( ^ω^)ブーンが特殊な能力で戦い尽くすようです Episode3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

        ┌─  トっ │ / ̄ / ̄ヽ ┌ヽ ┌─    
         ト─  ト/  │(_ │  │ | ヽ ト─    
         |__ │  │ _)ヽ_/  |_/ |__   3

【Episode3】 “碧蒼の決戦”


 そのころのメザマはというと。

("  ̄ー ̄,,)「お前、生きてたのか」

( ><)「当たり前なんです!!」

 相手の先発隊、『ビロード=ワカソルト』と交戦していた。
 ビロードはおかしな碧の剣で戦い、メザマは手から出る蒼い物【波動】で交戦する。

( メД^..,,)「おい、ビロード!!死角から狙え!
       いくら手から直接発される物だって、死角があるぜ!」

 敵の一人が、ビロードにアドバイスをする。
 すかさず、ビロードは、

( ><)「分かってるんです!!コイツの隙を狙うんです!!」

 と言葉を返し、メザマの手が回らない後ろの上のほうに向かう。
 そして、碧の剣を顕にし、メザマに後ろの上から迫る。

("  ̄ー ̄,,)「オレの能力、波動戦慄【ルカ・リオ】。
        この技に、死角など…」

 メザマが手を上に向ける。
 当然、発されている波動はビロードに向かう。
 だが、ビロードが向かっている方向までは回らない。絶対に人間ならば。

 しかし、手はその絶対の領域を侵した。
 本来なら、あり得ない角度に手が曲がる。

( ><)「・・・!!」

 ビロードに、波動が直撃する。
 攻撃を諸に食らったビロードは後ろにのめりこむが、直ぐに体勢を戻す。

 あまり効いていないように一見見えるが、実際のダメージはビロードの碧剣酷使【グリーンソード】の比ではない。
 センスの無さが伺える程、伝説のアレにそっくりだった。

 伝説の、ルカリオ。
 あの、伝説のポケモンに酷似していた。
 当人たちは、知る由も無いだろう。それでも。

 彼は、戦い続けた。

( ><)「ゆ、許さないんです!!
      碧剣酷使【グリーンソード】!!」

 ビロードは我武者羅にでも剣を振り回す。

("  ̄ー ̄,,)「きかねーよ」

 メザマはそれを完璧にまで避けた。
 最早、ビロードに勝ち目は無かった。皆無に等しかった。

 メザマがビロードの腹に突きをしたころ、敵軍の表情は変わっていた。

( メД゚..,,)「ビ、ビロード!!」

 ビロードは脆く地面に転がり朽ちる。
 手に持っていた碧剣酷使【グリーンソード】は完全に遠くにはじかれ、武器は消えた。
 額には汗が浮かび、既に死の気配すら感じられた。

(メ ><)「ぼ、僕はここでしんじゃうんですか?碧剣酷使【グリーンソード】を返してくれなんです!!
      死ぬなんて嫌なんです!!VIP軍に入軍したいんです!殺さないでなんです!」

("  ̄ー ̄,,)「馬鹿かてめぇは。んな事いえるほど甘くはねえんだよ。
        軍人は死ぬことに恐怖を感じたら、そこでお終いだよ」

 メザマはビロードに向かって追い討ちを仕掛けた。
 右手には波動が光り、目には殺気が見える。殺しにかかったようだ。

 ビロードはその攻撃を目で追いながら悟った。
 自分は、こんな所で死ぬのか、と。

("  ̄ー ̄,,)「まあ、取りあえずあれだ。死ね」

 メザマが波動の手をビロードに向かわせる。
 勝負は見えていた。メザマの勝ちだ。

 だが、次の瞬間見えたのは、異様な光景だった。

 メザマの右手首に痛みが走る。
 どうやら、深い切り傷が出来たようだ。

( ><)「ニヒヒ…作戦成功なんです」

 何が起きたのか。明確に分析するのは不可能だった。
 メザマの波動戦慄【ルカ・リオ】は当たるだけで甚大なダメージを食らわす。
 発する波動によっては、触れるだけで殺すのも可能だ。出来ないのは修行が足りないからだが。

 だから、ビロードは少なくとも気絶しているはずだった。
 だが、ここで大きな誤算があった。

 ビロード=ワカソルトの能力、碧剣酷使【グリーンソード】は扱うものではない。
 己の体から、放出するものだったのだ。

 碧剣酷使【グリーンソード】は己の修行によって、何本でも体外に放出し、酷使することが出来る。
 修行をほとんどしていないビロードでも、二本程度は出すことが出来た。

 そして、直撃していったメザマの能力、波動戦慄【ルカ・リオ】は相手に触れてから発動する。
 碧剣酷使【グリーンソード】は長く伸びていた。
 メザマがビロードに触れる以前に、ビロードは剣をメザマに刺していたのである。

