※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前へ



――迷うなぁ~! セクシーなの?キュートなの?

* * *

「どっちでもいいじゃん」
「いや、良くない!! 舞ちゃんはいいかもしれないけど千聖は良くない!!」
「……本当に千聖は優柔不断だね」
「皆はッ?! 皆はどっち?」
「前髪有りの方が私は好きかな。とか言って」
「う~ん、私はそのままかな。スーツの衣装があるから格好良い千聖の方が良くない?」
「私もそのまま。少し背伸びした感じの千聖の方がいいと思う」
「私、愛理と同い年なのに背伸びなの? はい! 舞ちゃんは?!」
「だからどっちでも「良くないッ!! なっきぃのヘタレ以上に良くないッ!!」
「そこッ!! ヘタレ言わないッ!!」
「……前髪有りの千聖の方が舞は好きだよ」
「ま、舞ちゃん……。千聖もそんな舞ちゃんが好きだよ」
「ラブラブモードになるなッ!! って言うか結果が2対2で結局決まって無いよ?」
「う~~。……そうだ。明日菜! 明日菜にも聞こう!!」
「舞の意見じゃ駄目なのかよ」

たたでさえ慌しい楽屋を更に慌しくしているのは私、岡井千聖。
ツアーの千秋楽。決め兼ねている前髪有りor無しの意見を聞いたんだけど結局決まらずじ
まい。そこで最終兵器

『もしもし? お姉ちゃん?』
「あ、明日菜? ねぇ、前髪有った方がいいと思う?」
『……それを聞く為だけに電話したの?』
「じゅ、重要じゃないか!! 舞ちゃんみたいな事言うな!!」

その言葉を受けて舞ちゃんが後ろで喚いている様だけど無視無視。

『言っておくけどお姉ちゃんが髪切ったら私も切るから』
「えっ?! それって責任重大じゃん」
『もういい? 千秋楽頑張ってね』 プッ
「明日菜? お~い」 ツーツー

無情にも切られた通話。って全然解決して無いんですけどッ!?
あ、もう一つの最終兵器があった。私の中の私!! ねぇ、どう思う?

リ*・一・リ<フフフッ。そうねぇ~どっちかしら?

……いや本当は聞けないけどさ。って基本の性格は私なんだから優柔不断のままじゃん!

「もう~ッ!! どっちに…えっ?!」パラッ

目の前を床に向かって何かが落ちた。見るとそれは髪の毛の束。
横を見るとしてやったり顔の舞ちゃんがいる。手の中にはすきバサミ。

「舞ちゃんッ!? えっ? ちょっとちょっと! 何してんの?!」
「……千聖が優柔不断なのがいけないんだよ。このヘタレッ!!」
「ヘタレはなっきぃだよ!!」
「そこッ!! 私の名前を出すなッ!!」
「これで髪の毛を切る口実が出来たよね。むしろ舞に感謝してもらいたい位だね」

なっきぃの抗議の声をスルーして舞ちゃんは微笑んだ。うん、その顔を見て若干背中に冷
たいものが走った感じがしなくもないけど。

「……じゃあ千聖! 前髪作って千秋楽はキュートに行きますッ!!」
「℃-uteだけにキュートね♪」
「「「「……………」」」」
「お呼びでない? ……お呼びでないね。こりゃまた失礼しました」
「「「「分かってるなら言うなぁッ!!」」」」




おまけ

リ*・一・リ<っていう流れで前髪有りになったから
ノソ;・一・リ<……お姉ちゃんって℃-uteさん内だと本当に威厳がないよね
リ*・一・リ<いげん? いげんって何?
ノソ;・一・リ<……ううん。何でもない


次へ

TOP