('A`)ドクオがジャズバンドを組むようです 第十四コーラス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「うおっ、なんだ!」「事故よ事故!」「おい!一人ひかれたんじゃねえか!?」

ξ;゚⊿゚)ξ「あ・・・あ・・」

道路には黒いブレーキ痕が刻まれていた
車はガードレールをへこませ停止していた

そして

ブーンは・・・うつ伏せで倒れていた

(#) ω)#)「」

ξ;゚⊿゚)ξ「や、やだ・・・嘘でしょ・・ブーン!!」


第14コーラス『ずっと友達』

(; A )「あー、クソ・・・痛え・・・」
(;'A`)「口切れてるな・・・」
(;'A`)「ブーンのクソ野郎・・・」

でも・・・本当にあれでよかったのか?
あいつとこのまま終わりで・・・・

(; A )「・・・・」

本当はわかっていた
ブーンの人柄の良さも
恋愛に先出し後出しはないって言ったあの理屈も
俺だけが・・・勝手に嫉妬に狂って・・・・
でも・・・なら、どうにか出来たのかよ・・・!
俺の気持ちは・・・わがままだったのかよ・・・・!
(;'A`)y-~「・・・・」

ドンドンドンッ!
「おい!ドクオ!いるのか!?」
('A`)「!!」
(;'A`)「は・・・?」
(;´・ω・`)「よかった!いてくれて!」
(;´・ω・`)「ブーンが交通事故に巻き込まれて・・・!とにかくこれから病院にいくんだ!」
(;'A`)「なっ・・・!」

ガチャ

(;´・ω・`)「ドクオ!急いで行かなきゃ・・・!・・その傷・・・!?」
(;'A`)「ショボン・・・マジなんだよな!?」
(;'A`)「は、はやく行こう!」

―――市内VIP病院

(;'A`)「ハァッ・・・ハァッ・・!」タッタッタ

ブーン・・・!
ブーン・・・・・!!

ちくしょう!なんでこんなタイミングで・・・・!

(;´・ω・`)「ツンから・・!404号室に・・いるって・・・!」タッタッタ


【404号室 内藤】

バタンッ!!

('A`)「ハァッ・・・ハァッ・・・」

(メ´ω`)

(;'A`)「おい・・・ブーン・・・」
病室のベッドにはブーンが寝かされていた

(;'A`)「なぁ・・・」
(;'A`)「ブーンよぉ・・・?」

(メ´ω`)

(;'A`)「悪かったよ・・・さっきは・・・殴ったりして・・・」
( ;A;)「俺が・・・グッ・・悪かったから・・・さぁ」
( ;A;)「今度は・・・次は・・俺が、土下座するからさぁ・・・?」

(メ´ω`)

( TAT)「うあああッ・・・・」
( TAT)「わかってたんだよぉ!俺は・・・!」
( TAT)「お前が呆れるくらい馬鹿ないいヤツで・・・」
( TAT)「俺にだって・・えぐ、友達になっでぐれで・・・!」

( TAT)「ツンがそんなお前に惹かれたのも・・わがっで・・グスッ・・たんだよぉ・・・」
( TAT)「ごめんなブーン!ごめんな・・」
( TAT)「友達だがらっ・・祝福しなきゃ・・・なのに」
( TAT)「俺・・!嫉妬して・・・えっく、なんで・・お前」
( TAT)「死ぬん・・・だよぉ・・・」

(;´・ω・`)「ハァ・・・ハァ・・・」
(;´・ω・`)「ウソ・・・だろ・・・ブーン・・?」

ξ;゚⊿゚)ξ「あ、アンタたち・・・来てたの」

( TAT)「あああっ・・うわああっ」
(´;ω;)「ブーン・・・!」

ξ;゚⊿゚)ξ「・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「あ、アンタらさぁ」
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン・・・ただの打撲、だからね・・・?」


( TAT)「うああ・・、・・・えっ?」
(´;ω;)「えっ」

(;メ´ω`)「・・・」

( ;A;)「え、いや・・グスッ・・・は?」

ξ゚⊿゚)ξ「だから・・・背中の打撲だけで」

ガチャ

/ ,' 3「失礼するぞーい」

ξ゚⊿゚)ξ「先生」

/ ,' 3「内藤君は・・えー、背中の軽い打撲だけじゃな」
/ ,' 3「ま、入院の必要もないじゃろ」

(;'A`)(;´・ω・`)「!?」

/ ,' 3「ま、起きたら身支度して帰ってかまわんよ。ではお大事に」

(;'A`)「・・・」
(;´・ω・`)「・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン、アンタ起きてんでしょ?」

(;メ´ω`)「Zzz・・」

('A`;)・・・・チラッ
(;メ´ω^)・・・

('A`)「・・・・」
('A`)「殺す・・・」
(;'A`)「・・コイツは殺さなきゃダメだ!」

(;メ^ω^)「わーっ!ま、待つお!せっかく九死に一生を得たのに!!」
ツンの話では・・・

ツンを助けるために迫りくる車に飛び込んだブーンだが
奇跡的に車が避けられたのでミラーが背中をかすめていっただけだったとか・・・

(;´・ω・`)「で、でもツンが電話でブーンが死んだって!」
ξ;゚⊿゚)ξ「あ・・あたしも動揺してて・・・本当に死んだかと思ったのよ!」
(;´・ω・`)「なんだよ・・・」

(;メ^ω^)「いやー、マジでちんこ縮こまったお・・!」
('A`)「バカ野郎っ!てめー・・・」
('A`)「俺は・・・」
(;A;)「本当にお前が死んだかと・・・」

(;メ^ω^)「ドクオ・・・」
(メ^ω^)「さっきのお前の声・・・全部聞いてたお」
(メ^ω^)「ありがとう・・・そして」
(メ^ω^)「ごめん・・だお」

(;A;)「それは・・・」
(;A;)「俺の台詞だよ、クソッタレ・・・」

ξつ⊿ )ξ「・・・グスッ」
(´・ω・`)「ブーンには悪いけど・・・一件落着だね」

(メ^ω^)「よいしょっと!」ガバッ
(メ^ω^)「心配かけて悪かったお!みんなで帰るお!」


――――――――
('A`)「ったく・・なんかしてやられた気分だぜ」
(;メ^ω^)「ちょww俺は死にかけたんだおwww」
ξ゚⊿゚)ξ「アハハ!」

('A`)「へっ、どーだか・・・ん?あれ・・」ガサゴソ
(メ^ω^)「・・・」
(メ^ω^)つb「ライターだお?」

(;'A`)「お、ああ悪いな」

カチ、シュボッ

('A`)y-~「ふぅー」

夕焼けが4人を照らしていた
今日の煙草はうまい、とドクオは思った

最終話へ、つづく

前へ  戻る  次へ

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。