 波動戦慄【ルカ・リオ】の攻撃スタイルは独特。
 右手を突き出し、相手に突進していく。

 だからこそ、メザマは右手首程度の損害で済んだのだ。
 もしも完全突撃のような能力だったら、心臓を貫かれていたかもしれない。

("  ̄ー ̄,,)「・・・中々やるようだな」

( ><)「命を狙えなかったのが残念なんです」

 そういいながら、双方は能力の準備を始める。
 波動を弾かせて。剣を硬く握って。

 そして、双方は再びぶつかる。

("  ̄ー ̄,,)「ぬぐぅ………ッ!!」

( ><)「ぐわゎ………ッ!!」

 カッキイィィーン!カッキイィィーン! と戦闘音が鳴り響く。
 それは、良き好敵手とも言えた。
 ベストライバルと言えた。

( メД^..,,)「…よし、今のうちに裏方から回ってヤツ……メザマとかいったか、ヤツを討ち取ってくるか」

 そういうと、その男は刃を持ち出した。
 唯の、何の偏屈も無い刃だ。

 無能力者。彼はどうやら能力を持たない人間のようだった。
 いくら能力者Vs無能力者だからといって、奇襲をされたら元も子もない。
 完全に、メザマは討ち取られるだろう。

(・∈・ )「ちょっと待て」

( ^Э^)「そっそっ、ちょっと待てよ」

 声をかけたのは、トットの二人。
 かかって来る刺客を倒したらしい。余裕の顔をしている。
 その体に、傷はひとつも無い。

( メД゚..,,)「なっ!!」

 男は吃驚したのか、攻撃態勢を取る間もなく後ろに転がるように逃げる。
 あくまでも、無能力者は無能力者。能力など、皆無だ。
 真に強い能力者と出会ったとき、彼らに出来るのは、逃げることだけ。

 男は転びそうになりながらも後ろを向き、逃げた。
 無様に転げ回り、死から逃れようとして。

 だが、突然動きが止まり、硬直する。
 重力に逆らうことは無理だ。固まると同時に体制はそのままに倒れた。

(・∈・ )「動作強奪【ハイジャック】成功…」

( ・Э・)「はは、流石はアガル。はえーな。
     何時見てもすっげー能力だぜ。動作強奪【ハイジャック】はな!」

(・∈・ )「ああ。相手の動きを司るんだからな。簡単な動きなら相手の体で出来るしな」

( ・Э・)「条件もあるだろ…。」

 動作強奪【ハイジャック】の効果を発揮するには、条件がある。
 一つは相手と自分を直線状に結んで、高さ1.5m以上の障害物があれば利用できないという事。
 一つは相手の名前を完全に把握しなければ出来ないという事。

 それがハイジャッククオリティだ。

 だが、名前が無ければ出来ないなら出来ないのでは?と思ったかもしれない。
 それを解決するのがあったのだ。

('A`)「ブーンがアイツをぶったおしてからこっちに来たが、サポートには間に合ったようだな」

 ドクオはサラリとブーンの勝利をつぶやいた。
 あの後すぐにメザマの救援に向かったトットの二人。
 そしてブーンの勝利を見届けたドクオ。

 ドクオはあの後、能力の開眼に成功した。
 情報取得【ウツダシノウ】だ。何故こういう名前になったかというとは説明すると長くなる。

 まず、自分の能力名は自分で決めることになっている。
 ネーミングセンスのある他人に決めてもらう等、ほかにもパターンはあるが、基本的には自分で決める。

 生涯一つの能力しか得れないのだから、自分で決めるのは当たり前だ。
 まあ、そうだろう。

 そして戦闘中に能力開眼したドクオは、この程度の能力という事に愕然とし、言い放った言葉。それが

(<●>A<●>)「ウツダシノウ、そうだ。これを能力の名前にするか」

 だったのだ。ドクオはもっと戦闘向きの能力がほしかった。
 即ち、機動性に優れた能力がほしかったのだ。

 ドクオが手に入れた能力、情報取得【ウツダシノウ】。
 それの内容は、目で見た人間の本名、年齢、性別、誕生日、星座、血液型、さらになんとスリーサイズ、その他もろもろまで分かってしまう能力だった。

