('A`)ドクオがジャズバンドを組むようです 第十三コーラス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――1ヶ月がたった

あれ以来ドクオはジャズをやめた
サックスは部屋の片隅に追いやり、バンド活動にも顔を出さなかった

3人・・・特にブーンからは頻繁にメールや電話がきたが
全て無視していた

たまに大学で遭遇しても、俺は避けるようにその場を離れた


('A`)「バイトでもするかなー」

風はだんだんと秋の気配を運んできていた


第13コーラス『ふたつの想い』

――――VIP大学多目的室

ξ゚⊿゚)ξ「・・・今日も、ドクオ来なかったわね」
(; ω )「毎日電話してるけど、でてくれないお」
(´・ω・`)「まあ、そうだろうね・・・」
(; ω )「このまま・・・もう来なくなるんだろうかお・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・・」

(´・ω・`)「・・今はそれより目先の本番を意識しなきゃ」
(´・ω・`)「VIP大学の学園祭まであと1ヶ月だよ」
ξ゚⊿゚)ξ「あたしも音楽の仕事や学校あるから頻繁には合わせ出来ないしね」
(´・ω・`)「そうだよ、だからブーン。僕らがしっかりしてピアノトリオでも完成した演奏にしなきゃ」
(; ω )「わかってるお・・・」


―――――帰り道
( ^ω^)テクテク
ξ゚⊿゚)ξ

( ^ω^)「ツン、じゃあここまでだお」
ξ゚⊿゚)ξ「また・・・ドクオのとこに?」
(;^ω^)「そうだお。・・・たぶん話聞いてもらえないけどいくお」
ξ゚⊿゚)ξ「そっか・・・ねぇ、ブーンやっぱりあたしも」
( ^ω^)「ツンは一緒に来ないほうがいいって言ったお?」
ξ゚⊿゚)ξ「うん・・・」
( ^ω^)「まかせるお!またきっと前みたいに馬鹿やれる日がくるお!それじゃまた明日だお!」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン・・・」

( ^ω^)ノ∥コンコン
(;^ω^)「ドクオー!俺だお!」
(;^ω^)「お前に直接会って謝りたいんだお・・・」
(;^ω^)「話だけでも、してくれないかお?」

「・・・・・・」

(;^ω^)「・・・毎日訪ねて悪いと思ってるお・・じゃあ、帰るお」

('A`)「・・・・」

―――――ブーンは
次の日も、その次の日もドクオのアパートを訪ねてきた
もう1ヶ月以上は毎日夕方になると訪ねてきていた


(;^ω^)「今日も・・・訪ねて申し訳なかったお・・・帰るお」

('A`)(いいんだよ・・・もう・・・)
('A`)(俺はジャズやめたんだよ)

さらに2週間がたった
かつてのドクオバンドは、きたる学園祭ステージに向けて練習を重ねていた

( ^ω^)「ふー、じゃ俺はお先に!」バタン!

(´・ω・`)「・・・」
(´・ω・`)「ツン、ブーンはまだ」
ξ゚⊿゚)ξ「うん、毎日欠かさず行ってるわ・・・ドクオの家に」
(´・ω・`)「そっか・・・」

―――――――
(;^ω^)「ハァッ、ハァッ・・」タッタッタ
(;^ω^)「大丈夫だお・・・俺はドクオに真剣に謝るお」
(;^ω^)「あのとき軽率な発言して傷つけたこと」
(;^ω^)「裏切って悪かったって・・・」タッタッタ
――――――
(;^ω^)「ふー」
( ^ω^)「ドクオー毎日悪いお!」
( ^ω^)「もし、よければ話だけでm」

ガチャ・・・

( ^ω^)「!」

キィ・・・

('A`)

(;^ω^)「ドクオ!」
('A`)「・・・入れよ」

ドクオの部屋は荒れていた
散らかったビールの空き缶とカップ麺の器
脱ぎ散らかした衣服

カチッ、シュボ・・・

('A`)y-~「・・・」
(;^ω^)「・・・」

ブーンはドクオの前に土下座した

(; ω )「ドクオ!すまなかったお!」
(; ω )「ドクオの立場になって考えたら・・・確かに裏切ったって言われても仕方ないお」
(; ω )「それに・・・ドクオの気持ちも考えず軽率な発言して・・・」
(; ω )「本当に悪かったお!・・許してくれお・・・」

ふー、っとドクオは煙を吐き出した

('A`)y-~「ああ、わかった。許すよ」
(;^ω^)「えっ、本当・・・かお?」

('A`)y-~「許すってんだよ」
('A`)y-~「そのかわりなブーン」
('A`)y-~「ツンと・・・別れろ」

(;^ω^)「そ、それは・・・」

('A`)y-~「出来ないか?そうだろうな」
(; ω )「・・・ッ」
('A`)y-~「お前は口では友達だのなんだの語ってるが」
('A`)y-~「実際は自分に被害がない安全圏からモノ言ってるだけだ」
(; ω )「・・・・」
(#'A`)y-~「自分は何も失わず、人には偉そうに・・・何が謝罪だ」
(#'A`)y-~「帰れ!もうかかわりたくねーんだよ!!」

(; ω )「俺が・・・・・のかお・・・?」

(#'A`)y-~「あぁ?」
(#^ω^)「俺がツンを好きになったことが!そんなにいけないのかお!?」
(#'A`)「なッ・・・!」

(#^ω^)「確かにドクオの気持ちを先に聞いてしまったお・・・」
(#^ω^)「でも・・・だからと言って俺にツンを愛する権利が剥奪されたのかお!?」
(#^ω^)「恋は先出し後出しで決まるもんなのかお!?」

(;#'A`)「・・・ッ!!」
(#^ω^)「俺だって・・・ツンが好きになっちまったんだお!それを邪魔する権利がどこn」

ドガッ!!!
(`Д;(#)「ぐっ・・!」
(#'A`)「はぁーっ、はぁーっ」

(#`ω(#)「ドクオおおっ!!」

バキッ!!!

(#)A`;)「が・・・っ」

(#`ω(#)「はぁーっ・・・はぁーっ」

(#)A )「・・・クッ」


(#)A`)「出ていきやがれ!クソやろう!」

(#`ω(#)「言われなくても出てくお!」
(#`ω(#)「もう・・・会うこともないお」


バタンッ

(#)A`)「はぁ、はぁ・・・」
(#)A`)「・・・クソッ!」

――――――――
(#´ω(#)「痛・・・・ダメだお」
(#´ω(#)「完全に・・・」
(#;ω(#)「ドクオと終わっちまったお・・・」

ξ;゚⊿゚)ξ「えっ・・・!あれ・・・ブーン!?」

ξ;゚⊿゚)ξ「どうしたのっ!?血が・・待ってて!」
ブーンを追ってきたのか、交差点の向こうにはツンがいた

(#´ω(#)「ツン・・・」

(;#゚ω(#)「・・!!!」
(;#゚ω(#)「バ・・・危ないお!戻れ!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「えっ!」

ツンのいた場所には1台の車が猛スピードで突っ込んできていた

ξ;゚⊿゚)ξ「きゃあああ!!」
(;#゚ω(#)「ツン!!」
(バカだお・・・赤信号だお・・・!よく見ろお・・・)

恐怖で動けないツンのかわりに咄嗟にブーンは飛び込みツンを思いきりはじきとばし

そして

ドグシャアアッ!!!!!
ξ;゚⊿゚)ξ「ブーン!!!」

つづく

前へ  戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。