レベル別アドバイス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




企業レベル1

バフェット様がご指導して下さいますので、よそ事考えずに経営クエストをこなして行ってください
その過程で、企業レベルが2に達します

企業レベル2

企業レベル1の時と同じく、何も考えずに経営クエストをこなして行って下さい
その過程で、企業レベルが3に達します

ここまでは、数十分~数時間で達成できます

企業レベル3

経営クエストは36番まできっちり終わらせて下さい
チュートリアル的な作業が終わり、これからがやっと経営基盤を作る事になります

ここでするべき事は2つあります
まず1つ目は。会社組織の部門マネージャーをいち早く育てる事です
日常クエスト分の研鑽・トレーニング・温和コミュニケーションを終わらせたら、各部門マネージャーの体力が0になるまで育て上げましょう
部門マネージャーのステータスがALL100に成り次第、研修でレベル1から2へと上げ、部門そのもののレベルを3にあげましょう

2つ目は、銀行から最大限借金をし、C区に合計3店舗つまり経営クエストで1店舗ありますから、もう2店舗の追加をする事です
研修や店舗内装、PR等でコインを無駄遣いしなければ、必ず期日までに返済出来ます
またあまりお勧めは出来ませんが、A区やB区に追加店舗を建てたい場合、このC区3店舗が終わってからにしましょう

余った体力は、部門レベルを上げるために足りていなければ個人ステータスを上げる為に使い、コインを稼ぐために商品取引に消費しましょう

簡単に進展する事柄がレベルアップ条件ですので、上記を続けていれば企業レベル4が待っています

企業レベル4

初心者保護されているA~C区を飛び出し、やっと自由な本番に入ります

次の会社レベルになるためには会社組織の各部門のレベルアップが必要

部門マネージャーのステータス及びレベルが必要

部門マネージャーのみを集中的に育て続ける
という、企業レベル3の時と同じ育成方針は引き続き忘れないで下さい

まずは新しく行けるようになったD区に出店するのですが、必ずコンサルティングしましょう
コインが勿体無いと思うかもしれませんが、仮にコンサルティングをせずに出店を続け、1度でも競合してしまえば全ての出店にコンサルティングをした場合よりも、その損失は大きくなります

この時点でやるべき事はただ1つ
社員数が限界になるまで、ひたすらに店舗数の拡大を続けましょう
当然お金が足りないでしょうから、商工会の人に投資をしてもらうか、銀行から最大限まで借り入れましょう

部門マネージャー以外の育成は、収入が少ないこの時点ではまだ効率が悪いです
レベル1の店長+レベル0の営業社員というセットでどんどん店舗数を拡大するべきです

もう出店しても社員が足りない!という状況になったら、限界まで借りている債務を返済する事に集中しましょう
債務が落ち着いたところでやっと、社員教育の地盤が出来上がったと言えます

ここで注意点が出てきます
店舗数が著しく伸びてきたという事は、当然それに比例して税金や仕入れ額も著しく伸びています
税金1日前は現金を貯めておく、仕入れは量をチェックして必要時にコインがあるようにしておく等の、借金予防対策は考えておいてください
とはいいつつも、必要なその時々に借金し返済するという手は、ある程度の日収を超えれば非常に楽なので否定はしません

ここから少しずつ社員教育をしていく事になります
全ての部門社員・営業社員をレベル1に引き上げ、ステータスが上がった者からレベル2へとしていきましょう
コインに余裕が出てこれば、ステータスが足りてなくても研修して低確率でも引き上げるという荒技も可能です

部門マネージャーはすでに育て続けてるでしょうから、言及するまでもありませんね
部門マネージャーのステータスがMAXになり次第、研修をしてレベル2から3へと上げ、部門そのもののレベルを4にあげましょう

全ての部門をレベル4にし終えれば、晴れて企業レベル5への道が開かれます
店舗数の拡大は終わっているはずですから、特に心配する事なく、1日の収入の制限はクリアしているはずです

人によっては拡大しきる前に企業レベル5に行ける事もあります
その場合、共同PRや協力割り増し、経営指導割り増し等を、晴れの日に狙い撃てば収入制限を越えられるはずです

