要注意事項


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビジネスライフ内で、止めておいた方がいい事例と、その理由

ただしこれらは、ユーザー数増加等の状況変化により変わる場合があります


  • 敵対ユーザーへの設定
相手の社員や店舗への攻撃を仕掛けるぞ、という姿勢を表現する事になります
ほぼ間違いなく同じ事やそれ以上の事をやり返されるので、その覚悟が無ければ設定しないほうが無難です

  • ブラックリストへの設定
今後一切、その相手からの言葉に耳を傾けない、という強行な姿勢を表現する事になります
事前に何らかの事情や対話といった理由が無ければ、間違いなく敵視されます

  • 商売を奪う(My店舗からの$マーク)
相手の客を奪う・・・までは良いけれど、相手に取れば敵対行為そのもの
さらに相手に追い返されると、自店舗の士気が減ってしまいます

  • PR活動(招待以外)
競合店舗があった場合、PR活動を行うと自店舗の士気・認知度が上昇すると同時に、競合店舗では減少します
通常であれば、やり返されてどっちも上下する不毛な争いに発展します
周辺に競合店舗が無ければ問題はありません

  • MAP端に店舗を建てる
どの区にも共通して、端から数輻射はMAP平均と比較して交通量がかなり落ちます
そのため、コンサルタントを使ってでもMAP端ではない場所に店舗を構えたいところ

  • 競合店舗を建てる
店舗と店舗の間が6輻射以内の場合、それが同業種だと互いに客を取り合う事になります
競合しているだけで(敵対的なPR等の行動を一切しなくても)双方の売り上げがかなり減る事になります
多少の損失は出るでしょうが、後から建てた人が大人しく撤退するのが良いでしょう

  • ヘッドハンティング
敵対店舗よりも仲が悪くなる事間違いないでしょう
今現在の東京取引所では争いにメリットは無いため、例え人材が欲しくても避けるのが無難だと思われます
ちなみに調査の段階で、対象の人材の所属企業にはメールで警告が届きます

  • 株式市場への参入
一度閉鎖され、28日にまた取引可能になるようですが・・・
UI情報/株を参照してもらえば理由が分かります

  • 社員の忠誠を10以下にする
部署を問わず全社員は、忠誠10を下回った瞬間に、自動的に退職します
敵対企業からの攻撃により忠誠度を下げられている場合、放置すると人材が軒並み消え去ってしまいます






















ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。