※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「千聖、大丈夫・・・?」
「ぅー・・・」

犬の子供みたいに小さく丸まって、千聖は体をピクピクさせたまま何も言わない。


焦らされまくると結構体の負担が大きいのはわかっていたけど、ついついいじめてしまった。可愛かったなぁ・・・“いじわるしないで”、だっけ・・・

明るい方の千聖には日頃いじられっぱなしだから、これはちょっとした反撃のネタができたかも。なんてひそかにほくそえんでいたら、千聖はイモムシみたいにズリズリとベッドを這って、ムクッと起き上がった。
気力の問題もあるのか、お嬢様より回復が早いみたいだ。余韻でピクンと跳ねるお尻をニヤニヤしながら見ていたら、枕を投げつけられた。


「・・・わざとでしょ」
「何が?」
「えりか最悪・・・」

唇を尖らせて睨んできても、真っ赤なほっぺたと潤んだ目じゃ全然怖くない。怒っているというより、予想以上に恥ずかしい目に合わされたのが納得いかないみたいで、相変わらず「ヘンタイ」と口の中でモゴモゴフガフガ文句をたれている。

「いいじゃん、そんなこと言ってるけど気持ちよかったんでしょ?」
「何それ」


千聖は眉をしかめてうつむいた。

「え・・ちょっと」
「最低・・・ひどい・・・バカ・・」


そのまま、顔を覆ってヒックヒックとしゃくり上げる。さっき投げつけてきた枕をギュッと抱きしめて、千聖は声も出さずにうずくまっていた。

「ごめん、千聖・・・」

もう、何で私はこうも調子に乗りやすいんだろう。千聖は案外、こういうことに関してはデリケートで乙女なんだってつい忘れてしまっていた。


「泣かないでよー・・・ウチが悪かったから、ね?」


人の涙はすぐに伝染してしまう。私は情けない顔でべそをかきながら、枕に顔を押し付けている千聖の頭を撫でた。すると、ゆっくり千聖の顔が上がってきた。


「・・・え?」



――あれ、泣いてない。
ていうか、笑ってる。



「うぇへへへへ」
「え・・・ちょ、待って」
「覚悟しろ、えりかー!」


千聖はいきなりベッドの上に仁王立ちになって、バランスを崩しかけた私の懐に飛び込んできた。


「わあっ!ちょっと!卑怯者!」


小柄とはいえ、千聖の身体能力は私とは比べ物にならない。あっというまにマウントポジションを取られる。


「えりかがヘンタイなのが悪いんだよ。グフフ」
「ち、ちしゃとぉ・・」

千聖の子犬みたいな愛くるしい顔が、舞ちゃんと2人でイタズラを思いついた時のあの顔に変化していくのを、なすすべもなく下から見守ることしかできない。


「ホントにさー、ヒドイよね。舞ちゃんだって、もうちょっと優しくしてくれたよ?」
「・・・やっぱり、こういうこと舞ちゃんともやってたんだ」
「違うよ、無理やり1回やられたんだもん!」


千聖は私の胸を乱暴に掴むと、お餅でもこねるような手つきで、グニグニと力を込めてくる。


「痛い痛い痛い!」
「あれ?嘘、痛い?ごめんごめん。乱暴にしちゃだめなんだ」

ちょっと考え込むような顔をする千聖。丸っこい指が一旦離れたかと思うと、今度は上半身を倒して、ギューッと抱きついてきた。


「ムフフフ・・・」
「んーっ」


さっきやってたみたいに、胸と胸がくっつく。あ、ちょっとこれはヤバイ・・・。まだ硬いままの千聖のと私の先端が押し合って、ムズムズするような変な感覚がせりあがってくる。

