川 ゚ -゚)从;゚∀从地上の楽園を築くようですミ,,゚Д゚彡 第一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

                     ,.  "´ ̄ ̄ `丶、
                   /         . .: ;`丶、
                  /           . . :. :;: ;:;: \
                   /       _ ___ _. :   .: .:;`丶、
                 {    ,. '"´         ̄``ヽ.:;:;;;.:.:}
                  \ / , . .-‐. : ´ ̄ ̄  ̄`フミミミヽ.:.:ノ
                   /. : .: .:. :. :. :. :. :.,.  イミハミミミ/ Y´    このブーン系小説はシム系ゲームトロピコ3元にした
                   〈:_:_.:_.:,.. .:.ィ 七:.:.::::::::::.:}'´ ̄ミミハi    二次創作です。以上を踏まえてくださいましプレジデンテ。
                     {ぃ.:.:.:.:.:ノ⌒ヽ.:.::_:_:ノ   jiii!し'{     
                    `ト--' ( _,,,,.≧ミヽ  .; ,jiiii州{
                       ト、  ,.ィ彡ミミミミミヽ ,.jiiii!!ツ'
                       j州y'jjj!にェェシ'´`ヾjjjiiiii州{:、
                     ,'jiiiiijjiji ,,ィィィ;.,,, ,,ノjjjiiiiii州{ ト、
                     {;;;jk;jjkiijiijlljillijli;lllj:;ji:;ij:;ij:;ツV .:;ヽ、 __ __
                 ,. ィ´ ノ ト、j;:j;:j;l;lilililiililililililililililiiツ'.:./  . ;L      `ヽ、
                / ィ'´ ̄. :.| ヾjjijijijijlllililiililiiliッツ'.: .:/   . ;| .:. ̄ ̄ ``ヽ 入
              / /  . . :|   ヾji州州ッィ´  ,. イ  .:  .:|  :. :   .:. :./  .:'.
             ノ ,′  .  :.ノ/\ `Y´ ,. '´/  _」__: .:..;|      .:;:./ .:,.ィノ}
            /  | 「jj7       \ レ'´ / '"´    ̄``    .: ;:./ .:// ィ L_
      , ---- 、/ ニヽj ,エ、  「|7      レ'´           . :. : :;: ;:/ .://イレ'´ ̄ユ、
   ,.  ´ ̄ ̄\ \`ソ (  ) ,エ、      jc     「三三五五五三フ´ ̄ ``ヽく ニ二`ヽ
  /          ト、  Vj ;    *1      ,′     .L三三二二ニ,r'´      ヽ\.:. ̄`ヽ
  / /  /  ハ  |   ノ.:「 ̄`TT´ ̄ |   ,′    .:「ニニニニニニニ /     }    \\ ̄`ヽ}:、
  l ,′/.:i  i.::::し' >く.:.:.;  ̄``¨¨´ ̄|   jc     .:.:|i      /   /l   l   .j!  ト、 \\ ヽ\
  l l  |.: |  |.: .:./   ).:.i       ,′: !   .: . . LL__ _  /   /.:.l   l  /:l  ノ.:} ,ハ .:\ \〉

1949年
大戦の傷痕は徐々に癒え、人々は大戦の復興に勤しんでいた。
しかしそんな中、連合国の二大大国、米ソの対立が徐々に活発化してく……
中華人民共和国成立
ドイツ民主共和国成立
第一次インドシナ戦争
ソ連初の核実験成功
両社のにらみ合いに拍車をかける出来事が多発しソヴィエト連邦を主とする共産圏は着々とその勢力を伸ばしていく、
それは確実に欧州および他の資本主義国の脅威となっていく。

そして1950年

冷戦始まって以来初の代理戦争、朝鮮戦争を皮切りに

アメリカ大陸近海、カリブ海の小さな島トロピコ島にてこの物語は始まる。

............... ..ヽ . ;: . / .⌒ _,,..__ ヽ  ) ;. :ノ......... .........
::::::::::::::::::::::::::ゞ (.   (::.! l,;::) .ノ ノ ./::::::::::::::.......:::::         ._ゝ,,. .-ー;''""~ ';;; - .._´,        ._-" ,.-:''ー''l"~:
'''ーヾ  ヾ
      ::( ( .     |:  !     )  )
        ヾ、 ⌒~'"|   |'⌒~'"´ ノ
          ""'''ー-┤. :|--~''""
              :|   |
              j   i
            ノ ,. , 、:, i,-、 ,..、
      _,,  ,. -/:ヽ::::::::ノ::::Λ::::ヽ::::-- 、ト、
,,/^ヽ,-''"::::\::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ:::::::::ヽ,_Λ
         『川 ゚ -゚)从;゚∀从地上の楽園を築くようですミ,,゚Д゚彡』
~トロピコの歴史~

