( ∵) もう終わるようです その1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

( ・∀・) 「やぁや、また会ったね」

( ∵) 「……」

流れる川のせせらぎを聞きながらぼーっとしていた時、その中に全く別の音が混ざる。
首だけで確認をすると、全身を緑色で包みヴァイオリンを片手に持つ青年がいた。

彼とは何度か面識があったので、ひとまずは手を振ることで挨拶をする。

( ・∀・) 「相も変わらず静かだね、君は」

( ∵) 「……」

そして軽い笑い声を上げながら、青年は一方的に話し始めた。
あの森にいたら酷い目にあった、空からも幾度も命を狙われただとか。
甘い甘ぁい場所があったから向かったら罠で、危うくその命を落とすところだっただとか。

そんな話を、幾つも幾つも。
僕が退屈してる理由はと言えば、彼の話が内容は違えど、中身が常に一緒だからだ。

( ・∀・) 「とと、話し過ぎて随分と時間が経ってしまったな……うぅむ」

ハッとなってから空を見上げると、慌てた口調で――その様子はないが、それではと話を締めた。
相も変わらず、彼は随分とお喋りなようだ。

( ∵) 「……ゴェ」

あぁ、僕も喋りたいのにと呟けど、そんな勇気はもちろんなくて。
誰にも聞かせたことのないその声を、夜空に向かって投げつける。

静寂は、その声さえも押し潰してしまった。

( ∵) 「……」

空は、広い。
僕が飛んだところで、僕が鳴いたところで、いったいどれだけの存在が認識してくれるのだろうか。
それなのにみんなは自らを撒き散らし、その存在を誇示しようとする。

しかし、その気持ちは全くわからないと言うワケでもない。
どうせならば、意地でも自分を押し付けてやりたいのは、僕も一緒なのだから。

( ∵) 「……」

ふぅと息を吐くと、小さな自分が更に小さくなった気がした。
どれだけの時間をあの闇の中で過ごしたか、正確な時間は思い出せないし、思い出したくもない。
ゆっくりゆっくり、何も出来ずにただ耐えることで育んできたこの命。

( ∵) 「……ゴェ」

たかだか自己顕示の為に使うなど下らない。
そんな欲で磨り減らしてしまうのなんて、愚かしいとすら思えてしまう。



なんてことは、昨日も一昨日も今日もずっと考えている。
まだわからないけれど、たぶん明日もだ――。

◆◇◆◇◆

( ∵) 「……」

いつの間にやら寝ていてしまっていたことは、頭から被る日の暑さで気付いた。
今日もジリジリと真上から照り付けやがって、コンガリ焼くつもりか。
しかし焼いたところで、いったい誰が僕を食べるのだろう。

そんな空想に時間を割いていたが、下らないと気付いた僕は近くの川へと喉を潤しに行った。
それから朝ごはんを食べて、自然の音に耳を傾けながら近辺を徘徊する。
いつも通りの日常だ。

出来る限り木陰を通り、日に当たらないようにひたすらに進む。
空も広いが、地面も十分に広い。
この僕の短い命を賭して、回りきれるだろうか。

( ∵) 「……?」

今日も今日とてせかせかと歩き回っていたのだが、しばらくすると何やら怪しい音が聞こえた。
面倒なことには首を突っ込みたくはないのだが、悲しいかな僕は好奇心を抑えられる程に大人ではない。
ついついその音の出所を探してしまった。

キョロキョロと辺りを見回しながら探り、自分よりも背の高い草たちの合間を縫って移動する。
音はその距離が縮まる毎に大きくなり、草を一枚隔てたところで、ようやくたどり着いた。
さぁ、何があるのだろうかと、首だけ出してみる。


ミセ*;д;)リ


そうして見つけたのは、ポロポロと涙を流す僕の同族だった。

(;∵) (どうしたの?)