 だからこそ、アガル=トットが能力を使えたのだ。

(・∈・ )「ドクオ、センキュウだぜ。お前のサポートが無ければ逃がしてた。
      ブーンの方は残り二人の刺客をぶっ潰してるのか?」

('A`)「ああ、まあそういうもんだな。二人のうち一人をぶっ潰してる。
    五人のメンバー中二人を既にぶっ潰し、こっちのマイナスが無いのは好都合だ。
    ビロードはメザマに任せればいいだろうし、あと二人だ。そっちの」

 そういうと、ドクオは固まって倒れているヤツを指差す。

('A`)「そっちのジェルッツ=ギャイップは今から始末すればいい」

 ドクオの目には、見えているのだ。
 俗に言う死神の目のような効果。いや、それのバージョンアップ版。

 そして、これまでに相手で出てきた敵【能力者】。つまり
( ><)ビロード=ワカソルト    碧剣酷使【グリーンソード】
(@w@)ズヴェール=スウェッツ  心理戦好【チョウハツセンポウ】
( メД^..,,)ジェルッツ=ギャイップ  無能力【ノーマジカル】
 はどれもまあまあ強かった。だから後の三人はそれ程強くも無いと思っている。

 ブーンが今交戦しているヤツも、それ程強そうではなかった。
 案外、楽に勝てるのかもしれない。

 ドクオの脳裏には、そんな事も浮かんでいた。

( ・Э・)「自惚れちゃ駄目だろ。改変【チェンジ・マインド】!!」

 ドクオの脳裏に、ぱっと感情が渦巻いた。

 ――――この勝負、負けに負けて死にまくり、永遠に幸福を感じられないかもな。
 そもそも、オレ自体そんなに強いわけでもないんだ。すぐにやられるのがオチだ。
 完全にズタズタにされて、心も体もボロボロになって、骨となって帰っていくのかな。

('A`)「うわあああああああああああ」

(・∈・ )「やり過ぎだぜ、サガルよ」

( ・Э・)「自惚れは敗北を呼ぶぜ、アガルよ」

 そう。これこそがサガル=トットの能力、鬱化福化【テンゴクトジゴク】。
 感情を逆さにして、自惚れを自虐に、感動を無感動に、絶望を幸福に変える。
 それが、サガルの能力なのだ。

 改変【チェンジ・マインド】という度に対象者の感情を正反対に変える。
 それは、恐ろしくもあり魅力的でもあるパンドラのケース。

 だが、仲間割れとは使い道を間違えている。

('A`)「・・・ウツダシノウ」

 そのとき、ドクオの視界には何かが入った。
 本来そこには誰もいないはずの場所に、ジェルッツ=ギャイップを奪還しようと。

( Φ益Φ)「ぬへへ」

 ソイツはジェルッツを手に持つと後退した。
 アガルの情報取得【ウツダシノウ】、動作強奪【ハイジャック】を掻い潜り。

( ・Э・)「鬱化福化【テンゴクトジゴク】解除!」

 ドクオの目に輝きが戻る。
 そして生き返ったかのように敵をにらみつける。
 目が大きく見開き、肥大化している。

           ナルシスト   口調変    イカ娘ファン

     元公務員→強制退職   ブログ持ち   固定ハンドルネーム

  独身       グアート=サッド    獅子座 男  身長167.2cm

        32歳      ( Φ益Φ)          現在無職     ('A`)(そういやあこの能力プライバシーもクソもねえな・・・)

 VIPPER     AB型  三十二年前の八月十日生まれ   体重51.9Kg

        メアド・ZZZoretueeeee@live.jp  インデックスオタク  能力者

(<●>A<●>)「オイ、アガル。コイツの名前h…」

 そこで言葉がとまった。
 気づけば、数体の影が自分の顔を掴んでいる。

 まだ、ドクオ程度の鍛錬では能力の内容はわからない。
 それが、隙となった。

( Φ益Φ)「オレの影からにげるのなんか無理だぜ。影猛撃【シャドウオフェンス】はつよいからよ」

 グアートはそう告げると影のままドクオを連れて来させる。
 影は三体。それぞれの力が強く、負ける相手ではない。

(・∈・ )「情報取得【ウツダシノウ】が無ければ動作強奪【ハイジャック】が使えない!!
      それなら、サガル!」

( ・Э・)「分かってるぜ!!鬱化福化【テンゴクトジゴク】」

 その、サガルが発する攻撃は確実にグアートに向かった。
 だが、途中で止まった。

 いや、正確に言うと影に当たり、そして消えた。

( Φ益Φ)「おい、このドクオとやらを返してほしければ、そのサガルを引き渡すんだな。
       鬱化福化【テンゴクトジゴク】は色々と厄介だ。そうしたらドクオを返してやってもいいぜ」

