( ^ω^)とある科学の加速装置のようです 第三話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キラキラと朝日がまぶしい。
本日もお日柄よろしいようで。
だけど僕にはそんな素敵天候を楽しむ余裕なんてのは存在しない。

(;^ω^)「遅刻だぉぉぉぉぉ!!」

学生街を駆け抜ける、ちょいポチャな少年こと僕、内藤ホライゾンは大変焦っていた。

(;^ω^)「よりによって一時間目が体育の日に寝坊とはやっちまったお…」

僕が通う(中高一貫の)中等部の体育の教師、フサギコ先生はとても怖いことで有名である。

(;^ω^)「このままダッシュでギリギリってとこかお…」

そう口にしながら、僕は曲がり角を曲がった。
瞬間…

―――ドンっ―――

「ぁっ……」
(;^ω^)「ふぉ!?」

左肩が何かにぶつかったかと思うと、僕の体はバランスを崩し…

(;^ω^)「いてて…」

倒れてしまった。

「…」
(;^ω^)「す、すみまs」

慌てて顔をあげる。
目の前には夢の楽園が広がっていた。

(* ^ω^)「おぉ…水色のしましま…?」
(;^ω^)「じゃなくて!だ、大丈夫ですかお?」

目の前に広がる夢の光景から目をそらしながら、僕は立ち上がった。
いいもの見れたとか思ってないんだからね!(///

「大丈夫です、とみさかはお尻が痛むのを堪えながら答えます。」

( ^ω^)「急いでたもので…本当ごめんなさいお。」

謝りながら、僕は女の子を起こしてやる。
最近の女の子の流行りはゴーグルなのだろうか?
僕には到底理解できない。

「いえ、みさかの不注意でもありますから、とみさかは自身の不注意を省みます。」

( ^ω^)(常盤台の制服…?この子も遅刻組かお?)

「では、みさかはスケジュールがありますので、とみさかはこの場を立ち去ろうと歩き出します。」

女の子はぺこりと頭を下げると、鞄を拾い上げ、僕が来た道へと歩いていってしまった。

( ^ω^)「常盤台のお嬢様も遅刻とかするもんなんだおねー…」

女の子の後ろ姿を目で追いながら、先ほどの夢の光景を思い出す。
しまぱんってさいこー!!
思わず鼻の下がのびる。

(;^ω^)「って!確実遅刻だぉぉぉぉー!!」

学園都市に雄叫びが響いた。

―――――
――――
―――


('A`)「んで、今朝は遅刻したわけか…なるほどな。」

( ^ω^)「おーん。スクワット50回からのランニング20周とかフサ先生ひでぇぉ…」

('A`)「つかなんで能力使わなかったんだよバカだろ…」

( ^ω^)「能力……だ、と?」

ドクオに言われて僕はハッとする。
加速の能力を使用していたら余裕で間に合ったはずだ。

( ^ω^)「自分がレベル1になったことすっかり忘れてたお。」

('A`)「バカすぎわろた」

こんな感じでドクオと昼休みに談笑していると、1人の女の子が話しかけてきた。

(*゚ー゚)「ないとーくん、レベル1なったんやてぇ?うちも早くレベル0脱出したいわぁ…」

( ^ω^)「お!猫野さん。」

亜麻色の髪にショートカットがよく似合う童顔なクラスメート、こと猫野しぃさんである。

(*゚ー゚)「ないとー君がレベル0脱出したってことは、居残り4人組が3人になっちゃうんやねぇ…寂しいわぁ。」

( ^ω^)「お…そういや僕は今日から居残りはなくなるんだったお。」

シィー、ショクドーイクヨー

教室のドアから女子が猫野さんを呼ぶ。

(*゚ー゚)「あ、ほなうち行くね。」
(*^ー^)「ないとー君に、おめでとうって言いたかっただけなんよ。」

そう言ってにっこり笑うとしぃさんは女子グループの方へと走っていった。

猫野さん達が教室から出て行くと、ドクオが口を開いた。

('A`)「猫野姉も大変だよな…」

( ^ω^)「お?なにがだお?」

('A`)「妹は高等部含めたこの学校一の能力者とうたわれ、学園都市で一番レベル5に近いと言われるレベル4…」
('A`)「一方で姉は何の能力も持たないレベル0…あいつは何も言わねぇし、態度にも出さねぇけどすごい重圧だろうな…」

