※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前へ


「・・・ねえ、」
「・・・」
「ねー、舞ちゃん」
「・・・」
「ねえ、起きてるんでしょ?」
「・・・寝てましゅ」
「やっぱ起きてんじゃん。・・・ねえ、いい加減機嫌直してほしいんだけど」
「やだ」
「もー、別にさ、そんな怒るほどのことじゃなくない?あんなの普通じゃん」
「普通じゃないから怒ってんでしょ!バカちしゃと!」
「バカとかゆーなよ!・・・ほらー、また騒ぐから怒られちゃったじゃん!」
「だって、なんなのアレ!何で、何でよりによって舞美ちゃんとさぁ」
「・・・舞ちゃんだって、なっきぃとクレープわけっこしてたじゃん。それとどう違うの?」
「全然違うし!舞となっちゃんはあんな風にいちゃつきながら食べたりしてないでしょ!」
「でもでも」
「大体さー、あんなに舞美ちゃんの手握る必要あった?もう数センチ食べたらチューしちゃうところだったんじゃないの?ていうか千聖の口の中に舞美汁が入ったと思うと、舞、耐えられないんですけど」
「何舞美汁って」
「とにかく、舞の前で舞美ちゃんとベタベタするのやめてよねっ」
「何で?舞美ちゃんと何かあったの?ケンカしてるとか?」
「・・・何でそんなに鈍いわけ?だって、舞美ちゃんと千聖はさぁ・・・」
「・・・あーはいはいわかった。そのことか。わかったけど、それ誤解だって言ったじゃん!」
「舞まだ納得してないもん。何と言っても千聖にはえりかとの前例があるし。この℃スケベ犬が」
「だぁ~かぁ~らぁ、舞美ちゃんとは何にもないし!魚の骨のことは話したとおりだし、指輪のことだって、夕方になって浮腫んじゃったから外しただけだしぃ」
「・・・」
「何だよ、千聖のこと信じてくれないの?ちなみに一応言っとくけど、えりかとのことは私に何言ったってわかんないからね。お嬢様の時の千聖が勝手にやってることだから」
「・・・途中でバカちしゃとに戻ったって、とりあえずやることはやってるくせに」
「くぁwせdrftgyふじこlp」
「あ、やっぱりそうなんだ」
「ちょ、カマかけたのかよ!ずるいじゃん!」


「そのような行動を取るあなたの心の隙間こそが原因なのではないでしょうかと私は思います」
「日本語でおk」
「・・・許してほしいなら、これからは舞以外の人とああいう破廉恥な写真を撮るの禁止だから」
「ハレンチって」
「わかったら返事は?」
「やーだよっ、舞ちゃんのリアルせん・・・いたーい!暴力やめろよ!・・・・あーほらまた怒られた!もー完全に千聖とばっちりじゃん!」
「日頃の行いが悪いからこうなるんだよ!それより、わかったの?千聖は舞のなんだって自覚はあるわけ?」
「・・・」
「ちょっと、黙ってないで何とか・・・」


「・・・舞さん」
「あ・・・」
「ウフフ、ごきげんよう」
「う、うん。ごきげ、んよう」
「何だか、明るい方の千聖が、失礼なことを言ってしまってごめんなさいね」
「別にいいけどぉ」
「ウフフ・・・ねぇ舞さん、私、舞さんのこと大好きよ」
「大す・・・ま、舞だって好きだよ!大好き!ちさまいフォーエバー!」
「嬉しいわ、舞さん。千聖のこと、信じてくださる?」
「うん、信じる!ちしゃとぉ~、愛しちょるよぉ~」
「私も愛しちょるわ、舞さん。ウフフ・・・」


*****

ほら、テレビドラマとかでよくいるじゃない。
天然か計算か見極められないギリギリのラインで、男心(?)を手玉に取る悪女。

舞ちゃんにギュッと抱きしめられながら、その肩越しに舞美ちゃんと微笑み合うちっさーを見て、私は身震いした。


ご存知のとおり、舞ちゃんはどっちのちっさーのことも大好き。
元気なちっさーにはガツンとぶつかっていくけど、お嬢様のちっさーには甘い。デレデレのドロドロ。何でも許してあげちゃう。
もちろん、それを計算に入れて、今ちっさーの人格が入れ替わったわけじゃないって信じてるけど・・・。

いやいや、わかってますよ?ただ単に、とばっちり受けた舞美ちゃんと、疑惑を向けられたちっさーが、わかってもらえてよかったねーって笑い合ってるだけかもしれないのは。
でも、本当に、どうなのこれ・・・。
平和主義者としては、眠れる獅子(舞様)を揺り起こすような真似は止めていただきたいんですけど・・・。


「クソが・・・どいつもこいつもドイツ人」

またも砂吐くようなちさまいイチャイチャを見せ付けられて、私の隣のなっきぃはブラックモード。

「千聖、今度のブログは舞と写真撮るんだからね?1更新につき1ちさまいだから。決定事項ね、これ」
「あら、舞さんたら。ウフフ・・・」
「ちっさー、また私とも撮ろうよ!」
「お姉ちゃんはだめ!」
「えーっ!ひどーい!舞美とちっさーの深ーい仲を邪魔するなんて!とかいってw」
「なっ・・・!」

――ああ、やめてください舞美ちゃん!どうか平和維持活動にご協力を・・・!


「キュフフ・・・もはや信じられるのは愛理だけケロ。愛理は絶対にあの輪に入っちゃだめだよ。わかってるナリね・・・」
「あ、ええ。そらもちろんでおま。ケッケッケ」
「そう・・・それはよかったケロ」

なっきぃの、やけに充血した目がスッと細められる。・・・とても怖いです、夢に出てきそう!


かくして、様々な思惑が入り乱れたまま、仕事帰りのマイクロバスは、高速道路を走り続けるのだった・・・。


次へ

TOP