('A`)バベルの塔のようです。川д川 第二話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バベルの塔、それは世界が同じ言語をつかっていた時代の話。


バベルの塔、それは神の怒りに触れ、言語をバラバラにされてしまった物語。



そして、この話は僕の彼女が記憶を失い、まるでバベルの塔の話のように今まで通じていた物、全て通じなくなってしまった、そんな話。




('A`)バベルの塔のようです。川д川 第二話


川д川「だれ、でしたっけ?」

(;'A`)「貞子、何言ってんだ?僕だよ?」

川д川「僕さん?」

(;'A`)「何いってんのさ、ドクオだよ?」


僕は彼女が嘘をついたり、からかっている時の癖を知っていた。

右手の人差し指で小さな円を描くのだ。

とても変わった癖だが、彼女は無意識でやっているようで、その癖に気付いてはいなかった。

だから、今回も右手に目を向けた。

だが、彼女の右手は全く動く気配はなかった。


(;-_-)「…どうやら、記憶を失ってしまってるみたいだね」

考えたく無かった最悪な事態をヒッキー先生は僕の耳元で呟いた。

僕が返事を何も返す事ができず、固まっているとヒッキー先生は続けて話した。
(;-_-)「事故の時、頭を強打していたんだ、それで記憶がなくなってしまったんだ…」

いや、話しているというよりは、呟いていると言うのが正しかった。

(;'A`)「…。」
彼女の体のあちらこちらに痛々しく巻いてある包帯に目を向けた。
包帯は主に頭に巻かれている。

(;-_-)「外傷は少ない方だったんだけど…」

僕の心を読んだかのようにヒッキー先生が呟いた。

('A`)「貞子?僕は貞子の彼氏のドクオだよ?」

ギュッと、彼女の手を強く握った。

川д川「そう、だったんですか」

過去形で言われ、今までの僕と彼女の全てが否定されたかのような錯覚を覚えた。


(#'A`)「そうだったんじゃい!そうなんだよ!貞子!」

僕は彼女が僕の事を忘れてしまったという事にショックを隠せず、大声で彼女を怒鳴った。

バカな奴だ、彼女が一番辛いのに。

自分がまるで悲劇のヒロインにでもなったかのような心情だった。


川;д川「ごめ…、んなさい…」

彼女は泣き出し、僕に謝った。

ヒッキー先生が必死に彼女を泣き止まさせようとしているのを、僕は呆然と見つめていることしか出来なかった。


僕とヒッキー先生は貞子が泣き止んだ後、部屋をでて病院の屋上に行った。

('A`)「先生、貞子の記憶は戻るんですか?」

(;-_-)「…。」

しかしヒッキー先生は口を開けることもしなかった。

('A`)「先生、どんな残酷な答えしか返せないとしても、教えてください。」

ヒッキー先生は大きくため息をついた。

(;-_-)「正直わからない…。
もしかしたら、明日思い出すかもしれないし、もう二度と思い出さないかもしれない。」

('A`)「そう、ですか。」

屋上から見た空には、雨が降るか降らないか微妙な雲が漂っていた。

それはまるで、彼女の未来を暗示するかのような色だった…。


('A`)「…。」

家に帰ると、僕は本棚からある本を取り出した。

それは彼女が記憶を失う前に大好きだった本だ。

それをカバンの中に詰め、僕はご飯も食べずにベッドに入った。


次の日も、病院へと足を運んだ。

('A`)「体調はどうだい?」
川д川「まぁまぁですよ」

(-_-)「ケガはそんな深くは無いしね。」

軽いやり取りをしながら、僕は昨日カバンに入れた本を取り出した。



('A`)「これ、貞子にあげるよ」

(;-_-)「え、それあげんの?!」

ヒッキー先生は僕が取り出した本を見て、目を丸くした。

('A`)「いけませんか?たぶん、入院中はこれ一冊で乗り切れるかと。」

僕が彼女に持ってきた本は、『聖書』だった。

(;-_-)「いや、まぁ、退院した後でも暫く他の本いらないよね、これ。」

('A`)「お徳でしょう。」
はい、と言って僕は彼女の膝に聖書をのせた。


川д川「いいんですか?もらっちゃって」

('A`)「いいんだよ、昨日怒鳴っちゃったお詫びだし。」

彼女は僕が昨日怒鳴ったにも関わらず、普通に接してくれていた。

川д川「あの事ですか、別に気にしなくて良いですよ。
あんなに感情を顕わにするほど‘前’の私を愛してくれていたって分かりましたし。」

‘前’の私。

彼女のその言葉が僕に昔の事を思い出させた。


****
それは学校の図書室。

彼女が図書室の本を全て読み終わった時だった。

川д川「ドクオ君、何か面白い本ないかな。」

('A`)「聖書。」

川д川「即答だね、それって心のバイブル的な感じ?」

('A`)「まぁ、心のバイブルでもあるけど。本当の聖書。」

川д川「面白いの?」

('A`)「今あるよ、読む?」
(;A`)
自分の目から一筋の涙が流れた。

急いで洋服の袖でそれを拭った。

(-_-)「ドクオくん…、そろそろ行こっか。」

ヒッキー先生は、僕の肩をやさしくたたいた。


僕がここに居るのが辛かったのがわかったのだろう。

('A`)「…はい、じゃあな、貞子。」

川д川「…」

彼女は既に聖書を開き、読書モードになっていた。

昔から、こういうときの彼女は何を言ったって無駄だった。


その時、
あぁ、彼女は記憶を失ったとしても彼女で、別人になった訳ではない、と気付いた。

彼女は、僕が愛した彼女はちゃんとここにいる、と。



('A`)バベルの塔のようです。川д川 第二話おわり

前へ  戻る

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。