('A`)ドクオは狐と暮らすようです 第一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話「狐の子」

 その日は、いやに空が赤かった。

川 ゚ -゚) 「和尚様」

('A`)「ん? どうした」

川 ゚ -゚) 「いえ、和尚様が帰って来ないものですから」

('A`)「ああ、そろそろ時間だな。すまない」

川 ゚ -゚) 「夕焼け、ですか?」

('A`)「あ、ああ。つい、見ちゃって」

 クーは何も言わず、俺の隣に座る。
 さらさらの黒い髪が秋の風に揺れる。弾む胸に気付かないふりをして、俺は言った。 ('A`)「時間は、いいのか?」

川 ゚ -゚) 「はい。もう少しなら」

('A`)「そうか」

 クーは、この寂れた山奥の寺を手伝ってくれている女子大生だ。
 近所の大学に通っていて、一人で暮らしている。
 遠縁の関係らしく、彼女がここで働いているのも親戚の勧めがあったからだ。最近のーーと言っては語弊があるかもしれないが、大学生には珍しく、勤勉であって、さらに素直な性格だった。

 夕陽を見つめる彼女の横顔は赤く染まっていた。
 それが、あまりにも綺麗で、俺は目を逸らす。
 今まで女性と接する機会がなかったとはいえ、もうすぐ三十路の男としては情けない。俺は、気付かれないよう溜息を吐いた。

 日が暮れる前に彼女を家へと送り届ける。ほとんど日課のようなものだ。
 おんぼろの軽自動車にエンジンを入れて、山道を下る。

川 ゚ -゚) 「和尚様」

('A`)「なに? あ、あと和尚様なんて大仰な呼び方しないでいいよ」

 助手席に座る彼女は、少し考える素振りをして、

川 ゚ -゚) 「じゃあ、ドクオ」

 俺は思わずブレーキを思いっ切り踏みそうになった。

('A`)「急にフレンドリー過ぎるよ」

川 ゚ -゚) 「冗談です」

 クーがくすくす笑う。

 本当にーーこの程度のことで、いちいち動揺していては切りがないのに。
 運転に集中しよう。そう考えた時、何かが目の前を横切るーー

('A`)「う、わあ」

 慌ててブレーキを踏む。

川 ゚ -゚) 「ど、どうしたんですか?」

('A`)「今、何かが通ってーー」

川 ゚ -゚) 「ええ?」

 車を降りて確認してみるが、どうしたことか、俺たち以外に誰の姿もない。

川 ゚ -゚) 「本当に、見えたんですか?」

('A`)「ああ、確かに何かがいたんだ」

 注意深く周りを見渡すが、やはり何もない。

川 ゚ -゚) 「見間違いなんじゃ」

('A`)「……」

 確かに何かが通って行った。それは間違いない。しかし、痕跡も何もないのだから、これ以上ここに留まってはいられない。
 結局見間違いということにして、俺は再度車を走らせた。車内で確認したが、クーは何も見ていないという。

川 ゚ -゚) 「和尚様、疲れてるんじゃないんですか?」

('A`)「ううーん」

 もしそうだとしたら、結構やばい所まで来てるんじゃないか。クーが理系の学生らしく、ブルーベリーが目に良いと熱弁するのを聞きながら、山を下って行った。

('A`)「疲れた」

 クーを無事に家まで送った後、俺は再三車を調べ、そして最大限の注意を払って寺まで帰宅した。そのせいか、全身が気だるい。今日はアルコールだな、とシャワーを浴びて、冷蔵庫からビールを取り出す。

('A`)「はーー」

 一口飲んで、俺はまぶたをぎゅっと閉じた。
 クーがこの寺に来てくれるようになってから、嬉しい反面、彼女の行動一つ一つに戸惑ってしまう自分がいる。
 本当、もてない男故の悩みなのだろう。もし俺がもっと女性の扱いに長けていたらーー車内で気のきいたことを言って、喜ばせることも出来ただろうに。
 あわよくばーーいやいや、年の差を考えろ。

