('A`)005005のようです


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者:◆Ymtt.Y6YOc氏

0、0、5。

0、0、5。

誰もが知ってる知らないコール。

0、0、5。

0、0、5。

誰もが知ってる知らないコール。

0、0、5。

0、0、5。

さあ、呼び出そう。



('A`)005005のようです




その番号を僕が知ったのは、ほんの偶然。
たまたま、何気なく、意図せずして。
それを知ったのであった。

('A`)「何の番号だ、これ」

六つの数字が規則的に並ぶ。
電話番号にしては短い、よく分からない羅列。

('A`)「005、005。か」

ぽんと、口に出してみても何も起きない。
意味の無いもの。

この時は、少なくともそう思っていた。

('A`)「ん、まあいいか」

特に気にも留めずに、ただ何と無くぼんやりと。
意識の表層の片隅に、置いておく。

('A`)「さて、これからどうするかねえ」

言い忘れていたが、俺は今。
絶賛家出中なのであった。

('A`)「今日も公園で寝泊りかねえ」

理由なんて無くて、ただ漠然と。
ちょっと家出してみよう、と。
今時の小学生も思いつかないような理由で。
2週間程、家出中なのだ。

2週間、家には戻っていない。
けれど、未だに。
捜索願いが出された雰囲気は無い。
怠惰な警察官は、薄汚れた学生なんか興味が無い顔をして。
どうでもいい視線を、こちらにやりながら通り過ぎてゆく。

('A`)「そんなもんなのかな」

かーちゃんは、いない。
父ちゃんは、滅多に帰ってこない。

('A`)「そもそも、気付いてないのか」

自嘲的な笑みがこぼれる。
向かいの幼女が悲鳴を上げて、逃げた。

('A`)「ウツダ」

死のう、まではいかない、適当な呟き。

('A`)「はあ・・・」

何をするのもだるい。
動きたくない。
呼吸すらも。

けれど。

('A`)「苦しいなあ」

流石に、息を意図的に長時間止めるのは難しい。
体が、死に向かうことを拒否している。

('A`)「なんで・・・」

生きたいのに、死にたい。
死にたいのに、生きたい。

逝きたいのに、死ねない。
死にたいのに、逝けない。

('A`)「・・・0」

無意識に、言葉が漏れた。
いつの日か知った、あの番号。

('A`)「・・・0」

最後まで、言い切れるだろうか。
何もかも、やる気の無い、この状態で。

('A`)「・・・5」

何の意味もないはずの番号。

('A`)「0・・・」

言ったら、何が変わるのか。
何も変わらないだろう。

('A`)「0・・・」

けれど。
何かが変わる気がして。
気のせいかも知れない。
これで、変わらなければ、確実に。
僕は折れる。
僕の何かが、折れる。

だけど。
この番号を言わなくても、そのうち。
僕は折れる。
なら、早いか遅いか。
それだけじゃないか。
なら、言ってしまおう。

('A`)「5・・・っ」

('A`)「・・・」

言っても何も変わらない
わかっていたさ0、0、5。

そろそろ死のうと思ったら
幼女が傍によってきた。

(*゚ー゚)「おじちゃん何をしてるの?」

('A`)「・・・」

見つめ合うこと約三秒。
家出なんては言えないよ。

(*゚ー゚)「何をしてるの?おじちゃん」

('A`)「・・・黄昏てたのさお嬢ちゃん
    君は一体何してる?」

(*゚ー゚)「待ってるんだ」

 ああ、僕だって待っている。
 二週間も待っている。
 探しに来ないよお父さん。

 そして彼女は何を待つ?
 それは聞いてもいいのかな?

