('A`)が入山したら案の定衆道だらけだったようです その17


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

('A`)「そんなふうに……繋がるのか……」

( ^ω^)「えっ、でも最近は僕ともよく一緒にいるお?」

(´・ω・`)「それは単に蓬莱和尚が毒念さまのそばにいるというだけでしょう」

( ^ω^)ショボーン

('A`)「でも椎伊は擬古さん派だぞ? 擬古さんには」

(´・ω・`)「あれは子どもじみた憧憬に過ぎません。接点は見受けられない」

(´・ω・`)「その椎伊が毒念さまにだけ心を開いた」

(´・ω・`)「これは一大事でございます」

('A`)「どういうこった……」

(´・ω・`)「ご覧の通り椎伊は甚だしく可憐。しかしまだ誰にも穢されていない」

(´・ω・`)「初夜を狙う雲水が非常に多いのです」

(´・ω・`)「寺院はあなたたちの見知らぬところで緊張状態を呈していました」

(´・ω・`)「ある意味では、派閥間の争いや痴情の交錯よりも激しく」

(´・ω・`)「凄まじき『歪み』が生じておったのですよ」

('A`)「お、俺が……歪みの原因になってた……?」

('A`)「し、椎伊」

('A`)「お前は気づいてたのか?」

(*゚ー゚)「わ、私にもよく分かりません!」

(*゚ー゚)「ただ……毒念様の近くだけは、いても嫌なことが連想させられなかったんです」

(*゚ー゚)「だから研修を終えた後もお供していた……」

(*゚ー゚)「それだけなのでございます」

(´・ω・`)「どこから見るか次第なのです」

(´・ω・`)「当事者の間では正常であっても、傍からは異常に映るのですぞ」

(´・ω・`)「何よりも……私が留守の合間に」

(´・ω・`)「擬古和尚と譲留和尚の伊陽を巡る争いが、衆前に発覚していたことが」

(´・ω・`)「本当に幸運でした」

(´・ω・`)「ここが計画の最終章に移行する最大の好機だと、悟りました」

(´・ω・`)「裂け目は既に走っていた」

(´・ω・`)「後は少し力を入れるだけでした」

('A`)「……」

/ ,' 3「……」

(´・ω・`)「以上にて……寺院殿堂計画の全段階が完了しました」

(´・ω・`)「ようやく、ようやくです!」

(´・ω・`)「私の計画が、具現化するのです!」

/ ,' 3「……一貫して皆が気にかけておるが……」

/ ,' 3「その計画とはなんなのじゃ? 全貌がまったく見えてこんぞ!」

(´・ω・`)「その前によろしいですか」

(´・ω・`)「まずは私にとって、禅とは如何なる思想かを述べましょう」

(´・ω・`)「私は中道――『開く』ことも『閉じる』ことも重要視しております」

(,,゚Д゚)「……」

( ゚∀゚)「……」

(´・ω・`)「開かねば閉じれず、閉じていなければ開けれず」

(´・ω・`)「そもそも自己とは外部との境界を含めて定まってはいないのです」

(´・ω・`)「見方次第で万華鏡のように姿形を変える」

(´・ω・`)「ですがそれは、我々が視点を移動させただけで、自己そのものは不変でございます」

( ・∀・)「……」

(´・ω・`)「自己は変容する、しかしながら根底は、そう易々と揺るがない」

(´・ω・`)「その自己を探索する長くそして短い旅」

(´・ω・`)「それが悟りへの道なのです」

(´・ω・`)「……さて、『開く』、『閉じる』と申し上げましたが」

(´・ω・`)「私はこれに、あるひとつの解釈を加えましてな」

(´・ω・`)「開くということは広げるということ」

(´・ω・`)「閉じるということは埋めるということ」

(´・ω・`)「二つの行動が交わるというのは、どのような瞬間か。これを考えました」

('A`)「まさかとは思うが……」

(´・ω・`)「そう」

(´・ω・`)「挿入行為ですね」

(´・ω・`)「禅の神髄とは性交にあり!」

(´・ω・`)「だが寺院は女人禁制」

(´・ω・`)「これすなわち衆道こそが大悟への常道」

('A`)「頭おかしいだろお前」

(´・ω・`)「私はここに終着したのです」

/ ,' 3「本当にお前は大うつけじゃ…・…」

(´・ω・`)「そこで私は、すべての僧侶を悟りを得られるよう」

(´・ω・`)「全員が揃って衆道に耽れる空間を用意することにしたのです」

(´・ω・`)「まさしく肉欲の殿堂……」

(´・ω・`)「寺院殿堂計画」

('A`)「……くだらないけど……」

( ^ω^)「めちゃくちゃ……恐ろしいお……」

('A`)「この坊主は……本気も本気だからな……」