('A`)「……」

 なんだか考えるのも馬鹿らしくなって、残りのビールを一気に飲み干した。

('A`)「聖職者たるもの、女にうつつ抜かす訳には行かねーよ」

 我ながら、負け犬丸出しだ。自嘲しながら寝室に向かう。今日はもう寝よう。洗い物とか、いろいろ、明日やればいいや。

('A`)「お休みなさい」

 今日干したばかりのふかふかの布団に入って、俺は横になった。

('A`)「……」

 何かがおかしい。いや、『何か』なんてもんじゃない。足に触れているこの柔らかい物体は、布団なんかじゃない。

('A`)「……」

 泥棒か? いやいや、ならばどうして俺の布団に入っているんだ。
 野良猫? 猫がこんなに大きいか? 馬鹿か、おれは。

 思考停止。百聞は一見に如かず。
 俺は立ち上がり、布団を勢い良く剥ぎ取った。

 そこに、いたのはーー

ξ゚⊿゚)ξ 「すぅ」

('A`)「な、……、お、女?」

 女が、小さく丸まって寝ていた。まるで、動物のように。

('A`)「おいおいおいおい」

 一体どういうことだ。なぜここに寝ている。いや、そんなことじゃなく、この女は誰だ。迷子、迷子なのか。こんな大きな迷子があってたまるか。

('A`)「まじかよ、なあ、おい」

 少し躊躇ったが、こんな状況にも関わらず呑気に寝息を立てている女を揺さぶる。しかし、まったく起きる気配がない。

('A`)「おい、起きろよ。なあ、おーい」

 むにゃむにゃと女は寝返りを打った。少しウェーブのかかった栗毛色の髪が布団に広がる。

ξ゚⊿゚)ξ 「すぅ、すぅ」

('A`)「あんた誰なんだ? なあ、おい、起きろ」

ξ゚⊿゚)ξ 「すぅ、すぅ」

('A`)「……!」

 なんて、たくましいんだ。

('A`)「……どうしたらいいんだ」

 多少乱暴に起こしても構わないだろうか。しかし、相手は女だ。けれど、不法住居侵入の現行犯でもある。

('A`)「なあ、おいっ」

 布団から引きずり出そうと手を伸ばした時、女のまぶたが開いた。

ξ゚⊿゚)ξ 「……」

('A`)「! なあ、君、一体ーー」

ξ゚⊿゚)ξ 「うるさい」

 彼女がそう言った瞬間、俺のすべての体の動きは止まり、代わりにとてつもない眠気が襲って来た。

 ……。
 眠い。
 とてつもなく眠い。しかし、光が注がれているのが分かる。もう朝なのだ。起きなくてはーー

('A`)「……」

 まぶたを開けて、ぼやける視界の中、ようやく自分の置かれている状況が分かる。廊下で寝ていたのだ。

('A`)「何やってんだ」

 よく途中で目が覚めなかったな。自分の体の図太さに感心する。もう一度、気を取り直して寝ようか。
 寝室の襖を開けると、女が正座して俺を見ていた。

ξ゚⊿゚)ξ 「お早うございます」

 女が深々と頭を下げる。

('A`)「お早う」

 思わずつられて頭を下げたが、思い出した。こいつ、昨日の不法住居侵入女じゃないか。

('A`)「おおおお、お前っ、お前は誰なんだ」

ξ゚⊿゚)ξ 「その質問は至極真っ当だと思います」

ξ゚⊿゚)ξ 「しかし、答えることはできません」

('A`)「な、なんだよ、それは!」

ξ゚⊿゚)ξ 「なぜなら、」

ξ゚⊿゚)ξ 「私自身も、」

ξ゚⊿゚)ξ 「私が誰なのか」

ξ゚⊿゚)ξ 「わからないのです」

('A`)「……」

('A`)「警察、警察っと」

ξ゚⊿゚)ξ 「!」

ξ゚⊿゚)ξ 「ちょっと待ってえ! そのケイサツってのが何なのかわからないけど、嫌な予感がする!」

ξ゚⊿゚)ξ 「お願い、あたしの話を聞いて!」

('A`)「……」


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。