( ^ω^)はラプチャーファームに内定が決まったようです その1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

( ^ω^)「ドクオ!聞いてくれお!」

('A`)「なんだよ興奮して・・・発情した豚みたいだぞ」

( ^ω^)「内定決まったお!」

('A`)「どこの家畜小屋?」

( ^ω^)「ラプチャーファームって工場だお!」

('A`)「へぇ、有名な食品会社じゃん。材料になるの?」

( ^ω^)「純然たる社員だお!お前そろそろぶん殴るお!」


('A`)「ふぅん。お前が社員にねぇ・・・」

( ^ω^)「二日に一回健康診断してくれるお!超優良企業だお!」

('A`)「二日に一回・・・」


('A`)「いや多くね?」

( ^ω^)「社員の健康に気を使ってるんだお!」

('A`)「あっそ。まぁバンガレよ」




ラプチャーファーム 工場内


ガゴーン ボゴーン

キュイィィィイイイイン


( ^ω^)「今日からここでお世話になりますお!ブーンですお!」

上司「ア゛ァ゛!?」

ボカ!

(#)゚ω^)「いってぇ!なんで殴るんですかお!」

上司「ヘヘヘ」

(#);^ω^)「笑ってるお・・・マジこええ」

(,,゚Д゚)「はぁ・・・」

( ^ω^)「おっ、先輩、清掃ですかお?」

(,,゚Д゚)「・・・」

(;^ω^)「無視ですかお・・・」

( ^ω^)「ブーンもここで清掃業務ですお。仲良くやりましょうお」

(,,゚Д゚)「話しかけんなよ・・・あいつらが見てるだろ」

( ^ω^)「おっ?」

(,,゚Д゚)「また殴られるぞ・・・」

(;^ω^)「え・・・」


上司「ヘヘヘ」

ボゴ! ドゴ!

(´#)ω(#`)


(;^ω^)「うわぁ・・・あの社員さん、袋叩きにされてるお」

(,,゚Д゚)「分かったら適当に掃除してろよ・・・」

( ^ω^)「なんだおこの会社・・・何かおかしいお」

( ^ω^)「おっ、この会社の商品のポスターが貼ってあるお」

( ^ω^)「どれもおいしそうなお菓子ばかりだお・・・ジュルリ」

( ^ω^)「ん?あそこにいるのは・・・」






(00) フンフフーン

( ^ω^)「お疲れ様ですお、先輩」

(00)「ん?だれ?」

( ^ω^)「新入社員のブーンですお」

(00)「ああ、僕はエイブ。よろしくね」

( ^ω^)「よろしくですお」

( ^ω^)「清掃作業しろって言われてたんですけど・・・」

(00)「ああ、それなら僕がやり方を教えてあげるよ」

( ^ω^)「お願いしますお!」


(00)「と言っても、ここを掃除機かけるだけなんだけどね」

(00) ゥエヘヘ

( ^ω^)「そうですかお」(笑い声気持ち悪)

( ^ω^) スイスーイ


( ^ω^)「こんな感じでいいですかお?」

(00)「ばっちりだね。じゃあ僕はあっちを掃除してるよ」

( ^ω^)「把握ですお」



( ^ω^) スイスーイ

( ^ω^) 「ふぅ。結構楽な作業だお」

( ^ω^) 「上司は怖いけど、エイブさんは優しいし(声も顔もキモいけど)、いい会社を選んだお」


<・・・ダカラ・・・ラプチャーファームノ・・・


( ^ω^) 「お?」

( ^ω^) 「あの扉の隙間から、声が聞こえるお」

( ^ω^)「・・・」

( ^ω^)「ちょっと盗み聞きしちゃお・・・」


|ω^) コソ・・・

|ω^)(お偉いさんが会議中だお・・・)



上司「このグラフの通り」

上司「ラプチャーファームの業績は右肩下がりです。ヤバい感じです」

 ζ
(- -)「ふざくんな!何とか汁!」 (AA頑張ったよ。うろ覚えだけど)
 山

上司「なんとかって言われても・・・」 

 ζ
(- -)「そういやお前アレだろ?二日に一回、奴隷どもから吸い取ってるだろ、アレ」
 山


|ω^)(奴隷・・・?)

|ω^)(ブーンたちのことかお・・・?)


