※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




十一日目 裏側


トンッ。

テーブルに置かれた一皿の炒飯。
徳永千奈美作。調味料に塩、胡椒、コンソメ、○○を使用した『神奈川のチャーハン』

「せ~~の」
「「「「「「いただきま~~す!!」」」」」」

小皿に各自で小分けして一斉に口へと炒飯を運んだ。

「あ、結構美味しいかも」
「さ、佐紀ちゃん。味覚大丈夫? …とゆいたい」
「これ、普通にヤバイでしょ。ピーナッツバター?」
「口の中が甘ったる~~い」
「こんなの食べてお嬢様大丈夫かな?」
「さすがに私も心配になってきた」

一人を除く沈黙の五人の前には真剣にダジャレを考えている千奈美がいたそうな。

「「「「「「ご、ごちそうさまでした……」」」」」」
「お粗末様でした」

十一日目。『神奈川のチャーハン』 総合評価……10点中2点(持点一人2点)



从´∇`从<徳永の得点はとっくに決まってたらしいもんに~
川´・_・リル* ’ー’リ从o゚ー゚从ノノl∂_∂'ル川*^∇^)||州*‘ -‘リ<すべったので0点でッ!!




TOP