※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハワード・ホジキン(Howard Hodgkin)



ハワード・ホジキン(1932年8月6日生まれ)はイギリスの画家・版画家である。
彼の作品はほとんど抽象で構成されている。ターナー賞受賞者。



前半生

ホジキンは静物画家エリオット・ホジキン (1905–87)の甥として知られている。ドーセットのBryanston Schoolで教育を受けた。その後Camberwell Art Schoolに進学し、その後Bath Academy of Art in Corshamのエドワード・パイパー(Edward Piper)の下で描画を学ぶ。



作品

1970年代初頭、彼の作風は鮮やかな色彩と漠然とした形で大胆なフォームを取るようになってきた。
彼の作風は「セミ・アブストラクト(やや抽象)」と呼ばれるようになった。
そしてアンリ・マティスの作品と比べられるようになった。

1984年、ホジキンは英国代表としてベニス・ビエンナーレに出展。1985年にはターナー賞を受賞し、1992年には騎士に序列された。

1995年、ホジキンは Venetian Views シリーズを作成、それはヴェニスの同じ眺めを一日の違う時間帯に見たものだった。午後、4枚のうちの1枚、は16枚のシートあるいは断片を使用した非常に複雑な印刷工程で作られた。この作品は2006年6月に既に持っていた印象的なコレクションを補填するようにイスラエルの家族からYale Centre of British Artへ寄贈された。

2003年、クイーンエリザベス二世に勲位者として謁見した。2006年、彼の主要な作品を持ちよりロンドンのテート・ブリテンで展覧会が開催された。同2006年、100人のイギリスで最も影響力のあるゲイの一人として独立を宣言した。彼の作品は多くの人々に彼らの気持ちを伝えるのに役立った。

2010年9月、ホジキンは他の五人の英国人アーティスト(John Hoyland, John Walker, Ian Stephenson, Patrick Caulfield, R.B. Kitaj)らと共に展覧会「The Independent Eye: Contemporary British Art From the Collection of Samuel and Gabrielle Lurie」をYale Center for British Artで開催した。



作風

ホジキンの作品は友人との出会いの記憶や特定の場所やイヴェントを示唆するようなものが多い。例えば「 Dinner at West Hill (1966)」(ウェストヒルでの晩餐)や「Goodbye to the Bay of Naples (1980–82)」(ネイプルズ湾での別れ)などである。ホジキン自身は彼の作品を「感情的なシチュエーションを表現した絵」と言っている。

彼の作品は通常、意図的に小さなサイズで作られる。にもかかわらず何度も作品に立ち戻り、しばらく待ってまた変更をするため彼の作品は完成までに数年かかるのが通例である。彼の作品はまた、対象を強調させるために額縁をはみ出して塗られることも多い。いくつかの彼の作品は木製で、パン置き台や古いテーブルをキャンバス代わりに使うこともある。他にも彼の作品では単純な色のただの長方形の額縁で無いこともある。

彼の作品のハンドプリント銅版画は、職人ジャック・シェリフ(Jack Shirreff)と出版者のアランクリスティーギャラリーと25年間付き合いがある。





作品集


添付ファイル