(00)「何してるの?」

(;゚ω゚)「うぉっ・・・」(近くで見るとマジキモい)

(00)「覗きかい?いったい何を・・・」

(;^ω^)「ちょっと静かにしてくださいお・・・」

(00)「?」


 ζ
(- -)「お菓子を美味しくする旨味成分的なヤツ、健康診断って騙して吸い取ってんだろ?」
 山

上司「ええ。あいつら馬鹿だから気づいてませんけど」


(00)「!」

( ^ω^)「どうしたんですかお?」

(00)「ちょっと黙って」

( ^ω^)「あ、はい」


 ζ
(- -)「あれもっと吸い取って、商品をもっと美味しくすれば売上伸びるっしょ?」
 山

上司「い、いやしかし・・・」

上司「これ以上吸い取ったら、あいつら死にますよ?」



(00)「・・・」

|ω^)「・・・」

 ζ
(- -)「いいじゃん別に。就職難だから代わりはいくらでもいるし」
 山

 ζ
(- -)「社員死なせたって、労働厨が擁護してくれるだろ」
 山

上司「それもそうですね」

上司「さすがは社長、目の付けどころが違います」


 ζ
(- -)「だwwwwwろwwwwwwwwww?」
 山

上司「マwwwジwwウwwwケwwwルwwwっすwwwww」


(00)「そ、そんな・・・」

(00)「健康診断じゃなくて、僕らから旨味成分を吸い取るためだったなんて・・・」

(;^ω^)「聞いちゃいけないことを聞いてしまったお・・・」

(;^ω^)「ていうか旨味成分て・・・ほんとに取れるのかお?」

(00)「バーンくん」

( ^ω^)「あ、すいませんブーンですお」

(00)「ああごめん、ビューンくん。ちょっと僕に協力してくれるかな」

( ^ω^)「ブーンですお。協力って、何をする気ですかお?」

(00)「みんなを助けるんだよトーン!」

( ^ω^)「ブーンだっつってんだお。助けるって、会社を辞めるように、社員たちを説得するのかお?」

(00)「違うよ。社員はみんな住み込みで、会社の敷地から出てはいけない規則になってる」

(00)「監視に引っかかったら、容赦なく撃ち殺される。この工場から脱出するのは容易なことじゃない」

(;゚ω゚)「えぇ!?なにそれマジで!?」


(00)「だけど僕らの力があれば、故郷に帰れるのさ」

( ^ω^)「僕らの力ってなんだお?」

(00)「え?君も使えるだろう?ほらあの・・・・・ナントカっていう超能力チックな」

( ^ω^)「ブーンは超能力なんて使えねーお」

(00)「なに言ってるんだ?君もあれだろう、あの・・・なんだっけ」

(00)「ナントカ族の出身だろう?ナントカ族は、皆あの・・・ナントカって力が使えるじゃないか」

( ^ω^)「なに言ってるかさっぱりだお。ブーンはVIPの出身だお。あえて言うならアスキーアート族だお」

(00)「えぇ・・・?おかしいな」


(00)「そう!マドカン族だ!僕たちマドカン族はみんな、チャントっていう超能力が使えるんだよ!」

( ^ω^)「一気に思い出したからって興奮すんなよ・・・」

(00)「ここはオッドワールドっていう惑星だか大陸だかで、そう!あの社長がグラッケン?みたいな種族で!」

(00)「グラッケン?がこのオッドワールドを征服して、僕たちマドカン族を奴隷のように扱ってるんだ!」

( ^ω^)「ほうほう」

( ^ω^)「でもおかしいお。なんで僕がオッドワールドってところにいるんだお?」

( ^ω^)「僕は日本のVIPから来たお」

(00)「バス乗り間違えたんじゃない?」

( ^ω^)「そうかもしれんお」


(00)「とにかく」

(00)「君はチャントを使えないけど、僕は使える」

(00)「他のマドカン族の作業員たちも使えるはずだけど・・・」

( ^ω^)「だけど?」

(00)「旨味成分を吸い取られ過ぎて、力を失っていると思うんだ」

(00)「君も見ただろう?作業員たちの死んだような目を」

( ^ω^)「ふぅむ・・・そのせいでみんな気力がなかったのかお」

( ^ω^)「え?じゃあエイブもチャントとやらを使えないんじゃないかお?」

(00)「僕は一週間の休暇明けだからね。その間、健康診断は受けてなかったから、身体はすこぶる快調だよ」

(00)「君は今日工場に来たばかりで、元気もある」

(00)「僕と君の二人で、みんなをここから助け出すんだ」

( ^ω^)「えー・・・せっかく就職したのに・・・」

(00)「このままじゃ、みんな死んじゃうよぉ~!」

キュィィイイイイン・・・

  -= -◎-


(;^ω^)「おっ!?なんだお、あの球体の浮遊物体は!?」

(00)「監視ロボットさ」

(00)「妙な動きをしたり、工場から逃げ出そうとする作業員を追いかけて」

(00)「爆死させたり、電撃ビリビリにしたりするんだ」

(;^ω^)「無理だお!あんなのがそこらじゅうにいたら、逃げるなんて不可能だお!」

(;^ω^)「それに上司だっていっぱいいるお!さっき気づいたけど、あいつら機関銃持ってるお!?」

