( ^ω^)は巨大な陰謀をぶち壊すようです 第一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

此処はとある大国、VIP。
不景気でも無く、戦争も無い「平和な世界」だった。
しかし、ある巨大な陰謀によって、「平和な世界」は終わる。
これは、その巨大な陰謀に抗い、立ち向かった少年達の記録・・・。

( ^ω^)は巨大な陰謀をぶち壊すようです

( ^ω^)「・・・・毎日つまらないお」
彼はブーン、学校にはちゃんと行っている、友達もいる。
だが親はいなかった。親戚にも彼を引き取る者はいなかった。

( ^ω^)「なにか・・・・刺激が欲しいお」

ブーンはそう言ってテレビの方に目を向けた。
そこに映っているのは、この世のモノとは思えない怪物が街を破壊している

(;^ω^)「な・・・これは・・・なんだお!?」

(;-@∀@)「近隣にお住みの方々は、至急、非難!・・・うわぁああぁああ!!」
怪物が、襲い掛かっていた。

ザー・・・・・。

(;^ω^)マズイ事に・・・なってるお。」
長い戦いが、始まった。

VIPでは、家族1人につき1つずつ、銃を所持することが認められていた。
だがこの制度によって銃殺される人々が増えたのも事実である。

(;^ω^)「でも今は・・・・・好都合だお!」

窓から周りに怪物がいないかを確認する。
安全である事を確認すると、銃を手に取りブーンは家を出た。

(;^ω^)(とりあえず慎重にに学校へ行ってみるかお。)

学校へ着く、だが人の気配が無い。
(;^ω^)「皆・・・・大丈夫かお?」

ブーンは教室に向かった。
しかし、此処にもクラスメイトどころか教員すらいない。

(;^ω^)「うーん・・・やっぱり皆自分の家かお?」
 その時だった。

(・∀ ・)「うがぁあああぁあ!!」

:(;゙゚'ω゚'):「うおっ!!」

間一髪避けた、コイツは・・・・
(;^ω^)「またんき・・・・どうしちゃったんだお?」

明らかに、様子が違った。

またんきは攻撃の手を緩めようとはしない。

(・∀ ・)「うがぁあああぁあ!!」

(;^ω^)「おっ!」
攻撃を避ける事自体は容易だった、だが

(;^ω^)(コイツは・・・もうまたんきじゃないんだお・・・なのに・・・)

何で引き金が・・・引けないんだお・・・?

ブーンの心の中にはまだ僅かな躊躇いがあった。

(;^ω^)(僕は・・・クラスメイトを・・・撃てないお・・・)

「躊躇うな!引き金を引け!!」

(;^ω^)「おっ!?誰だお!?」

(#・∀・)「早く撃て!!」

現れたのは、クラスメイトのモララーだった。

(#・∀・)「早く撃てって言ってんだろ!!」

(;^ω^)「で、でもっ!!」
キュン!!

(・∀ ・)「が・・・・っ」
バタッ

(#・∀・)「ったく、お前はどこまでアマちゃんなんだよ・・・。」

(;^ω^)「あ、有り難うだお!」
( ・∀・)「まぁいいか。で、お前も学校に転がり込んで来たのか。」

(;^ω^)「そうだお。でも、誰もいなかったお」
( ・∀・)「当たり前だ、おかしくなってる奴は、全員撃ち殺したからな。」

彼の決断力の速さには、いつも驚かされる。

( ・∀・)「ところでお前・・・テレビ見たか?」

(;^ω^)「とりあえず見たお、街が怪物に・・・」

( ・∀・)「そこじゃねぇ。もう分かってると思うが、街はバイオハザード状態だ。」

( ^ω^)「確かにそうだお。だとしたらウイルス的な物もあるのかお?」
( ・∀・)「あぁ、ある。場所も分かるには分かる。」

(;^ω^)「あ、モララーさん今私ふざけて言いましたゴメンナサイ。」
(;・∀・)「お前がふざけてようが俺は大真面目なんだよ。まぁとりあえずラジオ聞け。」

《この事件にはバイオハザード研究所が関与していると見て捜査を・・・》

(;^ω^)「まんまじゃねぇかおww」
(;・∀・)「あぁ、まんまだなwそこでだ。」

「俺とお前で、この研究所に乗り込みに行くんだ」

(;^ω^)「えwちょっとモララーさん何言ってんすかww」
ゴッ!!
(#)ω^)「で、なんで鈍器まで持ってるんですか。」

( ・∀・)「だが、2人だけでは正直無理だ!という訳で、仲間を集めます。」

( ^ω^)「ツンとか頼りになりそうだお!素手でいけそうだお!」

(;・∀・)「まぁツンはある意味必須だな。まぁ最後に言うとするならば。」

「急所は頭、それと、躊躇うな、だ。」



(;^ω^)「もう何匹殺したお?」
(;・∀・)「10は殺ったな。10は。」

<ヽ ∀ >《ウリの計画を邪魔するなら・・・許さないニダ》
(,, Д )《てめぇだけの計画じゃねぇだろゴルァ!》

(;^ω^)「あぁ・・・お腹空いたお・・・」
(;・∀・)「あぁ・・・実は俺もだ・・・この際だから・・・盗るか。」

(;^ω^)「ちょ!それはダメだお!」

(;・∀・)「なんでだよ~いいじゃんちょっとぐらい・・・。」

(;^ω^)「それこそ万引きした子供の台詞だお!てかお前数分でキャラ変わりすぎだお!」
彼はもうダメだ、壊れている。
                  • 盗るしかないッ!!

(;・∀・)「よーし・・・誰もいない事を確認して・・・素早く!!」
  _
( ゚∀゚)「痛たたた・・・なんだよ・・・・・ん?」
(;・∀・)「あ、ジョルジュ・・・・。」

逃げるところを・・・見られた。

(;・∀・)「逃げろォオ!!」
(;^ω^)「ちょww逃げんなお!!」

  _
(#゚∀゚)「ウチは万引き犯見つけたらブチ殺すことにしてんだよぉお!!」

ドドドドドドド!!!
(;・∀・)「外を見ろ!!この状態で万引きしない奴がいるかぁあ!?」
(;^ω^)(おかしい言い訳だお・・・)
  _
( ゚∀゚)「外だァ!?・・・外・・・?・・・・なんじゃこりゃあああ!!」
(;・∀・)「分かったか!!俺は万引き犯じゃねぇ!」
(;^ω^)「・・・・・壊れてるお。」

  _
( ゚∀゚)「バイオ?・・・なんで?」

( ・∀・)「詳しい事は俺にも分からねぇよ。」

( ^ω^)「で、ジョルジュ、協力してくれないかお?」
  _
( ゚∀゚)「あぁ、このままじゃウチの売り上げも下がっちまうからな」
( ・∀・)「頼もしいな、さて・・・こっからだが・・・とりあえず外に出なきゃな。」

( ´ー`)「あー・・・。そこの3人。」
( ・∀・)「ん?なんだおっさん。」

( ´ー`)「マヨネーズはどこかな?」
  _
( ゚∀゚)「あっちだが・・・」
( ´ー`)「ありがとよ」

ズブッ
  _
(;゚∀゚)「がっ・・・!!・・・なにすんだテメェ・・・!!」
( ´ー`)「うーん、これ以上サンプル殺されるとマズイんだよなぁ、全員死ねよ」

第1話 完

戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。