※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「よーし、お嬢様、もう一周勝負だー!」
「受けて立つわ!今度は絶対に負けませんからっ」


ちょっとー・・・まだ滑るわけ?

私は背後の手すりにもたれかかって、若干うんざりした視線を2人に向けた。

11:00。スケート場に来てから、すでに30分近く経っている。
バス乗り過ごし事件があったものの、なっきぃたちとの約束どおり、ロスタイムは+15分以内に収めることができた。
よっぽど楽しみにしていたのか、ロッカーでスケート靴に履き替えると、もう千聖は私のことなんて気にもせず、ものすごい勢いでリンクを滑り出してしまった。そして、そのまま放置プレイをくらっているというわけだ。


“あはははは!ここまでおいでー”
“舞美さんたら、お待ちになって!命令よ!”


何だよー、私と千聖のデートなのに。舞美ちゃんとお姉ちゃんは、お互い手加減無用で勝負できるのが楽しいらしく、さっきからジャンプ対決やスピード対決ですごく楽しそうだ。
舞美ちゃんはいつもどおり豪快で全力な滑りで、千聖はふわふわ優雅に進んでいるのに異様に早い。
綺麗なフォームですいすい滑る2人を、周りの人たちはものめずらしそうに見ている。そうだよ、私の自慢の彼女(誇張)とお姉ちゃんだもん。でも、さすがに

「・・・・つまらん。舞一人じゃん。バカ千聖にバカお姉ちゃんめ。」


舌打ちまじりにそんなことをいいつつ、2人を追いかけるようにヨロヨロ滑っていたら、いつのまにかサーッと周りから人が引いていた。・・・すみません、我慢の利かない性分なもので。


「舞」

すると、後ろからポンと肩を叩かれた。もう、やっとこっち来てくれた。本当は顔がとろけちゃうぐらい嬉しかったけれど、態度に出すのはなんか悔しいから、わざと仏頂面を作った。
「何?ずっと待ってて飽きちゃったんだけど」

口を尖らせて、拗ねた声で言ってみる。

「ごめんなさいね。久しぶりにスケートをしたから、楽しくて楽しくて。まだまだ滑り足りないくらい。」

少し赤くなったほっぺを緩めて、千聖は本当に嬉しそうに笑う。もう、そんな幸せそうな顔されたら怒れないじゃん。

「お姉ちゃんは?」
「ちょっとお休みになるそうよ。舞美さんたら、一面氷だっていうのに、たくさん汗をかかれていたわ。ウフフ」
「千聖は休まなくていいの?」
「ええ、まだまだ大丈夫。気分が高揚しているからかしら、全く疲れを感じないの。舞、よかったらお付き合いいただけないかしら?」

ニコニコ笑いながら、優雅に1回転ターン。もう、しょうがないなあ。やっぱり、この無邪気さにはかなわない。

「・・・だったら、舞に上手く滑れるコツ教えてよ。運動あんまり得意じゃないから、少しは上達しときたいし」

自分で言うのもなんだけど、私は人よりいろいろ“デキる”タイプだから、自分の苦手を人に教えるのがとても苦手。でも、千聖なら嫌じゃない。むしろ、私の得意なことも不得意なことも全部わかってほしい。

「上手に教えて差し上げられるかしら」

笑いながら差し出される手を、自分の方に引き寄せるようにして捕まえる。引っ付かれるのが嫌いな千聖も、こういう状況なら全然拒まないでくれる。正直、ちょっと優越感(主に栞菜に)。


「舞。氷の上ではね、刃を斜めにするといいわ。・・・舞?」
「ふふん」

千聖、独占。とか言ってw

「もう、そんなにくっついていたら、滑れるようにならないわよ、舞ったら」
「いいの、これで」

――お姉ちゃん、まだまだゆっくり休んでていいからね。なーんて、私は少々悪い子な願望を頭に思い浮かべた。



****裏デートツアー***

「なぁーにが、“正直、ちょっと優越感(特に栞菜)”だっ!オラァ!」

言ってない、言ってない。エスパー栞菜おそろしや。

「ねえ、ちょっと落ち着い・・・」
「あぁっお嬢様!舞ちゃんたらあんなにひっついて!許せないかんな!」

子供用スケートリンクを我が物顔で独占している栞菜は、スケート選手のように高速回転しながらくだをまいている。チビッ子たちはおびえている。

「まったく、心配して来てみたら、もう!舞美は何やってるの!本当に!」

一方、大きな大きな目をカッと見開いているめぐぅは、高く跳躍したと思ったら、空中でくるんくるんターンして優雅に着地してみせた。

「・・・めぐぅ、4回転半とか女子の身体能力超えてるから」
「知るかっ!あー、千聖ったら転びそうになって!もう見てられんわ!」

どうやら、目の前の大きいほうのスケートリンクで舞ちゃんとお嬢様がイチャイチャするたびに、二人のフィギュアスケート技が冴え渡っていくらしい。
栞菜なんてもう、肉眼で確認できないぐらいの超絶スピンを披露している。すごいけど、怖い。すごいけど、はずかしい。



“やっぱり舞美だけじゃ心配だから、お嬢様と舞ちゃんの一日を見届けたい”

栞菜の鼻息荒いその主張にめぐと二人で乗っかったはいいけど、正直、私と2人との間の温度差は激しかった。
この分じゃ、そのうち妨害しだすんじゃないの、この人たち。

「・・・デートを見守るって話じゃなかったのぉ・・・?」

私、梅田えりかのむなしい独り言は、当然のように2人の耳には届かず、冷たいスケートリンクに吸い込まれていった。



TOP