('A`)「コイツ馬鹿だ~~~常識的に考えて、んな取引、ありえないだろ!!分かれ!
    ま、グアート、お前は所詮雑魚で頭悪いだろうから、分からないよな。
    こういう時はそういうのは使わないの。この場でオレを殺せよ。
    オレにはその心の準備はできてるぜ、人生の落ちこぼれさんよ
    一人ずつでも討ち取っていけよ雑魚」

( Φ益Φ)「ムゥ……!何と……!!許さねえぞ」

 その時、グアートの気が少し緩んだ。
 それが、運の付き。

( ・Э・)「単純すぎwwwwざまあwww」

 鬱化福化【テンゴクトジゴク】。
 怒りが安堵に変わり、余裕が絶望に変わり、安堵して絶望する最悪の状況に陥った。

('∀`)「っつーか見事に釣られてやんのwwww」

( ^益^)「どーせオレなんてよ」

 その時、ドクオがグアートの顔面にけりを入れた。
 一人のVIPPERが、ここに沈もうとしていた。

('A`)「さてと、ブーンは大丈夫かな?」

( ・Э・)「ブーンはあれからどうなったの?」

('A`)「ブーンはあの後な…」

( @w@)「アハハ、面白い!!面白いよ雑魚!!
       本気の一騎打ちなんて、滅茶苦茶面白い!!有難う雑魚!!」

 心理戦好【チョウハツセンポウ】。彼こそ心理学のエキスパート。
 挑発させ、思い上がらせ、油断させ、討ち取る。
 そういう戦法を取れるのは一部の兵のみだ。

( ゚ω゚メメ)「無機質派【デリートクリエイティブ】」

 その声と同時に、ブーンの手からは青白い光が。
 青白い光は彼にあたり、彼はその場に倒れた。

( ゚ω゚メメ)「能力及び能力の効果を無に戻す能力、無機質派【デリートクリエイティブ】。
       お前の能力は、今後使えない!!」

( @o@)「な、なんだって!」

 そういうと、突然ソイツがもがき苦しみ始めた。
 能力が消える、その攻撃は人までは消えないはずだった。

 気づくと、そのいた場所に女が立っていた。

('A`)「何!!」

⌒*(・ω・)*⌒ 「アハハ♪ばれちゃった!
         いやさー。ソイツ私の能力で作ったものなの♪
         だけどさー、能力消えたしもう戦えないの!!
         投降って今からでも間に合う?」

 お気楽な、馬鹿なヤツだった。

 …言うまでも無いが、次の瞬間その女の命は無かった。
 ドクオが手に持っている護身用の短剣で斬ったのだ。

( ^ω^メメ)「五人で一チームならあと二人だお。
       取りあえずドクオはアガル、サガルの増援に行ってほしいお」

('A`)「しょーがねーな。まあオレもアガルとサガルが心配だし行くか」

 そういうと、ドクオは立ち去ろうとした。
 だが、続けざまに刺客が現れるここでは、その行動が仇となった。

ζ(゚ー゚*ζ「………やあ!!」

 沈黙が流れた。
 突然の来訪者は、ドクオに刃を向ける。

ζ(゚ー゚*ζ「僕、デレ=デレックスって言うんだ。
       取りあえず、キミ達を倒せとか言われてるから、命令に従うよ」

 その女―――デレは不気味な男のような雰囲気を漂わせ、ドクオを地面に無造作に置き、ブーンに向かう。
 ドクオはその場から立ち去り、アガル、サガルの支援に行こうとした。
 ブーンに勝機は十分あったし、第一所詮女だったからだ。