流石に僕でも、同族の女の子が泣いてるのを見てさようなら、なんてことは出来ない。
慌てて駆け寄り、地面に文字を書いて彼女に問い掛ける。
飛び出した僕の姿に驚いたのか、一度大きく目を開いてから、またわんわんと泣き出した。

ヾ(;∵)ノシ

ミセ*;Д;)リ 「うぁぁぁぁ! うぐ、あぁぁぁぁぁぁ!!」

僕が何かしたのだろうか。
もしもそうだとしたら、本当に申し訳なく思う。

ミセ*;Д;)リ 「よかった、よかったぁぁぁ……」

(;∵) (落ち着いて、大丈夫だから)

くすんくすんと鼻を鳴らしながら、先までの大声はようやく収まる。
しかし、よかったとはどういうことで、何があったのだろうか。
少し経って落ち着いた彼女に、また僕は問い掛けてみた。

ミセ*゚‐゚)リ 「さっきまでね、友達と一緒にいたの……」

彼女の話は、こうだ。
つい先ほどまで友達と一緒に遊んでいたらしい。
楽しく談笑をしていたのだが、急に捕獲網が降ってきてその友達が拐われたのだ。

ミセ*゚‐゚)リ 「彼らは、私たちよりもずっとずっと大きいから恐いし、私じゃあの子たちを救えなくて……」

それで泣いていたそうな。
話の間、僕は適当なところで頷いて、相槌を打って聞いていた。

( ∵) (大変だったね)

話を聞き終えたところで、さらさらと文字を書く。
それに対して頷いてから、今度は彼女が僕に質問をしてきた。

ミセ*゚‐゚)リ 「アナタ、話せないの?」

きょとんとしながら訊ねるその姿に、思わず笑ってしまう。

( ∵) (笑ってゴメンね。僕は話せないんじゃなくて、あまり話したくないんだ)

疑問符を頭に浮かべながら、くりくりとした目で彼女が僕を見る。
その大きな黒目は僕を吸い込んでしまいそうで、何だかドキドキして目を反らしてしまった。

少しの間そうしていたが、ふぅんと言ってから彼女は笑った。

ミセ*゚ー゚)リ 「ま、いいや! アタシはミセリ、アナタは?」

( ∵) (僕はビコーズ)

お互いに自己紹介をすると、彼女は質問をマシンガンの如くぶつけてきた。
いつこちらに出てきたのか、どこから来たのか、下にいた時はどうだったのか。
他にもいろいろ聞かれたが、途中で疲れてしまったのであまり覚えていない。

ミセ*゚ー゚)リ 「そっか、アタシとあまり変わらないね!」

( ∵) (そうなんだ)

ニコニコとしている彼女の質問責めを何とか返して、やっと一息吐くことが出来た。
と、思ったのも束の間、また新たに彼女から質問が飛んでくる。

ミセ*゚ー゚)リ 「どうして、話さないの?」

( ∵) 「……」

答えてもいいものだろうか。
正直な話、僕は自分の思想が正しいと思っているし、みんなの考えが愚かだとも思っている。
それでも同族にその話をするのは、何となくいけないとも思っている。

どうしたものかとうんうん唸っていると、何かおかしかったのか彼女が声を上げて笑う。

ミセ*゚ー゚)リ 「変なのー、ビコーズって変わってるね」

( ∵) 「……」

そう言われるのも無理はないだろう。
正しいとは思っていても、その考えは同族からして見れば明らかに異端だ。
だから彼女の言葉に怒りは湧かないし、そうなのかもと一言書いて、僕も笑った。

ミセ*゚ー゚)リ 「それじゃあ、そろそろ行くね」

楽しい時が過ぎるのはあっという間で、気づけば太陽がその身を隠し始めていた。
もう少し話していたかったのだが、仕方がない。
コクリと頷いて手を振ると、ニコリと笑って彼女は言った。

