※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



***開演5分後、舞台袖***

「いやー、もー疲れたぁ!」

額に汗をかいた大きな熊さんが、抱き枕かなにかのように、私の体をギュッと抱きしめた。

「きゃんっ」

一瞬、体に緊張が走ったけれど、すぐにそれは治まった。
あまり、触れられる事は好きではないのだけれど・・・栞菜や舞が手をつないだり、抱擁を交わすことを好むから、大分慣らされてきているみたいだ。
それに、大きな熊さんは赤ちゃんをあやすみたいに、頭をぐりぐりとなでてくれて、それは不思議ととても心地よい感触だった。
身長の大きい方だから、小さな頃、お父様のお膝に乗せてもらった時を思い出すのかもしれない。

「うふふ」

女性なのに、それは失礼かしら?と思って笑うと、なぜか大きな熊さんも一緒に笑ってくれた。

「あはは、なんか、お嬢様が笑ってると楽しくなりますねー」
「まあ、大きな熊さんったら」

モデルさんかと思うほどスタイルがよく、お顔も端正でいらっしゃるのに、大きな熊さんはいつもほのぼのとしていて、私こそいつも元気をもらっている。

「うち、緊張しちゃいましたよーお嬢様!」
「まあ、大変。チョコレート、召し上がる?頑張っていらしたものね、大きな熊さん」

今、愛理とももちゃんと雅さんが立っているステージ。
そこには、さっきまで大きな熊さんと、すぎゃさんがいた。

いろいろあって(というか、私のせいで・・・)Buono!の開演時間が遅れてしまったのを、お2人のパフォーマンスで埋め合わせてくださっていたのだった。
「でもでも、疲れたけど楽しかったよ!むぐむぐ・・・あっこのチョコおいしい!さすがセレブ!」
「あら、それはね、お父様の会社の試作品で、トマトちょこ」
「おげー」

「・・・はいはいはい、いつまでジャレてるわけ?ステージ始まってるんだから、ステージ係は有事に備えて待機でしゅよ」

すると、いきなり目のまえに舞が立ちはだかった。
そのまま、私の頭に置かれたままの大きな熊さんの手を、両手で一生懸命引き剥がそうとする。

「ん、力比べ?負けないよー、舞ちゃん」


大きな熊さんも負けじと、頭に添えた手に力を込める。・・・少し、痛いかも。バスケットボールやバレーボールに心があったら、こういう気持ちなのかもしれないわね。と、変な妄想が頭をよぎった。

「は、力比べじゃないし!あんまりちしゃとにベタベタしないでよねってこと!」
「まあ、舞ったら」

思わずクスクス笑うと、不機嫌な顔の舞に軽く睨まれる。

「別に笑うとこじゃないんだけど」
「ごめんなさい、だって、舞が可愛らしいことを言うから」
「はぁ?」

舞の眉間の皺が深くなる、私は慌てて、ごめんなさいと大きな熊さんの手の下から飛びのいた。

「子ども扱いしないでって言ってるじゃん」
「ごめんなさい、そういうつもりではなかったのよ」

どうしてか、舞は私が「可愛い」と言うと不機嫌になる。
目が大きくて、口が小さくて、ほっぺたがふっくらしていて。お顔もとても可愛らしいし、勝気だったりあまえんぼうだったりする性格も可愛らしいのに、私に“だけ”は言われたくないという。

「・・・だって、舞も大きな熊さんに甘えたかったのでしょう?それは、とても可愛らしい感情じゃない?」
「は?舞が?熊井さんに?ちょ、何で?」

赤くなったり、青くなったり。舞は信号機みたいにくるくる表情が変わって、やっぱり可愛いと思う。

「なーんだ、そーゆーことか!おいでっ舞ちゃん」
「もー、違うって!なでなですんな!ちょっと、ちしゃと!」

2人のほのぼのしたやりとりを背後に、私は袖からそっと顔を出した。

“遅くなってごめんなさーい!もぉの可愛さに免じてゆるしてくださぁい♪”
“いやいやいや。それはありえないけど、今日は御詫びに、追加で何曲かやらせていただきますのでー!”
“もちろん、今年も生バンドですよ!ぜひ、楽しんでいってくださーい!”


軽妙なMCに、お客さんたちの声援が重なる。

緑と、赤と、青。

3人のイメージカラーのライトが照らし出すステージ上で、私の大好きな人たちが、キラキラと輝いている。
思わずため息がこぼれた。私は、こんな素敵な舞台のお手伝いをさせてもらえるなんて、なんて幸せ者なのだろう。


“情熱のKISS~♪”


3人の声が美しく重なり、交わって広がっていく。とても心地よく。綺麗なハーモニー。
めぐはちゃんと、客席でこのパフォーマンスを見ているだろうか。茉麻さんは?佐紀さんは?千奈美さんは楽しい記事を書いてくださるだろうか。
なるべく多くの人に、この素晴らしいステージを見て欲しい。
そう思って、夢中になって舞台に見入っていると、突然視界がワインレッドに遮られた。

「まあ!」
「まあ、じゃないでしょ!顔出しすぎ!」
「千聖はBuono!のパフォーマンスを見ているのよ!」

舞が被せたカーテンを払いのけるけれど、また顔を隠されてしまう。

「もう、舞!」
「2人とも、喧嘩両生類!じゃなくて、とにかくそんな感じ!」
「うわっ」

ムキになって言い合いをしていたら、うなじの辺りをキュッと掴まれて、袖へと引っ張り込まれてしまった。

「はーなーせー!舞は猫じゃないんだからねっ!ふぎゃー!」

舞の抗議にもはいはいと涼しい顔の大きな熊さん。さすが、心がお強い、というか、何と言うか・・・。
お姉さんらしい一面をお持ちのようだし、きっと、弟さんか妹さんがいらっしゃるのかもしれない。といっても、まったく姉扱いされない私のような長女もいるから、確証はないのだけれど・・・。

「うふふ」
「なんだよっまた舞のこと子供だと思ってるんでしょ!それ違うからねちしゃとのほうがよppくぁwせdrftt」
「はいはい、騒がないの!おしりぺんぺんしますよ!」
「やめろー!セクハラ反対ー!」


意外とあまえんぼうな舞と、マイペースで流されない、大きな熊さん。
こうして見てみると、案外いいコンビなのかもしれない、なんて舞が怒ってしまうようなことを思った。


「あ・・・そろそろ、ドリンクの準備をしないと。私、行ってきます」
「お嬢様、お気をつけて!

2人に背を向け、私は空のボトルを持って廊下に出た。


「えーと、雅さんは、クエン酸を2杯・・・愛理は蜂蜜を多めで・・・あら?」

体調に合わせてお一人ずつ調合しているドリンク。
そのレシピを確認しながら歩いていると、隅っこのほうにうずくまる人影が見えた。

「あの・・・?御気分でも・・・?」

私の声に、肩を揺らして顔を上げるハッピ姿の女の子。


「ひっく・・・おがいさぁん・・・うぅう・・・」



TOP