( ´_ゝ`)「では、俺たち六知事の秘密を暴露した理由はなんだ?」

(,,゚Д゚)「そうだ、説明がつかぬぞ」

(´・ω・`)「語ったであろう。『柱を崩壊させる』と」

(´・ω・`)「六知事という柱によって保たれていた、六方陣の魔力を解いたのです」

( ・∀・)「僕を一番後ろに回したのは……」

(´・ω・`)「茂羅和尚の秘密は、私の秘密でもある」

(´・ω・`)「つまり、茂羅和尚の柱を壊すということは、私の柱も壊すことと同義」

(´・ω・`)「結界の中心に陣取る私という主柱も、最終的に破壊したのです」

( ゚∀゚)「それを解いて……どうする……?」

(´・ω・`)「空間を――また閉ざすのです」

(´・ω・`)「『歪み』を消し去り、計画を始める元の状態に戻すのですよ」

('A`)「じゃあなんだ、この計画は!」

(´・ω・`)「ふふふ……そう!」

(´・ω・`)「破壊と、そして再生によって完成するのです!」

('A`)「なんでだ、なんのためにわざわざ」

('A`)「第一衆道に戦根するための施設じゃなかったのか!」

(´・ω・`)「少々違います。愛欲の殿堂には衆道に携わらない者は不要なのです」

(´・ω・`)「そのためには贋物を取り除き、本物を見分ける必要がございます」

(´・ω・`)「同性愛推奨環境は失われた」

(´・ω・`)「それでもまだ衆道を捨てれぬ者を、私はこの寺に残したいのです」

(´・ω・`)「今宵より毘譜寺は再誕いたしました」

(´・ω・`)「賛同できぬ者は去りなさい」

(´・ω・`)「私は止めません。当面の生活資金も口座に振り込んでおきます」

('A`)「おいなんかさらっと流したけど、なんで口座番号を知っている」

( ^ω^)「千里眼……」

(´・ω・`)「ですが、残留すれば僧を抱き続けることが出来ます」

(´・ω・`)「寺の外ではそうそう経験できることではありませぬ」

(´・ω・`)「ちょうど今宵は満月……よい夜になりますよ」

('A`)「馬鹿か、ほとんどが出ていくよ」

(´・ω・`)「果たしてそうであろうか?」

(´・ω・`)「擬古和尚、譲留和尚」

(´・ω・`)「あなたたちはまだ、伊陽を愛しておられますか?」

(,,゚Д゚)「……」

( ゚∀゚)「……」

('A`)「この流れだと、それ無言の肯定じゃないですか!」

(´・ω・`)「そして弟蛇和尚」

(´・ω・`)「あなたは辱められた兄蛇和尚のために憤ることが出来た」

(´・ω・`)「そんなあなたならば、兄蛇和尚の気持ちに応えられるのではありませんか?」

( ´_ゝ`)「……」

(´<_` )「……」

('A`)「見つめ合わないでください!」

(´・ω・`)「他の者もそうです」

(´・ω・`)「好きにしなされ。強制はいたしませぬ」

(´・ω・`)「自己を見つめ直すいい機会です」

(´・ω・`)「そして答えを出しなさい」

ザワ……ザワ……

('A`)「空気が不穏なんですが……」

( ^ω^)「ド、ドクオ、今のうちに逃走経路を探しておいたほうがいいお」

(*゚ー゚)「始まりそうです!」

(´・ω・`)「決断の時です。それでは――いざ」


(´・ω・`)「開眼!」

(`・ω・´)「うおおおおおおおおおおおおお!!!!」

( ФωФ)「ぬおおおおっほっほおおおおおおお!!!!」

('A`)「早すぎだろあいつら!」

( ^ω^)「僕らも早いとこ逃げるお!」

( ^ω^)「相手が見つからなかった奴に強引に引きずりこまれかねないお!」

('A`)「それは恐ろしすぎる……」

( ・∀・)「こっちだ、二人とも!」

/ ,' 3「急いで来い!」

('A`)「茂羅和尚! 荒巻和尚!」

( ・∀・)「もう和尚じゃない! 僕らも寺を出るんだ!」

( ・∀・)「こんなこともあろうかと」

( ・∀・)「僧堂の管理を任されている監寺という立場を利用して」

( ・∀・)「こっそり専門業者を呼んで隠し通路を作っておいたのさ!」

('A`)「さすがは茂羅さん! できる男!」

/ ,' 3「しかし破門するのは……わしらだけみたいじゃ」

( ^ω^)「こんなに多くの僧が残るのかお……」

/ ,' 3「わしは……このような乱れた寺に身を置いておったのか……」

( ・∀・)「行こう、こんな場所に長居なんてしてられない」

('A`)「いや、ちょっと待ってください! まだ一人!」

('A`)「椎伊! お前も早くこっちにこい!」

前へ  戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。