('A`)言葉足らずのようです


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妹を身籠らせた。




僕らの親代わりだった、歳の離れた兄は。

( ・∀・)「そうか」

と、言うと。
渾身の力で僕を一度殴りつけた。

( ・∀・)「出ていけ」

こうなるとは予想していた。
だから。

(メ)A`)「分かったよ」

一言だけ返して。
そのまま家を飛び出した。


('A`)言葉足らずのようです


殴られた頬が熱い。
夜半の風が、痛みを麻痺させる。
吐き捨てた唾には、砕けた歯が混じっていた。

(メ)A`)「寝床の確保が難しいな」

頼る友はほとんど、いない。
いや、頼ってはいけない。
これは自業自得だ。
因果は鉄則にして不文律。
今ここで人に頼れば、僕は最悪の屑にすら劣る。
もう既に手遅れであるやもしれないが。

(メ)A`)「阿呆だな」

知らずに漏れた呟き。

川 ゚ -゚)「ドクオ……か?」

その呟きに反応したのか否か。
数少ない友人に出会う。

(メ)A`)「否定はしない」

川 ゚ -゚)「その物言いはドクオだな」

したり顔でそいつは言った。

(メ)A`)「で、何だ」

川 ゚ -゚)「頬は、どうした」

答えを逡巡。

(メ)A`)「…………」

誤魔化してもしょうがない、か。
(メ)A`)「勘当……いや、義絶されたよ」

川 ゚ -゚)「理由は?」

こいつはこういう奴だ。
人の領域に土足で踏み込む。
だから、僕と気が合った。

(メ)A`)「妹を、身籠らせた」

川 ゚ -゚)「そうか」

無表情で奴は続ける。

川 ゚ -゚)「家に来い」

寝床くらいは、貸してやる。
言外にそう秘めて、奴は身を翻す。

(メ)A`)「……行かねえよ」

川川川)「黙れ」

背を向けたまま。

川川川)「いいから、来い」

奴が力強く言い切る。
何故か、僕は泣いていた。

時が経ち日は過ぎる。
あの夜から、秋を十四つ跨いだ。
場所は変われど、僕は奴と共にいた。

川 ゚ -゚)「今日は?」

('A`)「出ない」

川 ゚ -゚)「非番か」

('A`)「ああ」

以前となんら変わりも無く。
奴との生活が続く。
ただ、あの日になると。
僕らは狂ったように交わった。
それだけだ。

奴の真意は知らない。
だから。
何も言えず、何も言わない。
それでいい。

('A`)「変化はいらない」

口に出した言葉が、随分と安っぽく聞こえた。

目を閉じて思い出すのは。

(* - )『――――』

あの日の妹と。

( ・∀・)『出ていけ』

兄の言葉。

この身を蝕む苦い記憶。
あの日がやってきた。

いつの間にか眠っていた。
確証はない。
けれど、起きていた記憶もない。
戸を叩く音がした。

('A`)「誰だ」

来客の予定は無い。

『私だ。手が塞がっていてな』

奴の声。

('A`)「今、開ける」

('A`)「どこで拾った」

川 ゚ -゚)「家の前だ」

奴の両手には子供がいた。
歳は十二、三程だろうか。
眠っており、正確には分からない。

('A`)「どうするつもりだ」

川 ゚ -゚)「知らん」

どこか楽しそうに奴は言う。
要領を得ない解答に苛立ちが募る。

('A`)「勝手にしろ」

僕は諦めていた。

(#-;; ゚)「ん……うぅ…」

小さな呻き。

川 ゚ -゚)「起きたか」

(#゚;;-゚)「……はい」

消え入りそうな声が僕を苛立たせる。

川 ゚ -゚)「どうして、家の前に?」

奴が尋ねる。
答えは分かっている。

(#゚;;-゚)「……お父さんに……会いに……」

川 ゚ -゚)「お父さん?」

止めろ。
黙れ。

(#゚;;-゚)「お父さん」

子供が僕を指す。

胃酸の香りが部屋を満たした。

川 ゚ -゚)「余計に青白いな」

('A`)「うるさい」

奴のぼkに付き合う余裕はない。

