※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

 ジャック事件の影響によって崩界レベルが上昇。
 これによって復活したアザーバイド「鬼」達が岡山県で暴れ出した。
 『<Lineage of Qursar>鬼道交錯ス』にて「禍鬼」と遭遇したリベリスタ達は深春・クェーサーと共に禍鬼達を撃退するが、敵の目的が1400年前、吉備津彦によって封印された鬼の王『温羅』の封印解除であると判明。

 禍鬼はその後、大量の「鬼」と共に岡山県各地の封印を破壊し、温羅をはじめとした鬼達を封印から解放せんとする。
 事態を察知したアークは各地の封印を破壊しようとする「鬼」達を撃退に向かうが、クェーサーと共闘しての『温羅』解放阻止は失敗。
 しかし『温羅』の儀式を阻止に向かったリベリスタ達の作戦によって儀式は完璧とはならず、『温羅』は不完全な状態で蘇った。
 その他、岡山県各地でも、『温羅』配下であった数々の鬼の封印が解かれている。

主要NPC

温羅(うら)

 鬼の王。 『<鬼道驀進>魔道供犠ヲ成ス』にて吉備津彦による封印から解放された。
 現在、不完全な状態。

禍鬼(まがき)

 『<Lineage of Qursar>鬼道交錯ス』『<鬼道驀進>魔道供犠ヲ成ス』に登場。
 温羅を復活させんと画策した鬼達のリーダー格。温羅復活後も腹心の部下として従う。

深春・クェーサー

 『<Lineage of Qursar>鬼道交錯ス』『<鬼道驀進>魔道供犠ヲ成ス』に登場。
 アザーバイド撃滅を旨とするクェーサー家の当代。鬼を撃滅するため、アークのリベリスタと共闘する。