ζ(゚ー゚*ζ「僕の能力こそが最高。僕こそが最強!」

 どうやら、このデレとやらはこのチームの代表格のようだった。
 その時、ドクオの目が疼いた。

(゚A゚)「うわあぁ」

       *1 ))「うわあああああぁぁぁぁぁっ」

                 *2 )))「うわあああああああああああああああああああぁぁぁっッ!!」

(<●>A<●>)「へっ!?」

 ドクオの目には映っていた。
 女のすべてが。プロフィールが。詳細なデータが。

(<O>A<O>)「こ、これがオレの能力?雑魚い能力だな・・・鬱になるぜ」

 気分は鬱、コンディション最悪、テンション下がりまくりだった。
 もっとすごい、物をすべて焼き尽くすような能力がよかったのだ。天照【アマテラス】の様な。

(<●>A<●>)「ウツダシノウ、そうだ。これを能力の名前にするか」

 そして、そこに映っているのは驚愕の事実だった。

           射手座      女

   実は腐女子     男っぽい口調、若干クレイジー

           ζ(゚ー゚*ζ      12月1日生まれ

      元ニコ厨      デレ=デレックス   カニ好き

           AかOかAB型?B型かも

('A`)「まあいいか。取りあえずやつ等の支援に行かなきゃ、
    ブーン、取りあえず死ぬんじゃねーぞ」

 大声でそういい残すと、サガル、アガルの元に向かったのだった。
 それが、過去。今は、現在。

('A`)「こうなってる。今はデレックスって奴と戦ってるよ。
    なかなか強そうだけど女だし大丈夫だろ」

(・∈・ )「大丈夫なのかよ」

( ^益^)「ぬはっは~、オレもうじき死ぬかもww
      そういう時は何とか言ってくれよ、ォィ」

 相変わらず、おかしな感情をグアートは抱いていた。
 鬱化福化【テンゴクトジゴク】は意外と効果があったようだ。

('A`)「おい、インデックスオタク。オレの三年前の禁書ポスターやるからワニにでも食われとけ」

( Φ益Φ)「えっ、ホント!?じゃあ食われてくる~」

 やはり、敵はアホだった。
 精神を反対にされて気が動転し、若干狂っていたのかもしれない。

 グアートは池に向かって歩いていく。
 前払いという言葉を知らずに。やはりコイツはどこか変だ。

('A`)「気が動転しすぎじゃねーの?
    何なのさアイツ。。。」

(・∈・ )「まぁ、鬱化福化【テンゴクトジゴク】は発狂するほど強いからね。
      正常な状態じゃなくなったんだよな、きっと」

(゚A゚)「発狂するような能力をオレに使ったのかよ!!」

( ・Э・)「アハハ・・・」

 だが、先程の煙幕の中、もう一人の男はこの付近にいるはずだ。
 ならば、安心はできない。

 敵が、いる限りは。
 恐怖は、纏わりつく。

 煙幕は過ぎ去り、残るは戦いと争いのみ。
 それを静かに見ていた最後の一人【ラストパーティー】は、立ち上がった。

ミ ゚Д゚彡「さてと、皆戦ってるみたいだし、オレも参戦するか」

 フサギコ=ウルフ。
 あの猛将ギコ=ウルフの弟にして今回の試験でも一二を争う実力者。

ミ ゚Д゚彡「どいつを狙うかね?」

 フサギコはあたりを見渡す。
 いい感じに土煙が立ち、フサギコの存在には誰も気づかない。

 所謂マジックコート。外からは見えないが、中からは見える。

ミ ゚Д゚彡「よし、アイツにするか」

 フサギコはとある人物を指差した。
 指の先に見える人物。それは………。

          /二二二つ☆
          ヽヽ( ^ω^)二二二つ         【ブーン=カナオーガ】。

ミ ゚Д゚彡「アイツぶっ殺せばこのチームも終わるだろ。
      よし、今アイツはデレックスと交戦中。ちょうどいいぜ」

 フサギコは、容赦を知らない。
 弱きものにも全力で立ち向かうのが彼の主義【ポリシー】。

 それが、フサギコクオリティなのだ。

 狼は兎を追うのにも全力を尽くす。
 それが彼の方針。そして、それを可能にする圧倒的な強さ。

 ブーンに、刻一刻と運のつきが向かっていた。








           E p i s o d e  3        E N D

  今  回  の  登  場  人  物
 顔文字  名前            階級・状態       能力

    わ  れ  ら  が  五  人

( ^ω^)  ブーン=カナオーガ   試験受験中・?    無機質派【デリートクリエイティブ】
('A`)    ドクオ=トールソン    試験受験中      情報取得【ウツダシノウ】
( ・Э・)  サガル=トット       試験受験中      鬱化福化【テンゴクトジゴク】
(・∈・ )  アガル=トット       試験受験中      動作強奪【ハイジャック】
("  ̄ー ̄,,)メザマ=テルマ     試験受験中      波動戦慄【ルカ・リオ】

     相  手  チ  ー  ム

( ><)  ビロード=ワカソルト  試験受験中・敵   碧剣酷使【グリーンソード】
⌒*(・ω・)*⌒ズヴェール=スウェッツ試験受験中・敵   心理戦好【チョウハツセンポウ】
ζ(゚ー゚*ζ デレ=デレックス    試験受験中・敵   ?
( Φ益Φ)グアート=サッド     試験受験中・敵   影猛撃【シャドウオフェンス】
ミ ゚Д゚彡  フサギコ=ウルフ    試験受験中・敵   ?

    敵 チ ー ム 戦 力 外 (無能力者)
( メД^..,,)ジェルッツ=ギャイップ  試験受験中・敵    無能力【ノーマジカル】

前へ  戻る

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。