「どう?」
「へ、へー・・・千聖よっぽどこれが気持ちよかったんだ。」

それでも、一応年上の意地というものがある。何とか優位に立とうとしてからかうと、千聖は「違うし!」と顔を真っ赤にして、あわてて体を起こした。

「ふっふっふ、ごまかしたって私には・・・・・っ!?ちょっと、何やってンの!痛いって!」

今度は、下半身にビリッとおかしな感覚を覚えた。千聖が、私のだいじなとこに指を突っ込もうとしている。


「だって、さっきえりかちゃんもやってたじゃん!ちょっとぐらい我慢しなさいよね!」


なぜかオカマ口調でキレられて怯んでいると、千聖はそのまま私の上から降りて、足の間に回った。そして、ガッと押し開かれる。


「無理無理無理無理!千聖!やめてお願い!」
「・・・へー・・・・」
「へーじゃない!じろじろ見るんじゃありません!ねーもう、本当に・・・んんっ」



さっきとはうってかわって優しい手つき。千聖の手が、表面をゆっくりなぞる。


「こうすればいいのか、何となくわかった」
「あン、ちょっと・・・」

逃れようにも、下半身はガッチリホールドされているから、上体を虫みたいにぐねぐね動かす事しかできない。


「いっつも千聖ばっかりしてもらうんじゃ、納得できない。ってお嬢様状態の時にも思ってたはず。そういうの何となくわかるし。何だっけ・・・ふぇらじゃない?だっけ」
「違うよ!フェアじゃない、だから!そんな危険な噛みかたしないでちょうだい!」
「そんなのどっちでもいいよ。さぁ続き続きー♪」


話題を若干ずらそうとしても、千聖は全く意に介さず、再び指を動かし始めた。


「あ・・・あ・・・・」
「・・・」

急に、何も言わなくなった。千聖は本気で集中している時は、全く回りが見えなくなって、口を利くことすら忘れてしまう。その素晴らしい集中力をこんなことに使うなんて、どう考えてももったいない!間違ってる!


「やめ・・・ひいぃ」


実はこういう才能があったのか、千聖は絶妙な力加減で、私の弱いところをピンポイントで触ってくる。しかもエロ顔というより、伝統工芸職人のようなストイックな表情で黙々と。
手マ○職人岡井千聖、という誰にも披露できないギャグを思いついたけれど、まさか口に出すわけにはいかない。何と言っても、女の子の大事なところをガッチリ人質に捕られてるんだから、うかつなことは言わぬが花。


「千聖、ごめ・・・えりが、悪かったから・・・もうダメ!」


目の前がチカチカ点滅し始めた。これはヤバい。何とか制止しようと大声を出すと、やっと千聖は顔を上げた。無表情に近かった顔が、チェシャ猫のようにニィーッと笑いを深める。



「ちゃんと見届けるからね。えりかの・・・・グフフ」
「ションナ・・・アッー!!!」



その機械のごとく正確な手つきで、私はそれからすぐに、天国へと連れて行かれることとなった。まさか、千聖にここまでされるとは・・・・。快感半分orz半分でベッドに倒れこむ。が、しかし



「・・・千聖?もう、いいよ・・・もうウチ十分天国・・」



「・・・・」
「ちょっと、ねえ!」


千聖はいっこうに手を止める気配がない。また真顔で、大分ヒドイ状態になっているであろう私のソコに打撃を与えてくる。


「だって、さっきえりか、千聖に何度もこういうことしたでしょ」


違う!だってあれはただ単に焦らしただけであって・・・でも、今のピンクに染まった脳みそで、千聖にそれを説明するのは不可能なことのようだ。ますます体から力が抜けていく。

そういえば、佐紀の家で見た(以下略)で、女性は達し続けると、途中からはもはや快感じゃなくて苦しみになっていくって言ってた気がする。もしこのまま、千聖が延々と手を止めてくれなかったら・・・!


「千聖!」


視線がぶつかる。三日月の形の目がますます眇められて、年齢に合わない妖しい表情へと変化していく。



「何か、面白いね。えりか可愛い」
「あっ・・あ・・・!ちさ・・・!」
「うぇへへへへ」


その手は一向に止まらない。無邪気に笑う顔は、天使のようでもあり、悪魔のようにも見えた。



TOP