(00)「ああ。作業員を容赦なく打ち殺すことに定評がある・・・ナントカって種族だ」

(;゚ω゚)「残酷ぅ!」

(00)「前触れもなく作業員を殴りつける困った奴らでね。殴られ過ぎて死んだ奴もいるってさ」

(00) ゥエヘヘ

(;゚ω゚)「ゥエヘヘじゃねえよ!もっと切羽詰まれよ!」


(00)「だけど任せて。僕の超能力、チャントがあれば、あんな奴ら怖くないさ!」

(;^ω^)「ど、どんな能力なんだお!?そのチャントってのは!?」



(00)「・・・」

(00) ヒェヘヘーヘッ

(;゚ω゚)「うわっ!腹立つわコイツ!」


(00)「さあ急ごう!今ならナントカ・・・スリッグ!そうスリッグ!思い出したスリッグだ!」

(;゚ω゚)「思い出したって何だお!?」

(00)「スリッグっていう機関銃を持った上司もいないし、監視ロボットもこっちを見ていない!」


(00)「いくぞジャック!」

(;^ω^)「ちょ、ちょっと待てお!どこに行くんだお!もういいよジャックで!」

(00)「逃げなきゃ・・・そしてみんなを助けなきゃ・・・」


タタタタタ・・・


(00)「このままじゃ・・・・・」



(00)「みんな・・・死んじゃうよぉ~~!」

(;^ω^)「それさっき言ったお!」











( ^ω^)はラプチャーファームに内定が決まったようです

               改め

    ( ^ω^)ブーン・ア・ゴーゴーのようです

( ^ω^)「・・・」

(00)「・・・」


( ^ω^)「ここどこ?」

(00)「・・・」

 ヽ
ヽ(00)г ワカンナイ

( ^ω^)「コイツもう・・・撃ち殺されちまえよ」


(00)「ジョンソンが急に僕を押したから、二人してこんなところに落っこちたんじゃないか」

(00)「あの高さから落ちて命があっただけマシだよ」

( ^ω^)(クソが・・・キモい顔しやがって)

( ^ω^)「あーあ、もう僕らが逃げ出そうとしてるってバレたお」

( ^ω^)「スリッグ?とかいう上司に見つかったら、無条件で射殺されるお」

(00)「見つからなきゃいいのさ」

(00)「まぁ、見つかったとしても僕がいれば大丈夫」

( ^ω^)「え?マジかお?エイブって結構強いのかお?」

(00)「見てれば分かるさ」


(= ヽ トマレ!
ノノノ


(;^ω^)「おっ!?なんだお!あの分かりづらいAAは!?」

(00)「スリッグだよ!機関銃を持ってるでしょ!」

(;^ω^)「言われなきゃ分かんねえお!どうするんだお!?」


(00)「ジャンプして、上の通路に飛び乗れ!」

(00)「あいつらは足腰が弱いから(たぶん)」

(00)「上まで追いかけてこれないんだ!急いで!」

(;゚ω゚)「おぉ!!」

ピョーン ガシッ



    ((= ヽヽ ダダダンッ
     ノノノ ||   
Σ==O〓⊂ノ )) 



(;゚ω゚)「わっかりづれぇけど撃ってきたぁあああああ!!」

(;^ω^)「・・・あっぶねぇーーー!靴の裏に掠ったお!」

(;^ω^)「でも、なんとか上に登れたお!やるじゃん俺!」


(= ヽ ウロウロ
ノノノ


( ^ω^)「・・・エイブの言ったとおりだお!あの鬼畜、ここまで登ってこれないお!」

( ^ω^)「はっはー!バーカバーカ!お前の父ちゃんリストラ候補ー!」


( ^ω^)「・・・ふぅ、ひとまず危機は乗り切ったお」

( ^ω^)「・・・ん?」


(^ω^三^ω^)キョロキョロ


( ^ω^)「エイブ?」

( ^ω^)「・・・」

( ^ω^)「おーい、エイブー、どこだおー?」

(;^ω^)「・・・」

(;^ω^)「ちょっと待てお」

(;^ω^)「死んだのかお!?間に合わなかったのかお!?」

(;^ω^)「リタイヤ早杉ワロエナイお!」


( ^ω^)「・・・」

( ^ω^)「まぁ、いいか」

( ^ω^)「あのキモい顔をもう見なくていいなら、それはそれで・・・」


タタタッ

ピョーン ガシッ

ゥェッショ・・・


( ^ω^)「・・・お?」


(00)「やぁコーン、無事だったんだね。よかったよ」

(;^ω^)「え?」

(;^ω^)「ちょっと待って?いま普通に登ってきたお?」

(00)「そりゃあそうさ。エレベーターなんてないからね」

(;^ω^)「いやいや、そういうことじゃねえお」

(;^ω^)「下にスリッグがいたお?何で撃たれずに登れたんだお!?」

(;^ω^)「そもそもどうやって、あの銃撃から逃れたんだお!?」

(;^ω^)「僕は危機一髪で登りきったから大丈夫だったけど・・・エイブが身を隠せる場所なんてなかったお!」

(00)「そう興奮しないで。発情した豚みたいだよ」

(#゚ω゚)「うるせぇ!醜さを極めたエイリアンが!」

戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。