('A`)「外で話す」

川 ゚ -゚)「分かった」

('A`)「すぐに帰る」

川 ゚ -゚)「ああ」

家には奴が残される。


('A`)「なんで来た」

(#゚;;-゚)「お父さんに……会いたかった、から」

('A`)「何故だ」

(#゚;;-゚)「お話……が、ある…の」

気味が悪い。
僕なんかの子供。
最悪だ。

('A`)「……話?」

(#゚;;-゚)「伯父さんが……亡くなったの」

('A`)「兄さんが死んだか」

だから、どうした。
僕には関係の無い事だ。

(#゚;;-゚)「それで……お母さんが…会いたいって」

吐き気が込み上げる。
妹の面影が、子供に重なった。

('A`)「…………っ」

くだらない。

(#゚;;-゚)「お父さん……伯父さんより…乱暴」

今ようやく分かった。
僕は奴に妹を重ねていただけだ。

(#゚;;-゚)「でも……痛くしない…ね」

似ても似つかない二人を重ねて。
妹を抱いたつもりだった。

('A`)「お前の母に、会いに行く」

自分の子供に妹を重ねた。

(#゚;;-゚)「……分かった」

吐き気が止まらない。

(*゚ー゚)「兄さん」

妹は変わっていない。
歳をとっただけだった。

('A`)「帰った」

(*゚ー゚)「今、お茶を出すわ」

('A`)「ああ」

子供は部屋に帰した。
聞かれたくない話、をするそうだ。

('A`)「変わらないな」

何もかもが。

(*゚ー゚)「ええ、そうね」

他人同士よりも希薄な表面だけの会話。

('A`)「話があるんだろ」

(*゚ー゚)「ええ」

静かに妹は言い出す。

(*゚ー゚)「兄さんが出て行ってから、お兄さんはおかしくなったわ」

('A`)「奴は昔からおかしい」

(*゚ー゚)「子供を堕すな、そう言ったの」

狂ってる。

(*゚ー゚)「大丈夫だ。俺が養う、お前も子供もって」

('A`)「吐き気がする」

(*゚ー゚)「けれど、お兄さんは私を乱暴に扱ったわ」

(*゚ー゚)「自分がしたいだけして」

(*゚ー゚)「それから、私を殴るの」

歌うように妹は続けた。

(*゚ー゚)「あの子がお腹にいるのによ?」

(*゚ー゚)「笑っちゃうわ」

頭痛が起こる。
吐き気が加速した。

(*゚ー゚)「あの子もね、お兄さんに乱暴されたの」

('A`)「知ってるさ」

兄さんだけじゃない。
俺もだ。

(*^ー^)「十歳の頃だったかしらね」

妹が笑った。

(*゚ー゚)「まあ、いいわ」

(*^ー^)「兄さん、寝室に行きましょう」

('A`)「ああ」

狂ってる、この家は。
この血筋は。


(*゚ー゚)「お兄さんが死んで以来だわ」

灯油の匂いが充満する寝室で。
下着姿の妹が言った。

('A`)「そうか」

なんの躊躇いもない。
僕は、また。

妹を抱いた。

火の手が上がる。

(*゚ー゚)「兄さん、疲れたかしら」

('A`)「そうでもない」

事を終えた直後。
灼熱に囲まれながら、僕にしなだれかかる妹が言う。

(*゚ー゚)「お兄さんはね、ここで死んだのよ」

(*゚ー゚)「この部屋の、この場所で」

妹の手が僕に伸びた。

(*゚ー゚)「こうして、お兄さんとした後にね」

首を掴む手が冷たい。

(*゚ー゚)「私が殺したの」

('A`)「そうか」

首を絞める力が強くなる。

(*゚ー゚)「ばいばい、兄さん」

('A`)「……ああ」

炎が猛る。
妹の笑い声が遠くに聞こえた。




  • 日付とか名前とか、あれ消されると読みにくい。 -- 名無しさん (2011-03-03 11:44:41)
  • まさに作者のやりたい放題で言葉足らずって皮肉でイイの、コレ?(笑) -- 名無しさん (2011-03-05 05:58:16)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。