※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリー

主人公ヴィンセントは、付き合って5年になる恋人がいる32歳の冴えない独身男。
落ちる夢を見て、すぐに目が覚めないと、本当に死んでしまう。
彼が暮らす街には「夢」についての奇怪な噂が飛び交い、それを証明するかのように怪死事件が続いていた…。
そんなある日、ヴィンセントの元に、突然恋人と同じ名前の見知らぬ美女「キャサリン」が現れる。
そして時を同じくしてヴィンセントは奇妙な悪夢にうなされ始める。
これは噂の「悪夢」なのか…?

 本作は,ちょっと大人向けの色っぽいシーンが話題となっているアクションアドベンチャーだ。
32歳の冴えない独身男ヴィンセントが暮らす街では,怪死事件が続いていた。そんなある日
ヴィンセントの元に見知らぬ美女キャサリンが現れ誘惑してくる。それと同時に,ヴィンセントは奇妙な悪夢を見るようになってしまう……。

 この悪夢が,怪死事件の原因となっているものなのか,ヴィンセントは死の運命から逃れられるのか
といったストーリーが展開する本作。悪夢からすぐに目覚めないと死んでしまうということのようなのだが果たして
どのようなストーリーになっているのだろうか。

アクションパートはその夢の中が舞台で,ヴィンセントは迫り来る怪物や崩れる足場から逃れつつ,塔のような概観の建物をひたすら上へと登っていくことになるのだ。
動画を見て分かるとおり,この塔は正方形のブロックが幾重にも積み重ねて作られたもののようで,ヴィンセントはこれをよじ登ったり動かしたりしながら
パズルを解くように進んでいく。
道すがら,羊の姿をしたキャラクター達が多数登場するが,実は彼らもヴィンセントと同様に夢へと迷い込んだ人間である
塔を登っていく過程で,ときにはこの羊達を蹴落として先へと進むといった状況も発生するようだ


 アクションの舞台となるのは,主人公ヴィンセントの「悪夢」の中。血だらけだったり,氷の中だったり,拷問器具だったりと
悪夢だけにあまり良い印象を持てないさまざまなステージで,高く積み上げられた足場をひたすら上へと上がっていくのだ。
アクションステージでは,登場する羊からの情報を頼りに進んでいくが,すべての羊が仲間ではなく
ヴィンセントの行く手を阻もうと足場を爆破したり,突き落とそうとしてきたりする羊もいるという
手に持った枕や道具を使って邪魔な羊を排除しながら,悪夢から脱出しよう。

さて,そんな本作のアドベンチャーパートでは,2人のキャサリンに迫られるヴィンセントの姿が生々しく描かれるようだ
公開されたばかりのPV第5弾では,いわゆる“修羅場”へと発展する様子などが分かる内容になっているので,さっそくチェックしておこう。



 見てお分かりのとおり,PS3版のパッケージとなっているのは見知らぬ美女キャサリン(Catherine)
ブロンドの髪に青い瞳,さらに空色のアイシャドウとほんのり頬にのったチークがチャーミングで
こんな女性に迫られたらほとんどの男性はイチコロではなかろうか。

 一方,Xbox 360版パッケージとなっているのはヴィンセントの恋人のキャサリン(Katherine)である。
黒縁眼鏡の奥に隠れた意志の強そうな茶色の瞳からは気の強そうな印象を受けるが,
目蓋を彩る薄ピンクのアイシャドウから可愛らしさも伝わってくるという絶妙のバランスだ。

 さて,あなたはどちらの“キャサリン”に惹かれる?


「キャサリン」,先着購入特典は“キャサリンサウンド”がぎゅっと詰まったサントラに決定

 アトラスは,同社が2011年2月17日に発売を予定しているアクションアドベンチャー
「キャサリン」(PlayStation 3/Xbox 360)の先着購入特典を,本日(10月29日)公開した。

 先着購入特典は,「ペルソナ」シリーズを始め,数多くのアトラス作品の楽曲を手がけるサウンドコンポーザー目黒将司氏が
自ら厳選したというキャサリンサウンドを,贅沢に詰め込んだサウンドトラックCDだ。