(*゚ー゚)「待ってるんだ」

 困るんだ、困るんだ。
 そんな瞳で見られても

('A`)「・・・何を待っているんだい」

(*゚ー゚)「お母さん」

 0、0、5。0、0、5。

('A`)「・・・」

 そんな呟きから始まった。

 また、公園の横を警察が走り抜ける。
 今度は怪訝な目で見てる。
 人生はそんなものなのだろう。

('A`)「・・・いつから待ってるの?」

 親身になって聞いてあげた、答えは意外なものだった。

(*゚ー゚)グ~

('A`)「お腹すいてるの?」

(*゚ー゚)コクン

('A`)「ちょっと待ってな、今なんか食い物買ってきてやる」

 なんでこんなことをしてるんだろう。
 助ける余裕はないはずだ。

 むしろ誰か助けてよ。


 それでも放置はできなくて、セブンで肉まん買ったのさ

('A`)「はいよ」

(*゚ー゚)「ありがとう」

 微笑む彼女は可愛くて
 なぜだか僕まで救われた。

('A`)「早くお母さん帰ってくるといいね」

 そんな言葉を幼女に残し、足早に立ち去ったのさ。

('A`)「さて、これからどうするかねえ」

 犯罪者になるのが怖くて幼女から逃げたものの、
 特にすることがないのが現状だ。

('A`)「寝るところ探すか」

 寝るとこなんて見つからない。
 行くあてなんて見つからない。

 僕を探す人はいない。

 0、0、5。0、0、5。

( ^ω^)「ドクオ?ドクオじゃないかお?」

('A`)「ブーン?」

( ^ω^)「だおだお、突然休むから心配したお」

 ありがとうありがとう。
 お前は心配してくれたのか。

(*'A`)「ごめんごめん」

( ^ω^)「で、何してたんだお?」

('A`)「自分探しの旅、かな」

 旅といっても地元をだけど
 本当は自分探しじゃなくて、
 見つけたいのは探してくれる人だけど

( ^ω^)「え?」

('A`)「いや、自分探しの旅に」

( ^ω^ )

 その反応は何なんだ。
 いつもは怒るとこだけど
 今日は全く怒らない

 ありがとうありがとう
 心配してくれたのはブーンだけ

('A`)「じゃあ、そろそろ行くわ」

( ^ω^)「お?まだ続けるのかお?」

 続けるさ、続けるさ。
 あの人が探しに来てくれるまで

 いつまでだって続けるさ。

 きっと見つけてくれないけれど
 それでもずっと続けるさ

('A`)「またな」

( ^ω^ )「おいすー」

 あれからまたまた一週間。
 一人の旅は続いてる。

 そろそろ心が折れそうだ。

 そんな時には言ってみよう

('A`)「0、0、5。0、0、5。」

ξ゚⊿゚)ξ「あら?ドクオじゃない」

(;'A`)「げ」

ξ#゚⊿゚)ξ「はぁ?げっとは何よ?」

(;'A`)「いや、あまりにも予想外で」

 まさかまさかの展開だ。
 言わなきゃ良かった0、0、5。

ξ#゚⊿゚)ξ「は?ってか臭いんですけど」

(;'A`)「いや、実は……」

 そういやこいつもしたっけな
 家出を最近したっけな

ξ#゚⊿゚)ξ「……」

 事情を言ってもツンさんの
 怒った顔は変わらない。

ξ#゚⊿゚)ξ「……アホらし、帰るわよ」

 やっぱりこいつにゃわからない。
 俺の気持ちなんてわからない。

 ツンを拒否する片隅に
 そろそろ終わりにしようかと

 思いがちょっぴり浮かんだよ

('A`)「0、0、5。0、0、5。」

 気づけばツンの目の色は
 ちょっぴり赤くなっていて

ξ#゚⊿゚)ξ「早く帰るよ」

 気づけば平日お昼時
 ツンさん学校どうしたの?

 無理矢理家まで連れられて
 ノックもせずに帰ったら

爪'ー`)y‐「遅かったな」

 親父が笑顔で待っていた。

('A`)「0、0、5。0、0、5。」

 おしまい。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。