( ^ω^)「お…」

ここで僕は思い出す。
猫野さんの妹、猫野つぅのことを。
噂では“重力”を操る能力らしい。

('A`)「姉と妹で比較されて、あいつもつれぇだろうな…」

(,, ゚Д゚)「心配すんな、あいつはそんな弱くねぇから。」

('A`)「そーか…ならいいんだけどな。」
(;゚A゚)「ってナチュラルに会話に入ってくんなよ!!」

(,, ^Д^)「ギコハハハ!いいじゃねぇか!一緒に飯食おうぜ。」

僕らの会話に突然乱入してきた、がたいのいいイケメンは、多義幸也、呼びにくいから間をとってギコと呼ばれている。
ちなみにこいつも居残り組であり、猫野さんの恋人でもある。
付け加えると、体育のフサ先生の甥っ子でもあるらしい。

( ^ω^)「ギコが言うならきっと心配ないお!」

('A`)「ま、そうだわな。」

(,, ゚Д゚)「あれ?今日は津出はこっちで食べないのか?」

( ^ω^)「ツンなら今日は風紀委員の皆で昼ご飯食べるってメールきてたお!」

('A`)「けっ…」

(,, ^Д^)「男の嫉妬は醜いぞドクオww」

( ^ω^)「そうだお!ドクオも誰か好きな人作れおwww」

('A`)「クダラネー」

こんな感じで毎日僕らは毎日昼休みを楽しくすごしている。
いつもはここにツンがいて、たまにツンの友達や猫野さんが加わるのだ。
今日は三人で適当に談笑しながら昼食を楽しんでいたら、チャイムが昼休みの終わりを告げた。
楽しい時間というのは早く感じるというのは、全くその通りである。

――――――
――――
――


从'ー'从「~なので、“自分だけの現実”が~」

( ―ω―)zzz
('A`)カキカキ
(,, ゚Д゚)ピコピコピコピコ

午後の授業。
本日もいつもとかわりなく、僕は昼寝、ギコはゲーム、ドクオは真面目にノートをとるという授業風景が広がる。

从'、'从「むぅ…内藤君と多義君は授業聞く気あるのかなぁ~?」

今日も今日とて、渡辺先生が教卓で腕組みをしている。
これも普段とかわらない。

从'、'从「先生だってねぇ~怒るときは怒るよぉ?」プンスカ
从'、'从「聞いてるのかなぁ?」

( ^ω^)(,, ゚Д゚)「反省してまぁぁす。」

从;'ー'从「ふぇぇ…生徒達がDQNになっちゃったよぅ~」

このやりとりだっていつも通りで…
この後に、“いつも通り”僕とギコが特別課題を与えられる、はずだった。

だけど…


(* ー )「ぅぁ……」

―――ガタッ―――

(,, ゚Д゚)「!?」
(,, ゚Д゚)「おい!しぃ!?」

突然、本当に突然に猫野さんが倒れたことにより、僕達は“いつも通り”から遠ざかることになるのであった。

【医務室】

(*-ー-)スー…

猫野さんは医務室のベッドの上で、スヤスヤと気持ちよさそうに眠りについていた。

川゚ー゚)「とりあえず、目を覚ますまでは猫野は医務室でやすんでもらうとしよう。目を覚ましたら私が病院へ連れてくよ。」

(,, ゚Д゚)「先生、しぃは大丈夫なんすか!?」

黒髪ロングストレートがよく似合う、学校医の素直先生が猫野さんのベッドにカーテンの仕切りを引いて戻ってくるなり、ギコは口を開く。

川゚ー゚)「ん。たぶん軽い夏バテからくる貧血だろうな。念のため病院に連れて行くが…多義は心配性なんだな?」

('A`)「こいつ、猫野のことになると必死だからなぁ…」

(, ;゚Д゚)「なっ!んなことねーよ!!」

川゚ー゚)「青春だな。先生も混ざりたいくらいだよ、全く…」

素直先生はフッと笑う。

川゚ー゚)「だけどここは医務室だ。声を荒げるのはよくないな。猫野が心配ならなおさら、だ。」

(,, ゚Д゚)「すみませんした…」

( ^ω^)「てかもうすぐ次の授業始まるし戻るお?」

('A`)「だな。ギコ、行くぞ?」

僕らが医務室の時計を見上げると、次の授業まで後2分をきったところであった。

川゚ー゚)「あぁ、猫野のことは私に任せて授業に戻りたまえ。」

素直先生にせかされ、僕達は医務室を後にすることとなる。

('A`)「へいへい」
( ^ω^)「失礼しましたおー」
(,, ゚Д゚)「しぃをよろしくお願いします。」

それぞれ素直先生に挨拶をし、保健室をあとにした。



川 ー )「あぁ。安心して私に任せておきたまえ。」

三人が出て行った後の静かな医務室での素直の呟きは、静寂に溶け込んだ。

前へ  戻る

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。