o川*゚ー゚)o は猥談師を目指すようです 第一部


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ξ゚⊿゚)ξ「でな、ウチ言ったったねん。」

ξ゚⊿゚)ξ「そっちはアナルや言うてるやろ!そんなとこ入れたらスジ違いやでホンマ」

ξ゚⊿゚)ξ「ってな」

  \ドッwwww/


o川*゚ー゚)o 「すごい……」

o川*゚ー゚)o 「私もあアナルたい!!」


o川*゚ー゚)o は猥談師を目指すようです


o川*;ー;)o グスン

....ξ゚⊿゚)ξそ

ξ゚⊿゚)ξ「何泣いてんねん嬢ちゃん」

o川*;ー;)o 「テストが悪くてお母さんに怒られちゃったの……」

ξ゚⊿゚)ξ「なんやねんそんくらい」

ξ゚⊿゚)ξ「ええか?世の中もっと辛いことや泣きたいことがあるんや!」

o川*;ー;)o 「……例えば?」

ξ゚⊿゚)ξ「エイトフォーのフタが中から抜けへんときとかな!知ってるか?あれめっちゃスースーするんやで!」」

o川*うー;)o 「なんかよくわからない……」

ξ゚⊿゚)ξ「んー?嬢ちゃんにはちょっと難しかったかな?」

ξ゚⊿゚)ξ「ならこんなんどう?」

o川*うー゚)o 「なになに?」

ξ゚⊿゚)ξ「泣きたいときー」

ξ゚⊿゚)ξ「ほら、繰り返して!」

ξ゚⊿゚)ξ「泣きたいときー」

o川;*゚ー゚)o 「な、泣きたいときー」

ξ*゚⊿゚)ξ「どや?」

o川*^ー^)o 「お姉ちゃんのかおがおもしろーい。なんで半目なのー?」

ξ*//⊿//)ξ「って顔か!!これはあ、アクメ顔や!!携帯のバイブがちょうど鳴ってんねん!!」

o川*^ー^)oキャッキャ

ξ゚⊿゚)ξ「ふん、まあええわ。ならついでにウチのステージ見てったらええわ」

o川*゚ー゚)o 「うん!!」

~ そして 冒頭へ ~

o川*゚ー゚)o 「すごい……」

o川*゚ー゚)o 「私もあアナルたい!!」



三三o川*゚ー゚)o 「おかーさーん!私将来なりたいものがあるの!!」

川 ゚ -゚)「なんだ、テストで二桁取れる人間か?」

o川*゚ー゚)o 「猥談師!!」

川;゚ -゚)「WAIDANSHI!!」

川 ゚ -゚)「ってなんだそれは?」

o川*゚ー゚)o 「おもしろいの!!」

川 ゚ -゚)「おもしろいのか!?」

o川*゚ー゚)o 「うん!すっごいの!色んなとこに色んなものが入るの!!」

川 ゚ -゚)「ずいぶん便利なやつだな!!」

o川*゚ー゚)o 「なっていーい!?」

川 ゚ -゚)「むぅ……(さっき怒りすぎてしまったし、子供のやる気を無下にそぐことはないか?)」

川 ゚ -゚)「いいだろう、やってみなさい」

o川*^ー^)o 「わーい!!」


|A`) 「だめだ!俺がゆるさん!!」
⊂ノ

 ヽ('A`)ノ 「お隣の鬱田の息子(32歳無職童貞)です!!!」
   (  )
  ノω|







 __[警]
  (  ) ('A`) 
  (  )Vノ )
   | |  | | 

川 ゚ -゚)「キュート偉いな。あんな大人にならないように、しっかり夢を持つのはいいことだ」

o川*゚ー゚)o 「よくわかんないけどわかった!!気がする!!」

o川*゚ー゚)o 「早速お師匠に弟子入りしてくるから!」

川 ゚ -゚)「ほう!もうそこまで計画を立てているとは……」

川 ゚ -゚)「わが娘ならが将来が恐いぞ、キュート!私にも紹介してくれ!」














ξ゚⊿゚)ξ「まさにぶっカケ、抜ける性春!!!」

  \ドっwwwww/


川 - )

川;゚ -゚)「なななんあなななななああななあ……」

o川*゚ー゚)o 「ね?おもしろいでしょー?」

o川*゚ー゚)o 「私もあーなりたーい!!」

川;゚ -゚)「な ん た る ち あ !?」

川;゚ -゚)「おお、お前あれが何かわかっているのか!?」

o川*゚ー゚)o 「んー?わいだーん!」

川;゚ -゚) (理解している……、だと?)

川 ゚ -゚)「ならば仕方ない。子供の自主性を重んじてジェネレーションギャップを受け入れるほか無いのか……」

o川*゚ー゚)o 「いーでしょー?」

川 ゚ -゚)「わかった、許可する!お前は今日から猥談師だ!!」




   猥 談 師 素 直 キ ュ ー ト だ !!!




o川*゚ー゚)o ベベベンベン、第一部おしまいです。




ウンコ出し次第続き。

戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。