1900年代

とある大企業の実業家だったモララーはカリブの辺境の島であるトロピコ島を買い取り自分の所有権とし国として独立した。

名はニューソク国とした。

国としては余り豊かとはいえる資源量ではなかったが、サトウキビ、トウモロコシ、パイナップル、タバコ等

農作物に適した場所なため、すぐさま各国へ輸出していく、

当初は元実業家としての腕を振るいニューソク国の経済は徐々にではあるが発展していく。

しかし事態は急変した1924年初代首相アルフレッド・モララーが急死する。

急遽息子のアルド・モララーに政権は委ねれた…

トロピコ国民は臨時政権だと思い込んでいた。

地獄は始まった。

彼の私欲にかられた政策は人々を地獄のどん底へと突き落としていった。

トロピコは今渇きっていた。

田畑は荒れ、人々は餓え、住む所もなく、ただ路上で餓死していくのを待つばかりであった

アメリカからの経済援助も立たれトロピコは絶望の一途をたどっていたのである。

しかし今トロピコで小さな革命が起きようとしていたのだ。

\________________________/
         o
           。
             。

         川 ゚ -゚) 「と、いう夢を見たんだけど…」
从ⅱ∀从ミ,,゚Д゚彡/ ,' 3★「エェエエエエエエ!?」
          『川 ゚ -゚)从;゚∀从地上の楽園を築くようですミ,,゚Д゚彡』
            ~第一話 ニューソク国建国にゃんにゃん~
川 ゚ 0゚)「トロピコってそんなゲームじゃないから!」

从;゚∀从「勝手に設定作っといて身もふたもないなこれ」

ミ,,゚Д゚彡「国を経営していくシム系のゲームだからな。戦闘を求めちゃいかんよ」

从;゚∀从「確実に戦争物だと勘違いしてる読者いるだろ…」

ミ,,゚Д゚彡「ゲーム開始はプレイヤーが政権を何らかの形で取得してからのスタートだからな。革命中の描写なんてOPだけだし…」

从;゚∀从「じゃあなんであんな設定作ったの?」

川 ゚ -゚)「とりあえず革命が終わってアタシの親父を政権から引きずりおろした所から始めましょう」

ミ,,゚Д゚彡「おう!とっととおっぱじめようぜぇ」

从; ∀从「聞いちゃいねぇや…」

川 ゚ -゚)「じゃあ次のスレで適当にテロップ流した後に本編ね」

从;゚∀从「それでいいのかよ…これ」

1950年

何とか革命を果たしニューソクの主権を手に入れたモナーとその仲間たち,かしながら
今までの経済破綻と内戦により島の生産の基礎となる工場、農場、伐採所は破壊され
その機能を失った。輸出の基盤を失ったニューソクに国としての価値はなくなくなりつつあり
もはや破局の一途をたどっていた。


川 ゚ -゚)「簡単に言えば国営がやばいのよ」

从;゚∀从「開始直後にテロップ不要宣言かよ…」

ミ,,゚Д゚彡「なにわともあれ政権奪取したわけだが。」

川 ゚ -゚)「うーんそういえば革命起こした後の事考えてなかったわねぇ」

从;゚∀从「どっかの政党じゃあねぇんだぞ!しっかりしてくれよ!」

その時であった。革命軍兵士が険しい表情で宮殿内の首相室に飛び込んできた。

兵士「大変です!」

川 ゚ -゚)「どったの?」

兵士「モナトロ議長が亡くなられました!」

从ⅱ∀从ミ,,゚Д゚彡/ ,' 3★「ぇえええええええええ!!」

川 ゚ -゚)「あんた等さっきから叫んでばっかりね」

从;゚∀从「おいおい!開始一話で主要人物一人死んだぞ!」

ミ,,゚Д゚彡「てかなんで死んだの?」

「それが宮殿の衛兵とオートマチック拳銃でロシアンルーレットをしていまして…」

彡 ´∀`ミ『12発弾倉に1ッ発入れたモナ!これで確率は十二分の一モナよ!』

兵士「流石同志モナトロ閣下グッドなアイディアです」

ズドン! 

