期・裏

 2011年6月14日オープニング公開。
 「蝮原咬兵」率いるフィクサード部隊が、時村家当主・「時村貴樹」暗殺のため時村邸を奇襲。
 連動型シナリオで、<相模の蝮・裏>がタイトルについている依頼は、1PC1つまでしか入れない。
 関東仁蝮組本拠地での事件を知った蝮原たちの撤退に伴い、「時村貴樹」の保護に成功。

蝮原の提案

 蝮原からの提案。
 「アークは相良・雪花を救出するのを手伝え。救出完了後、蝮原と彼に同調するフィクサード全員アークに投降させる」
 この提案に対する対応は、リベリスタの意見を受けて室長が判断。
 →蝮原の提案

最終戦

 2011年07月16日(土)決着。
 蝮原との共闘によって黄咬砂蛇を撃破し、誘拐された相良・雪花を奪還。

最終決着

 アークと関東蝮原組、ならびに彼らに協調するフィクサード達との同盟関係が成立。
 蝮原から取得した情報まとめ

主要NPC

蝮原咬兵

 ビーストハーフ(蛇)、44歳。関東仁蝮組の若頭。「いわゆるヤクザのトップの人」(原文ママ)。
 『<相模の蝮>キケンタチイリキンシ』に登場。強くて有名で、なおかつ理性的なフィクサードとして知られている。
 『組織連合』からの指示を受けて事件を起こしている。

相良・雪花

 関東仁蝮組先代(相良・橘平)の孫娘、14歳。和装の似合う少女。
 砂蛇一派にさらわれる。

九条

 アークの捕虜となったフィクサード。
 フィクサード尋問でアークに尋問を受けた後に解放され、蝮原への義理を果たすべく対砂蛇戦にアーク側で参戦。

千堂遼一

 バランス感覚の発達し過ぎたフィクサード。バランス型の仲間達を率い、あらゆる事にバランスを求める。
 詳しくは登場シナリオ参照。

黄咬砂蛇

 砂潜りの蛇と呼ばれている砂使いのフィクサード。性質は残忍。特に弱者を理不尽に殺す事に喜びを覚える。
 とある組織に所属しており、組織の用心棒、あるいは殺し屋としての活動が知られている。
 砂を操るその能力は非常に独特。
 詳しくは登場シナリオ参照。

新スキル(暫定)

 出現するフィクサードが使用するスキルです。
 リプレイ等での記述から確認できたもののみ、効果を記載しています。
 また、第2期において【ラ-ニング】による敵EXスキル取得が初めて確認されました。詳しくは未解スキル参照。

 以下、使用者のごく少ないもののうち、EXと明記されていないもの(個人スキルの可能性あり
 【グラウンドスロウ】物理遠距離複数攻撃
 【ギルティドライブ】 断罪の弾丸を放つ攻撃スキル。射撃武器専用?
 【暴れ大蛇】 荒れ狂う大蛇のように近接範囲を薙ぎ払う大技(反動有)。蝮原咬兵専用?

蝮原の提案への対応

 だいたいこんな感じ(ネタページです。本気にしないで実際のスレッドを見ましょう)