( ^ω^)は巨大な陰謀をぶち壊すようです 第二話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2話
あらすじ・・・?
第1話で2人も仲間増やしちゃった・・・。
これでいいのかな・・・・?

( ´ー`)「うーん、これ以上サンプル殺されるとマズイんだよなぁ、全員死ねよ」
(#・∀・)「お前が死ねよジジイ!!」
ドン!!ドン!!
( ´ー`)「うーん痛いなぁ、まぁ丁度良い、試作品を試してみようじゃないか。」

そう言うと男は自らの腕に針を刺した。
(;^ω^)「こ・・・これは・・・・。あの・・・怪物だお!」
(;・∀・)「自らを怪物にするってのか!!」

( ´ー`)「うーん、惜しいな。この試作品の利点は、能力ももちろんだが、自我があるんだ」  _
(;゚∀゚)「ぐっ・・・・こりゃあ・・・キツいぜ・・・」
( ´ー`)「・・・死に損ないが・・・死ねよ」

ドン!!
(;^ω^)「ダメージは無いかお・・・でも動きが止まれば十分だお!!」

ブーンはジョルジュを担いで走った。
( ´ー`)「んなことシラネーヨ、すぐに殺してやるさ。」
バキュゥウン!!
( ・∀・)「これでもすぐに殺せるか?」

( ´ー`)「少なくともお前はなぁ!!」

(;^ω^)(早く・・・早くしないと・・・ジョルジュがヤバイお・・・。どうすれば・・・)

(;^ω^)(早く・・・早くしないと・・・ジョルジュがヤバイお・・・。どうすれば・・・)
ブーンは指を銜えて見ているだけだった。
モララーが必死に戦っている、敵の背中・・・。

( ^ω^)「あれ・・・・なんだお?」
黒く大きいその背中の中心に、黄色い球体が埋まっている
その時、ブーンの心の中のウ〇〇〇マンがこう告げた。
(あれはタイマーだ!後3分ぐらいで、アイツはもうダメだ!)

(;^ω^)(もの凄く親切なウル〇〇マンだお!)

ブーンは即座にジョルジュの怪我の処置に取り掛かった。
(;^ω^)(絶対に・・・持ちこたえてくれお!・・・モララー!)

ドン!!

(;・∀・)「クッソ!!動きが止められるだけでなんにもできねぇ!どうすりゃいいんだ。」

弾を節約しなければならない、モララーは逃げ回っていた。
2人を守る為に。

(;^ω^)「よしっ!できたお!」
できるだけの処置を済ませたブーンは、ジョルジュに問いかけた。

(;^ω^)「ジョルジュ、お前の武器、借りていいかお?」
  _
(;゚∀゚)「あぁ・・・死ぬなよ・・・!」

( ^ω^)「バーカ、簡単に死んでたまるかお!」

ドン!!ドン!!

(;・∀・)「やっぱりダメか・・・」
モララーは疲れ切っていた。
弾ももう残ってはいない。

( ´ー`)「そろそろ死ねよ、テメェ。」

ゴォオオオ!!
触手が此方へ向かってくる。

( ; ∀ )「ここまでか・・・・。」

(;^ω^)「させないお!!」
ありったけの弾を放った
ドドドドドド!!!
(;´ー`)「うぉっ!くそォオオ!!お前らを殺さないと・・・殺さないと!!」

(;^ω^)「お前自信も分かってるハズ・・・もうお前は限界だお!」
(;´ー`)「くそぉおおおおお!!!!」

シュン・・・。
跡形も無く消え去った。

(;・∀・)「やったな・・・・ブーンサンキュー♪」

(;^ω^)「消えたのは・・・副作用か何かかお?」
何かが落ちている。
アイツが消えた場所だ。

(;^ω^)「これ・・・コイツ研究員かお?」

【バイオハザード研究所】シラネーヨ 00132

(;・∀・)「相変わらずまんまだが・・・wこれは・・・場所まで書いてあるぞw」
( ^ω^)「ちょwwwマジかおw」
  _
(;゚∀゚)「あ、そういえばだが、メンバーに入れるならツンじゃないか?」
(;・∀・)「さっきブーンも言ってたな、どんだけだよw」
( ^ω^)「じゃ、行くかお。」



ジョルジュを車椅子に乗せてツンの家へと向かう。
  _
(;゚∀゚)「オイ・・・これって・・・どこから持ってきた?」
( ^ω( ・∀・)「持ってきてません盗りました。」
  _
(;゚∀゚)「なんでだよ!!」

(´・ω・`)「・・・・・・・。」
  _
(;゚∀゚)「ツンの家に着いたはいいが・・・なんだあいつ?」
( ^ω^)「あいつは・・・・ショボンだお、確かツンに惚れてるんだお。」
(;・∀・)「ツンにねぇ・・・。」
明らかに挙動不審だ。
傍から見れば唯の不審者である。

