※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。






「「……………」」

あまりの事に二人とも言葉が出なかった。それほどまでに強烈過ぎた。
と同時に視線が斜め後ろに向けられた。


「熊井ちゃん」
「梨沙子」
「……負けだよね」
「……うん。完敗だね」
「ちょっと! 何の話してるのッ!」

まだ半日しか一緒にいないけれどここまでとは思わなかった。
ももも充分キャラが強いのにそれを凌ぐんだもん。
その噂の人は呑気に岡井さんとお喋りしているけど。





「私、可愛いねって言われたよ」
「私も格好いいって言われちゃった」
「「ももは言ってくれた事あったっけ?」」
「な、ないかも。って関係あるのッ!?」
「「大ありです」」

見事に重なった二人の声にももはがっくりと肩を落とした。
本当にももは弄り甲斐あるよね。
それにしても……




州;‘ -‘リ<私の方が可愛いの~も言ってた。
川;^∇^)||<あぁ、言ってた言ってた。
ル; ’ー’リ<そ、それはももも言ったことあるけど保全






TOP