( ・∀・)無くせない鏡のようです


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昨日の夜、鏡を拾った

一見、何の変哲もない普通の鏡

けれど、この鏡は

ただの鏡じゃなかったんだ

( ・∀・) なんだろうね、これ

何となく、拾った鏡を覗き込んだ

( ・∀・) 鏡、だよなあ

ただの鏡、どうみても普通の鏡だ

( ・∀・) なんでこんなの拾っちゃったんだが

( ・∀・) まあ、いいや

( ・∀・) 燃えないゴミは火曜日だっけ

( ・∀・) 明日か

朝、捨てておくか

その日はそれっきりだった
鏡の事なんて、すっかり忘れて
一日が終わった

( -∀-) ……朝か

( -∀-) ……鏡、捨てとかないと

鏡を手にとって、家を出た
ごみ捨て場にはまだごみが残っている

( ・∀・) うっし、セーフ

ほい、と投げ出して任務完了

( ・∀・) 寝直すかねえ

その前に、コンビニに行こうか

( ・∀・) はーん

激しくだるい

( ・∀・) おー……見事に何にもねえ

変な時間帯に来たらしい
コンビニには、見事に何もなかった

( ・∀・) ふーん、普段来ないからなあ

( ・∀・) ん、でもなあ

飲み物くらい買わないと、悔しいな
負けた気がする

( ・∀・) 水でいいか

100円少々のちんけな買い物

( ・∀・) ちっ、くそまずい

最悪だ

ついでにぶらぶらと、歩いてみようか

( ・∀・) どうせ暇だしな

しけったタバコをくわえた
火を付けにくい

( ・∀・) あー、くそっ

いらいらする

( ・∀・) あ、付いた

まずい
わさびみたいな味がする

( ・∀・) マイセンやめるか

なんとなく、つぶやく

( ・∀・) んー……

何もしたくないな

( -∀-) あー……

目を閉じた
横断歩道のど真ん中

クラクションが聞こえる

知らない

( -∀-) ……ん

どうでもいい

腕を握られた
誰だ……?
そのまま引かれる

( ・∀・) あ……?

目を開けたら、無表情な女がいた

川 ゚ -゚) 君は、何を考えているんだ

( ・∀・) 何が?

川 ゚ -゚) なんで、車道で立ち止まってるのか、って言わないと分からない?

( ・∀・) あー

朴訥とした女だ

( ・∀・) なんでも、いいじゃん

川 ゚ -゚) よくない

( ・∀・) なんで?

川 ゚ -゚) 邪魔

( ・∀・) あ、そう

川 ゚ -゚) 死にたいなら、一人でしになよ

( ・∀・) 死にたくはないなあ

川 ゚ -゚) 馬鹿じゃない?

馬鹿じゃない
そうは言い返せなかった

馬鹿、うん、馬鹿

( -∀-) そうなんだよなあ……

( -∀-) あー……

川 ゚ -゚) 君は人の話を聞いてる?

( -∀-) ……ん

川 ゚ -゚) 聞いてないみたいだね

川 ゚ -゚) いや、聞く気がないのかな

川 ゚ -゚) 私は、もう知らないよ

足音が遠ざかる


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。