('A`)ドクオがジャズバンドを組むようです 第四コーラス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(;゚ω゚)「ちょwwやめっ、やめるおっ!」

ξ#゚⊿゚)ξ


ブーンの首は金髪少女の手でがっちり絞められていた
ああ、少しうらやましいな、とドクオは思った

ドクオは生粋のドMだった

第4コーラス「ジャズピアニスト」

(;゚ω゚)「ま、まじで、きまっ、てる、・・お、ドク・・・オ」

('A`)「・・はっ!」


(;'A`)「お、おい絞まってるって!やめろ!」

ドクオは金髪少女の腕をつかんで引き離した・・・


  ・・つもりが、はずみで金髪少女の小ぶりな胸をつかんでしまった


ξ;゚⊿゚)ξ「!!」

(*'A`)「あ、やわらk」


ξ#゚⊿゚)ξ


ゴッ、と鈍い音が頭の中に響いてドクオの視界が暗転した


「dクオ・・・」

「・・ドクオ!」



('A`)「はっ」


あれ、何をしてたんだったか
確かブーンとサックス買ってから練習スタジオきて
そしたら金髪少女が来て、おっぱいを触って、え、あれ?


ξ゚⊿゚)ξ


('A`)



(;'A`)「ひいっ!」

(;'A`)「こっ、殺さないで!」

(;^ω^)「落ち着けドクオ、殺されはしないお」

ξ;゚⊿゚)ξ「あ、あの」

ξ;゚⊿゚)ξ「さっきは、その」

ξ;゚⊿゚)ξ「怒りで、やりすぎちゃって・・その」


ξ//⊿/)ξ「ごめんなさい・・・」



金髪暴力少女―――ツンと名乗った彼女は
隣の部屋でピアノを練習していたそうだ


そしたら奇声とやかましいサックス、やかましいドラムが聴こえてきて
自分の練習の邪魔で仕方なかったそうだ


ドクオが気絶してるあいだにブーンが言った

( ^ω^)「それって防音設備が整ってないこのスタジオが悪いんじゃね?店長に文句言えお」


という言葉にハッとさせられ謝罪したとのことだ


ξ;゚⊿゚)ξ「あの、ほんとにごめんなさい」

('A`)「ああ、大丈夫だから・・・いいよ」


(*'A`)(はじめて女の子のおっぱい触っちゃったし・・・あとからブーンに自慢しよww)


(;^ω^)「なに赤くなってんだお?キモいお・・」



(;'A`)「い、いや。それより、まぁこんなだし、そろそろ帰るか」

ξ゚⊿゚)ξ「待って、アンタたち・・・」


ξ゚⊿゚)ξ「ジャズやってるの?」

('A`)「そうだけど」


ξ゚⊿゚)ξ「やっぱり!サックスあるからもしかしてと思ったら」

ξ゚⊿゚)ξ「あたしもジャズやってるの。よかったらセッションしてみない?」

('A`)「セッション?」

( ^ω^)「一緒に曲やることだお。ジャズはアドリブソロがメインだからセッションしやすいんだお」

('A`)「そ、そうなのか。でもツンさん生憎俺らは超初心者なんだ・・・楽器もさっき買ってきたばっかで」


ξ゚⊿゚)ξ「なんだ、そうだったの。なら無理ね」


( ^ω^)「・・・」



( ^ω^)「ツンさん、セッション誘うってことはそこそこジャズ弾けるのかお?」


ξ゚⊿゚)ξ「ま、自慢じゃないけどかなり上手いわね」
(;^ω^)「はっきり言いやがったお・・・」


ξ゚⊿゚)ξ「一応女子高生ジャズピアニストですから」

('A`)「ま、まじか」


( ^ω^)「しかし、これから先ツンさんみたいな指導者がいると頼もしいお!ドクオ!」

('A`)「ああ」



('A`)「ツンさん!俺たちにジャズを教えてくれないか?」


ξ;゚⊿゚)ξ「え、あたしが?」

('A`)「ああ、頼む!」

ξ//⊿/)ξ「ま、まぁあたしでよかったら・・教えてやっても・・・いい・・けど」


('A`)「おお!ありがたい!」
( ^ω^)「やったお!ドクオ!」

ξ゚⊿゚)ξ「まぁ教えるけど、アンタたち曲はなにが出来るの?Fブルースなんかは大丈夫?」


('A`)・・・。( ^ω^)・・・。


ξ゚⊿゚)ξ・・・。



ξ゚⊿゚)ξ「アンタたちほんとに初心者なのね・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「ま、いいわ。とりあえず1曲弾いてみせるから」


♪ジャッジャーン!
♪チャララ~ン


(;^ω^)「め、めちゃくちゃうまいお」

(;'A`)「か、かっけえ・・・!」

ξ゚⊿゚)ξ「ふぅ、今の曲はNow's The Timeていうの」

ξ゚⊿゚)ξ「テーマも簡単なFのブルースだからまずはこれをやってみなさい!」


('A`)( ^ω^)「サー!イエッサー!」


ξ゚⊿゚)ξ「返事はいいわね」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃ、とりあえずこれあたしの名刺だから。練習して出来てきたら連絡ちょうだい」


――――その夜

('A`)あれがジャズかー

('A`)生で聴くとやっぱ迫力あるもんだな・・・



Prrrr♪

('A`)「お、電話か・・って!ツン!?」

(*'A`)「な、なんでこんな夜に?ま、まさか今から抱いてとかめちゃくちゃにしてとかハァハァ」


ピッ

(*'A`)「は、はい、もしもし」

ξ゚⊿゚)ξ「もしもしードクオ・・だったよね、名前」

(*'A`)「あ、はい」

ξ゚⊿゚)ξ「アンタあさっての日曜あいてる?6時から」

(*'A`)(なっ!?せ、積極的すぎる!まさかもうデートなんて!)

(*'A`)「あ、あいてます!予定スッカスカです!」

ξ゚⊿゚)ξ「だろーねー暇人ぽいもんね」

ξ゚⊿゚)ξ「とにかく時間あるなら6時に駅前で待ち合わせね。それじゃ」
ガチャ、ツーツー



('A`)「」


('A`)「お」



(*'∀`)「おおおおっ・・!!!!」

(*'∀`)「ツンさんとデートおおおっ!!!!」


悪いなブーン、僕の勝ちだ

(*'A`)「に、日曜だよな。と、とりあえずしまむら以外の服を」


浮かれに浮かれてる、しまむらードクオであった


つづく


前へ  戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。