( ^ω^)は巨大な陰謀をぶち壊すようです 第五話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(;^ω^)「流石ツンだお!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「はぁ・・・はぁ・・・当たり前よ。」

ドサッ!
ツンは力無く倒れた。

(;^ω^)「ツン!?・・・ツン!!」

(;・∀・)「落ち着け!!・・・気を失ってるだけだ・・・・とりあえず、作戦は中止だな。」

(;^ω^)「・・・・これからどうするお?」
( ・∀・)「今は少なくなったが・・・俺の知り合いに武器屋がいる、ソイツに世話になろうと思う。」





( ・∀・)「おーい!!モナー!!開けてくれ!!
(;^ω^)「えっ・・・モナーって・・・・。」

( ´∀`)「はーい!!今開けるモナー!!」

ガラララ!!
(;^ω^)「やっぱり・・・会長かお。」
( ´∀`)「ブーン君にジョルジュ君、ツンちゃんにモララーとは・・・また有名人が揃ったもんだモナ」

( ・∀・)「ちょっと此処で居させてもらいたいんだが・・・いいか?」

(;´∀`)「勿論いいモナ!でもまずその汚れた服なんとかしないとモナ。」

ツンを抱きかかえ、優しくベッドに下ろす。
最初に口を開いたのはモララーだった。

( ・∀・)「そうだ、モナーお前テレビとか見るか?」

( ´∀`)「全く見ないモナ!ラジオにせよ、新聞も取ってないモナ。」
モララーは直感した。
コイツ・・・・何が起こってるか知らない・・・念の為、モララーは聞いた。

(;・∀・)「じ、じゃあ、ここ2日外に出たか?」
( ´∀`)「出てないモナ、仮にも停学中の身モナ。」

あぁ・・・・知らないんだな。
モナーとツンを除くこの場の全員が思った。

前へ  戻る

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。