( ^ω^)は巨大な陰謀をぶち壊すようです 第三話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第3話
( ・∀・)「いやーそれにしてもお前んちの風呂すげぇな!流石銭湯!」
(#)ω^)「全くだお。銭湯なんて久しぶりだったからガラにもなくはしゃいじゃったお。」
(;´・ω・)「はしゃいだなんて物じゃないよ・・・それにウチは旅館だよ?」
( ^ω( ・∀( ゚∀゚)「旅館・・・・だと?」


( ^ω^)「いや~楽しかったお!小学生6年生のの修学旅行ぐらい楽しかったお!」
(;・∀・)「どんな例えだよ・・・おい、ツン。もう許してやれよ・・・」

凄い殺気だ。
近くに怪物がいたが、襲ってこなかった、マジチートww




( ・∀・)「此処か・・・でかでかとバイオハザード研究所って書いてあるしなw」   _
(;゚∀゚)「逆になんでこんなに堂々とできんだよ・・・何か自信でもあるのか?」
ξ゚⊿゚)ξ「まぁ自信がなきゃあココまでの事はしないでしょ。」
( ^ω^)「おっ!やっと会話に」
ゴッ!!
( ・∀・)「よし、そろそろ侵入しようと思うんだが・・・用意はいいか?」
(#)ω^)「小便してくるお!」
(;・∀・)「そうか、じゃあさっさとしてこい。」


( *^ω^)「はぁ~スッキリだお!」
「トイレが墓場になるとは・・・、哀れだな。」
(;^ω^)「っ!?誰だお!?」
(´・_ゝ・`)「名乗った所で何になる?必要性を感じないんだが。」

(;^ω^)「お前も・・・自分を怪物にするのかお?」
(´・_ゝ・`)「まぁそうだな、だがお前達が前に戦ったヤツとは一緒にしない方がいい。

今度は、錠剤を口にする。
すぐに怪物の姿に変わった、しかし前とは形態が違うようだ。

(;^ω^)「あ、やべっ出口塞がれたおww」
あの巨体が出口を塞いでいる。
強行突破は・・・・・できそうにない。

(;^ω^)「トイレでの戦いなんて・・・絵にならないお!!」

ドォン!!ドォン!!ドォン!!

ブーンは敵の真横に何発も弾丸を放った。

「だが。」
ガァン!!ガァン!!ガァン!!

(;^ω^)「おっ!?ふ・・・防がれたお!」
(´・_ゝ・`)「改良されてるんだ、神経伝達速度、破壊力からして前とは比べ物にならない。」

(;^ω^)「うぅ・・・みんな、早く来てくれお・・・。」

(´・_ゝ・`)「今度は此方から行かせてもらうぞ。」
ブゥウウウン!!!

(;゙゚'ω゚')「早っ・・・・。」
バキィイイ!!

鈍い音がした。
左腕が・・・・折れている。

「ぐあぁあっ!!」

(;^ω^)「ぐうっ・・・き、利き腕じゃなくて助かったお・・・。」

ξ;゚⊿゚)ξ「今の声・・・」
(;・∀・)「ブーンだな・・・!」
  _
(;゚∀゚)「こりゃヤベェぞ!!急げ!!」

モララーは全速力でジョルジュの乗る車椅子をこいだ。

(;・∀・)(うわぁ・・・超面倒くさい・・・。)

(;^ω^)(危なかったお、打撃だったからよかったものの・・・引っ掻かれたりしたらマズイお)
(´・_ゝ・`)「引っ掻きはしない、いきなり怪物にした所で面白くないだろう?」
まるで楽しんでいるような口ぶりだった。
「嬲り殺すつもりだ」ブーンはそう思った。

ξ#゚⊿゚)ξ「おらぁあああ!!!」
バキィイイッ!!

(;´・_ゝ・)「うおっ・・・と!」
(;^ω^)(今だおっ!!!)

ブーンは動かない左腕を庇いながら
弾丸を放った。

(;´・_ゝ・)「っ!!」
ブゥン!!

(;^ω^)「消え・・・た?」
(;・∀・)「ブーン!!大丈夫か!?」
車椅子を必死にこぎながらモララーが走ってきた。

(;・∀・)「お前・・・左腕が・・・・」
(;^ω^)(焦っていた・・・?弾丸が飛んでいった場所・・・・!」

(;^ω^)「早く・・・・行くお。」
(;・∀・)「・・・・あぁ。」
第3話 終わり

前へ  戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。