ミセ*゚ー゚)リ 「もしよかったらまた明日ここで遊ぼうね、それじゃあ」

そう言って一方的に約束を結んで、去っていった。
沈んだ夕日に溶け込むように、サァッと彼女の姿が消える。
仕方がない、また明日ここに足を運ぼうか。

その日の夜は、珍しくいつもと違った。

頭を回せど回せど、出てくるのは彼女のことばかり。
また明日とは言っていたが、どのくらいの時間に行けばいいのだろうか。

( ∵) 「……」

あぁ、この身に詰まる何かを吐き出したい。
愚かなことだと笑っていたが、僕もその分類にされていいから大声でぶちまけたい。

だけれど臆病者の僕が、またひょっこりと顔を出す。
大切に大切にしているその命、感情の為に磨り減らしていいのかい? と――。
彼のおかげで、少しだけ頭が冷えた。

そうだ、僕はこの一生を長く長く謳歌していたいのさ。
下らない感情のせいで棒に振って、たまるかってんだ。

( ∵) 「……ゴェェ」

それに、こんな汚い声を彼女に聞かせられるものか。
思考の渦に飲まれていると、突然後ろから声がかけられた。

('、`*川 「あらあらあら、どうしてこんなところにまぁまぁ」

ぽわぽわと儚げに光を放ちながら、その存在を見せつける女性に会った。
美しいとは思うけれど、彼女もまた愚かだ。

( ∵) (こんばんは、はじめまして)

('、`*川 「うふふ、はじめまして。どうしてこんなところにいるの?」

彼女が何を聞いているのか全く理解出来なかったが、しばらく頭を回して合点が合うと一度大きく頷いてみせる。

( ∵) (特に、理由はないかな)

('、`*川 「あらあら……それも声を出さずに答えるなんて、不思議な方ね」

言ったところで、どうせ理解してもらえやしないさ。
そう思った僕は、とりあえず困ったように笑ってみせた。

そう言えばこの種族に、どうしても聞いてみたいことがあったのだ。
せっかくだから彼女に聞いてみることにしよう。

( ∵) (貴女たちは、どうして光るの?)

('、`*川 「……んん? ごめんなさい、ちょっと質問の意味がわからないわ」

目をパチクリとさせながら、理解できなかったことが伝えられる。
無理もない、彼女たちには僕の考えなんてわからないのだろうな。

( ∵) (だって、その命がどんどんと削られるんだよ? 貴女たちは特に)

文字を書き終えると、あぁと呟いてからクスクスと笑われた。
やはり僕の疑問はおかしいのだろうな。

('、`*川 「見てほしいから、その生を謳歌したいから……じゃダメかしら?」

( ∵) (どうして見てほしいの? 長く生きた方が、謳歌出来るじゃないか)

('、`*川 「それじゃあ、生まれてきた意味がないとは思わないの?」

はて、彼女は何を言っているのだろうか。

('、`*川 「誰にも見てもらえない一生なんて、幾ら長くてもつまらないじゃないの」

( ∵) 「……」

('、`*川 「それに、私は地味だから。光ってないと誰も見てくれないから……」

見られることに、認識されることに意味があるのだろうか。
どうせどんなに頑張っても、たかが知れてるのに。

('、`*川 「ふふ……それじゃあ土の中にいるのと一緒。綺麗じゃないわ」

私は女だから、綺麗でありたいのと告げると、彼女は軽やかに踊りだした。

('、`*川 「光って消えるだけ、その命の灯火を一瞬だけ燃え上がらせて消えるだけ、そう知っているのに」

光っている私は綺麗でしょう? そう聞かれる。
たしかに彼女の舞いは、息を飲むほどに綺麗だ。
彼女が通った道を辿るように、光の粒が追いかける様は何と言い表せばいいのだろうか。

