※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。






「「……………」」

あまりの事に二人とも言葉が出なかった。それほどまでに強烈過ぎた。
と同時に身近にいるのは理想像なんだと思った。


「みや」
「ちぃ」
「……お金持ちって分からないね」
「……何人の生徒が現実を見るだろうね」

釘を刺されていたけれどネタを探してしまうのは記事を書く者の性でしょう。
と興味を抑えられずに近付いたのが運の尽きだった。


「ねぇ、部長は?」
「何か察知して帰ったみたい。記者の勘ってやつじゃない?」

私達はまだまだということか。
何度説明しても自分の記事を書いてほしいと駄々をこねる人を尻目に溜息を吐いた。
それにしても……




ノノl;∂_∂'ル<部長と口喧嘩したらどっちが勝つかなぁ?
从;´∇`从<話が噛み合わなくて喧嘩にならないと思うもんに~保全






TOP