( ^ω^)「何してるんだお・・・」
(;´・ω・)「うわぁっ!!」

(;・∀・)「今まで気付かなかったのか・・・。」
( ^ω^)「よっぽどツンに惚れ」

(;´・ω・)「ちょっと!やめてよぉ!」
このやり取りに気付いたのかツンの部屋窓が開いた

ξ;゚⊿゚)ξ「・・・・何してんの?」

(*´ ω )「・・・・。」

( ^ω^)「あ、丁度良かった、話があるんだお!」
ξ゚⊿゚)ξ「話・・・・?」



( ^ω^)「と、いうわけなんだお。」
(;・∀・)(面倒くさがってるな・・・・)

ξ゚⊿゚)ξ「まぁいいけど・・・・着替えとか」
( ・∀・)「銃のみでお願いしま」

ξ゚⊿゚)ξ「殺すぞ」
( ・∀・)「はい、すいませんでした」

ξ゚⊿゚)ξ「で、1つ気になることがあるんだけど・・・」
( ・∀・)「なんだ?武器とかの話か?」

ξ゚⊿゚)ξ「いや、コイツ誰よ。」
Σ(;´・ω・)「うっ!!」
  _
( ゚∀゚)「コイツはショボン、お前に惚れ」
ガバッ!!
急いで2人でジョルジュを押さえつける。
  _
(;゚∀゚)(おい・・・俺は怪我人だぞ・・・もう少し)
(;・∀・)(アフォか!!お前はアフォか!!!空気を読め!!)
(;^ω^)(一回ちょっとお前死んで来いお!自覚しろお!)

ξ゚⊿゚)ξ「・・・?何してんの?
( ・∀・)「いいえなんでもありません総大将。」

ξ;゚⊿゚)ξ「他にも何か聞こえた気がしたけど・・・まぁ良いわ。」

(;´ ω)「あ、あのっ!!皆さん!」
ξ゚⊿゚)ξ「ん?何?」

(*´ ω )「ウチの風呂に入りませんか?」




( ・∀・)「いやーまさかお前の家が銭湯だとは♪
( ^ω^)「おっおっ!超楽しみだお!」
  _
(;゚∀゚)「おい!お前等!!重大な事に気がついたぞ!!」
( ・∀・)「お前怪我してるだろ?沁みるぞ。」

  _
(;゚∀゚)「そうじゃねぇよバカ!!・・・この銭湯・・・」

「女湯が・・・覗ける。」

(;・∀・)「何ィイイ!!!それは本当ですか大佐!!」
  _
( ゚∀゚)「本当だ!モララー二等兵!!」
( ^ω^)「ますます楽しみだお!!」

( ^ω( ・∀( ゚∀゚)「うへへへへへへwww」

笑う三馬鹿と

(*´ ω )「・・・・。」

恥らう健全な男の子

( ・∀・)「よし!そうと決まればすぐに行くぞ!!」
( ^ω( ゚∀゚)「おう!!」

服をすぐさま脱ぎ捨て、風呂へと駆ける三馬鹿。
(;´・ω・)「あぁっ!!ダメですよ!!覗きなんてぇ!!」




(;・∀・)「ここか・・・。」
ゴクリ・・・。
周りに客はいない。3人は唾を飲んだ。
  _
(;゚∀゚)「そーっとだ・・・そーっとだぞ。」
( *^ω^)(おーっ!!おっおっおっ!!いっぱいいるお!)
( *・∀・)(楽園か・・・・この世に・・・こんな所があるのかァア!!)

その時、後ろで迷っている少年がいた。

(;´・ω・)(覗きなんて・・・やめさせなきゃ。)

しかし、窓の向こうには自分が好いている女子がいるのだ
ショボンは、半ば自分を保てなくなっていた。
しかし、此処で近づけば、三馬鹿に気付かれ、こうなるのは見えていた
  _
( ゚∀゚)(強がってないで見ちまえよ!!)
( *・∀・)(楽園だぁーっ!!!)
( *^ω^)(おっおっおっ!!!)

(;´・ω・)(惑わされちゃ・・・ダメだ!!)

少年は、自分もこの馬鹿達と一緒にされるのは避けたかった。
少年が下した決断・・・それは。

「覗きを止めさせること。」

そして尚且つ、自分も覗きをしていたという誤解を生むのを避けることッ!
そして少年は叫んだ!!

(;´・ω・)「誰かが覗いてるっ!!!!」

そして自分は風呂場から逃走した、凄い勢いでだ。
そして頭の中で過ぎった言葉・・・・

(;´・ω・)(僕の・・・勝ちだっ!!)

作者の頭を、過ぎったのは、なぜこの件が戦闘シーンより長いのか。
しかし作者は書き続ける・・・・

(;´・ω・)(僕の・・・勝ちだっ!!)
  _
( ゚∀゚)「な、なんだとっ!!」
(;・∀・)「誰だっ!!」
( *^ω^)「おっおっ・・・お?」

風呂場に響く、女湯からの悲鳴。

ξ#゚⊿゚)ξ「あんたらねぇ・・・・」
怒っている、此処で謝れば済んだものを
さらにブーンが追い打ちをかけてしまった。

( ^ω^)「心配ないお!ツンの裸なんて誰も」
バキィイイッ!!!

鈍い音が・・・男湯で響いた・・・・

第2話 終わり。


前へ  戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。