('、`*川 「ただただ生きるだけ、そんなのは生きてるだなんて言えないわ」

そう言って彼女は笑い、去っていく。
心なしか、その笑顔は寂しそうに見えた。

◆◇◆◇◆

またも太陽は上から見下ろしてきやがる、憎々しい。
あまりの暑さに随分と早い時間に目を覚ましてしまった。

( ∵) 「……」

昨日あの女性に会った場所へと、ノドを潤す為にのそのそと向かう。
一晩寝て起きたらノドがカラカラになる季節なんて、僕は嫌いだ。
だからこそ、長く生きたいと言う思いが強くなる。

少しばかり歩けば、目的地。
水面へ顔を近づけて、ゴクリゴクリとノドを鳴らす。
あぁ、生き返る――。

( ∵) 「……?」

少し離れたところに、コロンと転がる黒い影。
何なのだろうと少し気になり、短い足で地面を掻く。

( ∵) 「……」

( ー 川

見なければよかったかな、とちょっぴりだけ後悔が浮かぶが、蹴り飛ばす。
その気持ちは、持っちゃいけないんだ。

しかし、何だろう。
もう光ってないし、黒いその体は綺麗なんかじゃないハズなのに。

その満足そうな顔を見て、少しだけ綺麗だと思ってしまった。
どうしてそんなに満たされた顔をしているのと聞いてやりたいが、彼女はもういない。
少しだけ、寂しくなった。

いつもより早い朝ごはんを終えると、ミセリと約束した場所まで向かう。
心なしかいつもより歩くスピードが速いが、気のせいだろう。

ミセ*゚ー゚)リ 「あ、来た来た」

ちょっと早いかなぁと思っていたが、そんな僕よりも早く彼女はここで待っていた。
随分と早起きなのだなと感心しつつ、謝罪文を地面に書いた。

ミセ*゚ー゚)リ 「おいおい君ー、そんなのは誠意が伝わらんなぁ」

(;∵) (何か随分と軽くなったね……)

ミセ*^ー^)リ 「だって、友達が相手だから」

彼女が笑うと、体が軋む。
押さえ付けている衝動が、本能が、飛び出してしまいそうになるのだ。
今までこんなことはなかったのに。

( ∵) 「……」

ミセ*゚ー゚)リ 「ん、どしたどしたー?」

朝も早いのに元気な彼女は、僕の気持ちなんかお構い無しにずいずいと顔を覗いてくる。
心まで見透かされそうなその瞳は、僕なんかが見ていていいのかと不安になってしまう。

( ∵) (ミセリは、長く生きたいと思わないの?)

ミセ;*゚ー゚)リ 「んあ、なんだそりゃ」

僕の質問に、彼女はポカンと間抜けな顔で返す。
つい訊ねてしまったが、不味かったか。

しかし既に彼女には伝わってしまったのだから、もうどうしようもないか。

( ∵) (ミセリは、お喋りだ)

ミセ*゚ー゚)リ 「ビコーズも口にはしないだけで、お喋りよ?」

( ∵) (だから僕は、声を出さないんだ)

ミセ;*゚ー゚)リ 「……? ゴメン、よくわからない……かな?」

( ∵) 「……」

やはり理解されないだろうか。
そう思い不安になった僕は、やっぱりいいやと地面に書いて、彼女へ笑ってみせる。
無理に聞くことはないし、無理に話すこともないさ。

そのまま他愛のない話を続けていたのだが、なかなかどうして、ヴァイオリン弾きと話すよりも楽しいではないか。
会話と言うものは、こんなに楽しかったのかと心の中で驚いていた。


しばらくするとミセリは手を叩き、散歩に行こうと提案をする。

( ∵) (いいね、行こうか)

ミセ*゚ー゚)リ 「どっちが高いところまで行けるかな?」

その言葉を聞いてハッとする。
そうか、彼女たちにとっての散歩は――。

ヾ(;∵)ノシ (待って待って!)

ミセ*゚ー゚)リ 「ん、何? 風は待っちゃあくれないんだぜ?」

(;∵) (何そのキャラ……)

戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。