企業レベル5

ここからは成長が著しく鈍化しますから、気長に見守りましょう

まずやる事は、企業レベル4と変わりません
社員数が限界になるまで、借金をしてでも店舗数の拡大を急ぎましょう
企業レベル5の場合、晴天の日収が4M~6Mを超えるまでは拡大をし続けるべきです
拡大し切れば、企業レベル5の段階で豪雨でも日収6Mを超える企業も存在します

税金や仕入れに関する注意点に関しては、企業レベル4と同じです
収入の5割程は仕入れに、1割程は税金に、さらにそこから賃貸料と社員給料を引いた額が、初めて純粋な収益となります
文字にして表してみると意外と少ないですよね?
そろそろ週末の支払いも馬鹿にならない金額でしょうから、改めて注意してください

限界まで拡大し、債務も無くなれば今までとは比較にならない社員教育をする事になります
全ての社員を見直し、レベル3以上でスキル所持数0の社員は、即刻退社させるべきです
またせっかく雇った新人も、レベル2になった段階でスキルを1つも覚えていなければ、退社させるべきです
必要なのはレベル0~5までの間に2つ以上のスキルを所持した社員であり、それ以外は残念ながら今後必要とされる事はありません
雇う→研修→解雇が続きます
「日常クエストを鑑み、毎日一斉研修を20人する」等、自分で育成テンポを考えて少しずつ社員を整えていきましょう

それと並行して、店舗の人材配置も見直しましょう
配置社員の中で、一番レベルが高い社員を店長に据える事
可能な限り、配置社員を合計して5種のスキルが1つずつでも揃うようにする事
この2つです

また、余程研修しすぎて居なければ、コインの余裕が出て来ているはずです
店舗の質を上げるためにPRを、日常クエストを完了するために仕入れや命名を、パートナーや師匠と助け合い協力・テレビ電話を、賃貸料を少しでも軽減するために不動産を・・・
臨時宣伝・臨時命名・臨時協力・テレビ電話はコインで買う事が出来ますから、それらを視野に入れて余剰コインを有効活用していきましょう

工場や公益建物といった、自社に利益をもたらすモノに投資と考えてつぎ込むのも良いかも知れません

しかしながらに、後進企業への投資や商工会への寄付といった、手助けを忘れないであげて下さい

全ての部門マネージャーが最低でもスキルを1つ所持しており、全てのステータスが800以上になり、レベルを5に引き上げれば企業レベル6する事が出来ます


企業レベル6

ここからは、本格的に社員教育を行わなければ前進できなくなります

レベル7になる条件は、5部門のアシスタントの配置及び、日収を7,000,000コイン以上にすることです
後者の条件を整える方が楽なので、まずは店舗をE区に配置することから始めましょう
また、価格調整は全店舗50%に設定しましょう。店舗のレベル及び店舗マネージャーのレベルは3もあれば十分です
もちろん、ここでも1店舗ごとに出店の際はコンサルティングを行い、競合状態になることを予防して下さい
もしレベル6同士の社長がぶつかり合うと、不毛な争いになりますのでくれぐれももめごとは起こさないように・・・

また、そろそろ家賃の削減のために自店舗の土地を購入することをお勧めします
土地を購入した店舗は、賃料が一切かからなくなりますので、これだけでも随分大きいはずです
また、工場社員の定員数が50名増加し、100名になりますので、工場運営をされている方は社員の増員も可能です

部門社員については、アシスタントの用件を満たす社員ができるまで、ひたすら教育の日々が続きます
レベル3までアップさせて、2つスキルの無い社員は解雇するか、任期満了で契約を打ち切りましょう
アシスタントに任命する要件として、レベル2以上、各部門ごとに指定された2つのスキル(1つはスキルレベル2にする必要あり)
と、任命するのに必要な経験・能力・忠誠があります。社員レベルを上げすぎると、任命に必要なパラメータが
1レベル上がるごとに100以上上がってしまうので、できればレベル3以内で任命に持ち込めれば良いですね

このレベルを通過する難易度は、これまでの社員教育をまめにやってきたかで個人差が生じると思います。
うまくいけば、1日で通過もできるレベルだと思います。

それと、人材が必要だからと、ヘッドハンティングをけしかけるのはやめましょうね
所属商工会も巻き込んだ無駄な争いに発展してしまったら遅いですから・・・


企業レベル7

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。