              モギャッ!

从;゚∀从「え?あの人そんなにアホだったけ!?てかお前らも止めろよ!」

ミ,,゚Д゚彡「モナトロ議長…素晴らしい死にざまです…」

川 ゚ -゚)「見事な死に様ねこれはダーウィン賞受賞物よ」

从;゚∀从「お前らさっきから冷静すぎやしないか?」

从;゚∀从「おい!どうすんだよ!国民にどう説明するんだ!?国民が望んだ革命なんだぞ!?
      その指導者が死んでいったいこの先どうすればいいんだ!?」

ミ,,゚Д゚彡「誰かがモナトロ議長の後を次ぐしかないな…」

川 ゚ -゚)「じゃあアタシがなるわ」

从#゚∀从「ふざけてる場合か!前政権の御曹司が今更出てきて国民が納得するか!」

川 ゚ -゚)「アタシはマジよ。なぁにちょいとそれっぽいこと言えば国民も納得するよ。アイツら貧乏人で不潔でバカだから」

从#゚∀从「今のが一指導者の出る言葉かぁああ!!」

宮殿前のベランダ、演説台
集められた国民は皆、期待を胸に膨らませていた。
前政権の地獄から解放され、国民のために立ち上がったモナトロ議長がこれからトロピコをどう動かすか、
この演説によって明らかになるからだ。

ざわざわ… 
        ざわざわ…
川 ゚ -゚)「あーあ…マイクテス…マイクテス…」

从;゚∀从「大丈夫かよ…」

ミ,,゚Д゚彡「今はやつを信じろ、俺たちにできることはそれしかない…」

从;゚∀从「 信じるって言ったって…」

川 ゚ -゚)「聞け!愚民ども!
     私はニューソク国新指導者
     クール・フォン・ローエングラム・ウィーリー皇太子殿下二号Mk-2ミッターマイヤー
     である」

Σ从; ∀从「おい!しょっぱなからなんなこと言ってるぞ!!

会場はざわめきたった。それもその筈である。
演説台に立つはずのモナトロ議長ではなく革命にただ居るだけでしかなかった。モララーの娘
クールがマイクの前に立っているからだ。

川 ゚ -゚)「「君たちに重大なお知らせがある。私たちの指導者モナトロ議長が亡くなられた」

会場が一層どよめきたつ。各国の記者たちが一斉にカメラのフラッシュをたいた。

川 ゚ -゚)「急な出来事で正直我々も動揺を隠せない…しかし死因ははっきりしている」

川 ゚ -゚)「彼は45口径の拳銃で頭を撃ち抜かれていた」

川 ゚ -゚)「手元には拳銃を持っていたが…我々の親愛なるモナトロ議長が自決などあり得ない!」

从;゚∀从「その根拠はどこから出てくるんだ?まぁ自決ではないけどさぁ…」

ミ,,゚Д゚彡「本当のことを言っても国民は納得するわけないだろ…オートマチック拳銃でロシアンルーレットしてたなんて…」

从;゚∀从「そりゃあそうだけどよぉ…」

川 ゚ -゚)「「私は推測するこれは憎むべき米帝の仕業に違いない!」

Σ从; ∀从「!?」

川 ゚ -゚)「南北戦争終結後私の祖父はどさくさに紛れてこの島を自分の資産をなげうって
     自分の国とした。」

川 ゚ -゚)「米帝はそれが許せなかったのだ!」

川 ゚ -゚)「自分の国を金で買う行為は実に資本的な行為ではないか!?」

川 ゚ -゚)「資本主義のリーダである米帝がなぜその行為に懸念を持つのか!?」

从;゚∀从「いや個人の資産で国買うのは違法だろ…」

川 ゚ -゚)「米帝はこの島を奪われるのが疎ましかったのだ!」

川 ;-;)「その腹いせにモナトロ議長を…議長を…」

从;゚∀从「これ以上収取がつかなくなるぞ!誰か止めろ!」

川 ゚ 0゚)「「私は!絶対にこの卑劣な行為をした悪の枢軸アメリカ合衆国を許さない!」

川 ゚ -゚)「ここに各国に記者たちむろんアメリカから来た記者もいるだろう…

川 ゚ -゚)「彼らにも十分に聞いてほしい私は今アメリカ合衆国に宣戦をふk…」

从# ∀从「だぁああああああっしゃぁあああ!!!」

川 ゙ -゙)「おうふ」

从# ∀从「お前なにやっとんじゃぁぼけぇえ!!」

川 ゚ -^)「いや、その場のノリでつい☆」

ミ,,゚Д゚彡「いい演説だったぜクール議長…」

川 ゚ -゚)「有難うフサギコ将軍…///」

从# ∀从「てめぇも煽てんなよ!」

その時だった。一斉に会場から歓声が上がった。

Σ从; ∀从「嘘!?」

あるものはニューソク国歌を歌い、あるものはトロピコの旗を翻した。

クール議長万歳!ニューソク国万歳!トロピコ万歳!

