※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



村上さんというメイドさんがやって来たと思ったら、この時間またやって来る人がいた。
その人のふわふわとした上品な声が僕の耳に入ってくる。

「あら、こんなところで皆さん何をなさっているのかしら?」


振り向いた僕の視界に入ってきたのは、千聖お嬢様!
ここに来たら会えるかも、なんて思っていたんだが本当に会えた!

お嬢様が僕に微笑みを向けてくれる。

「ごきげんよう、ウフフフ」
「千聖お嬢様、こ、こんにちは!!」

現れた千聖お嬢様に対し、村上さんが一礼する。
品のいいこの人には、相手の品の良さも一目で見抜けるんだろう。さすがです。
その村上さんに、にっこりと微笑み返す千聖お嬢様。
その上品な立ち居振る舞い。僕は思わず見惚れてしまった。


どうだ、つばさ! 上流階級の人っていうのはこういう人のことを言うんだ。
お前も見習え!

そんなお嬢様を見たつばさ君、いきなり信じられない単語を口にした。



「ねーちゃん・・」


え!?


今こいつ、ねーちゃんって言った??


姉ちゃん!?


その言葉に、千聖お嬢様は上品な微笑を浮かべつつも、嗜めるような口調でつばさ君を諭す。


「姉ちゃん、じゃないでしょ。お姉様に向かって」


な、なんだってーー!?(AA略)


それは、ほ、本当なんですか千聖お嬢様?
お嬢様の弟君だっていうのか、このクソガキが?


「空翼、こんなところで遊んでいるのね。村上さんと一緒だったの?」

そうか、つばさ君の兄弟なんだもん。
家のメイドさんだというこちらの女性とも、当然のことながら面識があるんだよな。

「いえ。私もいま帰りがけにお会いしたところです」
「じゃあ、ももちゃんさんが空翼のお相手をして下さっていたのかしら?」

僕を見るお嬢様。その瞳の美しいこと。
いつものように、この瞳に見つめられると吸い込まれてしまいそうになる。
だから僕は、その問いに黙ったまま頷くのが精一杯だった。


「姉ちゃん、こいつのこと知ってるのかよ」
「ウフフ、この方はね、大きな熊さんのお友達なのよ」
「それも誰のことだよ。大きな熊さんとか言われても分かんねーし。ねーちゃんの説明は本当にうんこだな」
「あら、大きな熊さんとは、桃ちゃんやすぎゃさんと一緒にいらっしゃった時に、空翼だってお目にかかったことがあるのだから御存知でしょ」

その言葉に、ちょっと考え込んだ様子のつばさ君。
おや、今お嬢様の言ったことを聞いたつばさ君、少し顔が赤くなった?
なんだ、その反応は。

「あぁ、あの人のことか。なるほどね、大きな熊さんかw」

つばさ君、大きなryだけで誰のことかはすぐ分かったらしい。
そりゃそうだ。一目見ただけであれほど印象に残る人も珍しいだろ。

「“大きな”は分かったけど、なんで熊さんなんだよ」
「苗字が、熊井、だからだろ」
「お前には聞いてねーよ」

はいはい、すみませんでした。

「姉ちゃんはすぐ変な呼び方するんだから。菅谷さんのことだって・・・」

そう言ったあと、あわてて口を閉じたつばさ君。
一人でテンパって、挙動不審な動きを見せている。
なんなんだ、なに慌ててるんだ?
って、熊井ちゃんの名前は知らないのに、梨沙子ちゃんの名前は知ってるんだな。


つばさ君とのやりとりのあと、僕にその可愛らしいお顔を向けてくれた千聖お嬢様。


「姉ちゃん、って・・・ つばさ君は千聖お嬢様の弟君でしたか」
「えぇ」

そう言われても、まだ信じられない。
でも、並んだ2人を見ると、この2人が兄弟であることが間違いないということがよく分かる。


「空翼のお相手をして下さっていたのね。いつのまに空翼のお友達に?」

友達なんかじゃねーよ、なんて喚いているつばさ君。
それを聞いてもお嬢様は微笑みを崩したりはせず、僕の答えを聞いてくださった。

「お会いしたのはほんのつい先程のことです。お友達と認めて頂けたのかは分かりませんけど」
「つばさが何か失礼なこと言ったりしませんでしたか? 今この子、ご覧の通り反抗期なので」
「いいえ。失礼なことなんて全然。とても素直ないい子ですよ。な」
「おい、余計なこと言ったりはするなよ」

僕の耳を引っ張ってくるつばさ君。
そんな彼の反応を見ると、ついつい挑発したくなってしまう。

「ウフフフ。こんな弟ですけど、よかったら仲良くしてやって下さいね」
「えぇ、千 聖 お 嬢 様 の 弟さんでしたら、ぜひ可愛がってあげたいと思います」
「それは嬉しいわ。空翼のことよろしくお願いします」
「僕も嬉しいですよ、お嬢様。おまかせください」
「姉ちゃんに馴れ馴れしくするな!」

つばさ君が僕にグーパンチを入れてきた。

「まぁ、空翼も嬉しいのね。そんなに喜んだりして。珍しいわ。ウフフフ」

彼のこの反応、これ喜んでるってことなんですか、お嬢様?
つばさ君のこの反応に対してお嬢様の仰ったこと、ちょっとした認識の相違を感じないでもないけど。
でも、お嬢様が喜んでくださるなら、僕はこの小生意気なクソガキの相手だってしてあげようと思う。


話しがひと段落したところで、村上さんがお嬢様にお声をかける。

「ところで、お嬢様、お一人でお帰りなんですか?」
「いいえ。栞菜が一緒よ。あら?栞菜?どこに行ったのかしら」



TOP