※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




特別枠 1


トンッ。

目の前に置かれた夕食を見て、私は思わず夕食を置いた張本人を凝視してしまいました。
中華スープとれんげが置かれた時点で分かっているつもりだったのだけれども……。

「め…村上さん」
「何でしょうか? 千聖お嬢様」
「名産品のチャーハンは終わったのではないの? ……最終日が“あれ”だったけど」
「……最終日が“あれ”ではという事になりまして、特別処置を取る事になりました。
お気に召されないのでしたらお下げしますが」
「……いいえ。ちゃんとしたチャーハンを食べたいわ。ちなみにどちらの名産品なの?」
「『埼玉のチャーハン』です。材料と味付けは普段お嬢様が召し上がっている物と同じ
だそうです」
「ハム、玉葱、ミックスベジタブルが材料で塩、胡椒、コンソメが調味料ね」
「その通りです。意外と見てらっしゃるんですね」

め…村上さんの対応を軽く流しながら私は『埼玉のチャーハン』を頂く事にしました。
塩味が少し強いのかしら? でも玉葱の甘さと合っていい味加減かも。

(何故かしら? 一瞬、怒りつつも優しさを見せるめぐの顔が浮かんだ様な気が……)



リ|*‘ヮ‘)|<特別参加者です。やっぱり勝負事には参加しないと!




TOP