※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



“言葉にしたら壊れそうで怖くて いつもふざけあうことしかできなかった”

向かい合う私とみやびのまんなかで、まだ顔も幼い私たちが、無邪気に戯れているのが見える気がした。

“あの時 君を抱きしめる事が出来たら 運命は変わっていたのかな”

頭の中で、2人のシルエットが、ぴったりとくっつく。



「・・・運命は変えられたのかな」


最後の1節、私は無意識に、その歌詞を口ずさんでいた。みやびの声と、私の声が重なる。
もう何年もこうして声を重ねる事はなかったのに、ごく自然に馴染んで、絡み合って、まるで一人の人間の声みたいに響いた。



ごく短いピアノの後奏が終わり、しばらく体育館は静寂に包まれていた。
みやびは凛々しく前を向いて、愛理と嗣永さんは何処とも判断がつかない場所に視線を泳がせて。



――パチ、パチ


最初の拍手は、後方から聞こえてきた。

振り向くと、満面の笑顔の舞美。それから、目を真っ赤にしているえりかが目に入った。
どうやら、拍手をしてくれているのは、舞美みたいだった。


「・・・えーと、ア、アンコール!アンコール!」
「グスッ・・・、舞美、今の曲がアンコールだよ!」


2人のやりとりに、客席から笑いが起きる。それと同時に、拍手の渦が少しずつ広がっていって、やがて歓声が館内を包み込んだ。


「「「みやび!みやび!」」」

会場総立ちでの、みやびコール。
菅谷さんなんて、もう目を血走らせて、残念美少女に逆戻りだ。


「あのー・・・」
「「「みやび!みやび!」」」


深々とおじぎをするみやびの頭上に、まだなりやまない賞賛の拍手とコール。
真っ赤なサイリウムも、この一体感も素晴らしいけれど・・・だけど、これはみやび一人のライブじゃないわけで。


「ねえ、すがや・・・」
「みやび!オイッ!みーやび!オイッ!!」


――ああ、ダメだ、新しい次元へ旅立って行ってしまわれている。私の力じゃどうしようもない。


「あの、皆さん、ご清聴ありが・・・」
「「「みやび!みやび!」」」

せっかくみやびが挨拶してるっていうのに、菅谷さん以外のお客さんも、全くコールを辞める気配がない。

一体感というのは恐ろしいものだ。いつまでもこの熱狂に浸っていたいという気持ちと、Buono!のライブの終了時間を少しでも長引かせようっていう気持ちが、そうさせるんだろうけど・・・なんて、当事者のくせに、妙に冷静な分析が頭をよぎった。


しかし、こんな暴徒たちを、“彼女”がいつまでも放置しておくはずがなかった。



「・・・さぁーん・・・・・」
「「「みやび!みやび!」」」



「み!な!さぁあーん!!!」



――キーン、とハウリングの音。
その甲高いノイズにも負けないような・・・色で例えるなら、ショッキングピンクにドギツイ黄色のドットを足したような声が、ステージから観客席へと投げ込まれた。


一瞬で静まり返る場内。
モニターに映るのは、ツインテールの痛々・・・いえ、可愛らしい、あのお方。
御自慢の“ももちボイス”で、間違った方向へと向かっていた熱狂を鎮めた彼女は、いつもどおり飄々とした様子で“うふっ”と笑った。


「はぁーい、お静かに!・・・あのですねぇ、みなさーん!たしかにみやのパフォーマンスはすばらしかったですけどぉ・・・、今日は一体誰を見に来たんですかぁー?もぉいじけちゃいますよぉー?」


立見席の方から、うおーももちごめんねももち、とかって、男の人の野太い嘆き声が聞こえてくる。
それにつられるように、愛理のサイリウムを持っていた持っていた人は緑、嗣永さんのファンの人はピンクと、それぞれの持ち場(?)に戻っていく。

――やっぱ、ただものじゃないな。この嗣永さんて人は。
以前うちのかわゆいお嬢様にギャルメイクを施した熊井さんと、残念系美少女の菅谷さんを率いているだけある。


「いいですかぁ?今のはあくまで!特別編ですからぁ。こっからガツンと盛り上げていきますよっ!」
「ケッケッケ、もも張り切ってるぅ」
「では、次の曲いきますよ!真野ちゃんっ、準備・・・って、真野ちゃん!?」



TOP