( ^ω^)魔法武器のようです 第二話「大将」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


('A`) 「おい!ブーンどこ行ってたんだ」

ブーンは、はぁはぁと息を切らす

(;^ω^) 「ちょっと...迷っちゃったお」

('A`) 「ま、次から気をつけろよ」

ドクオはそういうとベットに入った

そうしてブーンもベットの中に入り眠りについた

次の日新兵に呼び出しがかかった
どうやら、国王と大将が新兵にあいさつをする大きな行事らしい
ブーンとドクオは鎧に着替え寮を出た


( ^ω^) 「新兵のためにワザワザ国王が出てくるのかお...」

ブーンはそう言いながらも、内心緊張していた
国王が出てきた
年齢は70ぐらいといったところか...

/ ,' 3 「新兵のみなさん、はじめまして私は国王のスカルチノフです
     次の大きな戦は、2月ほど後です...くれぐれもけがのないようにお願いします」

国王は悲しげに弱弱しく次の戦のことを話している
すると、黒髪の男が出てきた。

( ・`ー・´) 「俺がザックス=アルレインだ!次の戦に向けて準備しておいてくれ」

そう大将が一声かけると新兵等は大きな歓声を上げた
そして彼は、新兵に背中の刀を見せ帰って行った

演説が終わった
新兵たちは、ぐったりしたり喜んでいたりいろいろな表情をして寮に帰って行った

( ^ω^) 「まさか、国王直々にあえるなんて思ってもみなかったお!!」

('A`) 「そうだな!俺たちがんばろうぜ!!」

そういうやりとりをしている中ドクオがあることに気付いた

('A`) 「!?お前おれたちの武器とちょっと違うくねえか?」

(;^ω^) 「...ばれたかお」

そういうとドクオにアニジャたちのことを話した

('A`) 「なんだ!そういえよ俺は絶対お前のことを咎めないって!!」

( ;ω;) 「ドクオ!!」

('A`) 「俺たちも早く階級上がりたいよな!!」

そしてドクオとブーンは寮に帰った

('A`) 「ああ」

ドクオはそう答えると、外に出た

( ^ω^) 「じゃあ始めるかお...」

ブーンはそういうとドクオにきりかかった
ドクオの武器は槍だ
ブーンはいくら素早くしてもよけられてしまう

ドクオは舞うようにブーンを突く
が..簡単によけられてしまう
ブーンとドクオは同じやりとりを2時間ほどしている
だが、呼吸に乱れはない
どうやら体力づくりをしているらしい

やがて稽古は終わった

(;^ω^) 「ふぅ...疲れたお」

(;'A`) 「そうだな...でも最初のころはかれこれ30分でも息を切らしていたよな」

そう息を切らしながら二人は呟く

そこにある人物が通りかかった

(-_-) 「やってるな...」

(;'A`) 「ヒ、ヒッキー大尉!!!」

ドクオは緊張が隠せない
そしてブーンも...

(;^ω^) 「なんでこんなところに!!?」

(-_-) 「通りかかっただけだ、ちょっと稽古づけてやろう」

ヒッキーは天才だった
2年前に軍に入り初めての戦で大活躍をし軍曹に出世
その後も輝かしい経歴を示している

ブーンたちはまさかヒッキーと稽古するとは思ってもみなかっただろう

(;^ω^) 「いいんですかお!?」

(-_-) 「ああ、二人とも同時に来い!!」

その台詞が皮切りにブーンたちはヒッキーにきりかかった

(;^ω^) 「はぁぁぁ!!」

ブーンは容赦なくヒッキーの体に剣を振る
そしてドクオは足元を狙う

(-_-) 「...」

(;^ω^) (!?斬れたはずなのに!!)

ブーンには感触があった
確かに肉を切った感触が

(;'A`) 「くっ!!」

その感触はドクオにもあったはずだ

それでもブーンはヒッキーにきりかかる
足、手、胴体
が.さっきと同じように感触はあるが切れない

(;^ω^) 「どうして!?」

(-_-) 「それじゃあ行くぞ!!」

ヒッキーは肩にかかっている剣を取るでもなく、ブーンたちに向かっていった
そしてドクオがヒッキーに近づいた瞬間

(;^ω^) 「武器が!!」

(-_-) 「おしまい...だ!!」

ヒッキーがそういうと
ブーンとドクオは糸が切れたように倒れた

前へ  戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。