川 ゚ -゚)「まさか私に演説の才能があったとは…」

从; ∀从「いや今更アンタが自分でそんな事言うなよ」

しかしこれがトロピコ等の運命を左右する事とは誰も知らなかった…

从; ∀从「いや分かるだろ!これだけの事したんだから!外交問題に響くだろ!ヤバいって!」

川 ゚ -゚)「この人さっきからうるさい…」

川 ゚ -゚)「とりあえず茶番は終わったんだけど…これからどうすんの?」

从; ∀从「マジで続けんのかこれ?」

川 ゚ -゚)「当たり前よ!」

ミ,,゚Д゚彡「とりあえず今の現状報告をしておく、わが国の現在の人口は30人だ」

川;゚ -゚)「三十人って…それで国家って言えるの?村よ村」

ミ,,゚Д゚彡「まぁゲームなんてそんなもんだろ…実際村規模の独立国なんてそう珍しくないぜ?」

从;゚∀从「バチカンとかな」

ミ,,゚Д゚彡「それもそうだがイギリス南東岸から10km沖合いに浮かぶ世界最小の独立国家(自称)
      シーランド公国の人口は4人だそうだ」

从;゚∀从「よ、4人かよ…」

川 ゚ -゚)「あらまぁ」

ミ,,゚Д゚彡「小さな島と想像した奴もいるだろうが人工的に作った建造物だ
      国とは名ばかりで今は廃墟と化してるらしい…」

ミ,,゚Д゚彡「それでもちゃんと国の通貨があるから笑えるよなぁ」

川 ゚ -゚)「ちょっとした国家経営ごっこね」

ミ,,゚Д゚彡「まぁ似たようなもんだろ」

ミ,,゚Д゚彡「話はそれちまったが今わが国が所有する建造物は宮殿が1件それを中心に農場が2件
      建造物を建設するのに必要な建設事務所が1件、農場や工場で生産した物資を港まで
      運ぶのに必要な運送会社が1件あと住居が8件とまぁこんな感じだ。あと輸出するための船がある港がある」

从;゚∀从「国を経営するのに最低限のものだな」

ミ,,゚Д゚彡「ちなみに港と宮殿を中心とするそれらの建物とからは道路が断絶されている」

∑从;゚∀从「なに!?じゃあ輸送ができねぇじゃねぇか」

川 ゚ -゚)「道路を港につなげればいいんでしょ?簡単よ」

ミ,,゚Д゚彡「その通りだがまず最初にガレージを作ってくれ」

川 ゚ -゚)「ガレージ?」

ミ,,゚Д゚彡「今作から国民は車を使う、これによって輸送や国民が職場に行く為にかかる時間を飛躍的に短くする」

从 ゚∀从「その車を収容するためにガレージが必要なんだな」

川 ゚ -゚)「ところでその車ってどこから買ってるんだろ…」

ミ,,゚Д゚彡「さぁまぁゲームだから細かいことは気にしちゃいけないのはお約束だが」

川 ゚ -゚)「もしかして他国から盗んできた車を無料で配布したんじゃない?」

从;゚∀从「どこぞの共産国じゃないんだからさ…」

ミ,,゚Д゚彡「道路はすぐに製作できるが建造物は建設事務所で働いてる国民が働いて建設完了になるまで使えないぞ」

从 ゚∀从「その間に国民の職業について学ぶか」

从 ゚∀从「アタシ達の国は現在30人の国民がいる。それぞれ職業を持ている。むろん働いた給料でそれぞれ暮らしている」

川 ゚ -゚)「金を稼ぐには働くしかないわね。その点では資本主義も共産主義も関係ないわ」

从 ゚∀从「その点では他と変わりないんだが特徴あげればどの職場も民営ではなく国営だってことだ」

ミ,,゚Д゚彡「共産よりなんだなぁ」

从;゚∀从「この島のモデルがキューバだからな」


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。