( ^ω^)は巨大な陰謀をぶち壊すようです 第四話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第4話
( ・∀・)「じゃあ・・・いくぞ!!」

「おぉ!!」

ドアは自動で開いた、てっきり番号とかいるのかと思ったブーン。
そして立ち上がって車椅子を自分で押すジョルジュ。

(;・∀・)「お前なんで普通に歩いてんだよ・・・」
  _
( ゚∀゚)「いやぁ、怪我はもう大丈夫でな、せっかくだからモララーを顎で使お」
キュウン!!
( ・∀・)「次があれば・・・当てるぞ?」

無言で首を縦に振るジョルジュ。
顔は青白かった。

(;^ω^)「うぅ・・・なんだか不気味だお・・・」

隣を見れば怪物達が入れられている牢がある。
こちらをジーッと見ている者もいれば、息をしていない者もいる。

ξ゚⊿゚)ξ「確かに不気味ね・・・怖いわ・・・」

誰もがツッコミを入れるであろうその瞬間に、その男は動いた。
  _
( ゚∀゚)「「えwwwツン総大将ともあろうお方がwww怖いてww」

バキィイイッ!!!
壁が派手に壊れた。
警告音が研究所内に鳴り響く、そして怪物達の牢が開かれた。
  _
(;゚∀゚)「おいツン!!何してんだよ!!」

ξ゚⊿゚)ξ「悪いのはアンタよこの馬鹿!!」

怪物達は、逃げても追って来る。
(;・∀・)「やるしか・・・・ないな!!」

キュウン!!!キュウン!!!
早速怪物2匹を仕留める。
しかしまだまだ怪物達はいる、これでは焼け石に水だ。
  _
( ゚∀゚)「此処は俺の出番だな!!暴れるぞォオオ!!」

ドドドドドドドドドドドド!!!!!!

怪物達の頭に全弾全て命中させる。
(;^ω^)「おぉ!初めてジョルジュが活躍したお!」
  _
( ゚∀゚)「アホ!!第2話で勝てたのは俺がマシンガンを渡したお陰だ!」

怪物達は作者の都合で全滅はしたが・・・
ブーンは怪物以上に組織の人間が怖かった。

(;^ω^)(きっとアイツだけじゃない・・・他にも強いヤツがごろごろいるハズだお・・・)

(それに、アイツも来るはずだお・・・)

ブーンには嫌な予感しかしなかった。

そして
「その予感は当たったのだ」

ドォオオン!!!

(´・_ゝ・`)「よぉ、さっきは梃子摺ったが、今回ばかりは仕留めさせてもらう。」

(;^ω^)「やっぱり来たかお・・・」

ξ;゚⊿゚)ξ「コイツは・・・・さっきの・・・・」
相手を知っているツンと

(;・∀・)「え、誰この人。」
  _
(;゚∀゚)「以下同文。」
主に以下同文の人の所為で知らない二人。

(´・_ゝ・`)「ん?・・・誰だ?」
  _
(;゚∀゚)「それはこっちの台詞だ馬鹿野郎ォオ!!!」
ジョルジュは、先手必勝とばかりに突っ込んで行く。

思い切り相手の股の下をスライディングする。
  _
(;゚∀゚)「元が人間なら急所も同じだァアアア!!!!」

ドドドドドドドドドドドドドド!!!!
ナニにありったけの弾を撃つ。

ジョルジュ は どやがお を している     ▼

カカカカカカカカン!!!
全て・・・弾かれた。
  _
(;゚∀゚)「なにィイイイ!!!!」

ジョルジュの顔から、笑みが消える

(´・_ゝ・`)「残念だったな、怪物化すればナニも強化されるんだ。」
  _
(;゚∀゚)「ふ・・・鋼鉄のタマか・・・・面白ぇ!」

(;^ω^)「んな事言ってる場合かお!!」
ドォン!!
此方は以前ヤツが焦った急所、頭部を狙う。
しかし、いとも簡単に腕で払い除けられる。

(;^ω^)「ツン!今だお!!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「おぉおおお!!!!」
敵の背後から、拳を振るう・・・・

敵の頭部に向かって・・・・掌打を打つ!!
「だが。」

(´・_ゝ・`)「残念だったな、これで2度目だ。」

背中から、腕が生えてくる。
ξ;゚⊿゚)ξ「っ・・・・!!」

ドォオオン!!!
思い切り叩き付けられる。

:(;゙゚'ω゚'):「ツン!!!!」

(;・∀・)「こんなの・・・アリかよ・・・動きが前のヤツよりが早くなってやがる・・・」
  _
(;゚∀゚)「大丈夫かツン!!!」
息はまだあった。
だが気を失っている、すぐには目を覚ましそうにない。

(;^ω^)「・・・・モララー、アイツ、どうすれば倒せると思うお?」

(;・∀・)「今だと頭部に弾丸を撃ち込むしかない、ツンが無理じゃあ勝率は激減だ。」
  _
(;゚∀゚)「なら・・・アレしかないだろ。」
そのアレとは・・・・
ナニにありったけの弾丸を撃ち込む事だった。

(;・∀・)「お前帰れ。」
(;^ω^)「こんな状況でそんな事言うなんて・・・ちょっとヤバイお。」
  _
(;゚∀゚)「2人でありったけナニに弾を撃ち込んでタマに衝撃を与える!!物は試しだ!行くぞ!!」
(;・∀・)「ったく・・・しゃあねぇな!!」
2人は駆け出していった。
そう、タマに弾を撃ち込みに。

(;^ω^)「頭部に撃ち込むのを待つかお。」

( ・∀( ゚∀゚)「うぉおおおお!!!!」

(´・_ゝ・`)「ふん!!」
メリィイイッ!!!

パンチは、空を切った。
2人は勢い良く滑り込む。
(;´・_ゝ・)「くそっ!!」

メリィイイイ!!
2人は華麗にパンチを避け
ナニの下へと滑り込む。
  _
(;゚∀゚)「今だッ!!!行くぞォオオ!!!!」
(;・∀・)「分かってらぁぁぁああ!!!」

ありったけの弾をタマに撃ち込む。

(;´・_ゝ・)「うっ・・・うおっ!うぅうう・・・」
振動・・・している。
撃つなら今だ!!ブーンはそう確信した。

(;^ω^)「おぉおおおぉおおお!!!!」

(;・∀(;゚∀゚)「あ、ヤベぇ弾切れだ。」
「こんな・・・・展開・・・・」

(;^ω^)「お前らぁあぁあぁああ!!!!」
ドォン!!!!

もう、遅かった。
カァン!!!

:(;゙゚'ω゚'):「あっ・・・・。」

(;´・_ゝ・)「ふっ!残念だったな、俺はすでに」
その時、背後で誰かが飛んだ。

ξ#゚⊿゚)ξ「これで・・・終わりぃいいい!!!!」
メキィイイイイッ!!!!

相手の頭部に一蹴
遠くの壁に突き刺さるように激突する・・・・・

(;^ω^)「やったお・・・やったお!!」

(;・∀(;゚∀゚)「ツンさんマジナイスボレーっスww」

そして・・・・消えた。

前へ  戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。