※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダミアン・ハースト(Damien Hirst) 編集中


生年月日 1965/6/7
出身地 イギリス/ブリストル
国籍 イギリス
専門 コンセプチュアル/インスタレーション/ペインティング
受賞歴 ターナー賞


 ダミアンスティーブンハーストはイギリス人アーティスト、起業家、アートコレクターです。彼は1990年代にイギリスのアートシーンを支配したヤングブリティッシュアーティスト(通称YBA)として知られているグループの中で最も著名なメンバーです。国際的にも大変著名で2010年サンデータイムズの長者番付に£215,000,000の資産価値があるとみられています。彼のキャリアは密接にコレクターのチャールズサーチが関係していたが、2003年頃に関係は解消されたとみられている。

 「死」は、ハーストの作品の中心的なテーマです。彼は(サメ、羊、牛などの)動物の死骸を保存したシリーズで有名になった。その中でもホルムアルデヒドに浸した4.3メートルのイタチザメが入った作品は1990年代の英国美術を象徴する作品である。彼はまた「スピンペインティング」と呼ばれる彼のアシスタントによって作られたランダムな円で構成された作品も作っている。

 2008年9月、彼は存命のアーティストでは前例のない動きをしたサザビーズのオークション「Beautiful Inside My Head Forever」を行いました。オークションは、事前の予想を超え、現役アーティストの競売記録を破る198,000,000ドルを稼ぎ出した。



人生とキャリア

編集中。



I Want to Spend the Rest of My Life Everywhere, with Everyone, One to One, Always, Forever, Now

  デミアン・ハーストの企画による本が、好評を受けて縮小版で発行された。ダイナミックで扇動的なハーストのアイデアとこだわりが、文章と視覚的要素の組み合わせでパワフルに生かされている。それぞれの作品はデッサン、言葉、写真、タイポグラフィー、それにポップアップなどの工夫が凝らされ、類を見ない本となっている。カルト的小説家ゴードン・バーンがハーストの作品とその衝撃の幅広さについて解説している。デザインはジョナサン・バーンブルック。美術作品集の概念をくつがえす記念碑的な本。著者経歴:デミアン・ハーストは英ブリストル生まれ。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジで美術を学ぶ。1995年美術界に名だたるターナー賞を受賞。近年ロンドンのホワイトキューブ、ロシアのマーブルプレース、ロンドンのサーチギャラリー、ニューヨークのガゴシアンギャラリー、ロンドンのテートギャラリーなどで個展を開催。ゴードン・バーンはフィクションとノンフィクションの双方で活躍し受賞歴もある作家。デミアン・ハーストのインタビュー集『On the Way to Work』を2002年に発表している。  - Amazonより抜粋