※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Geoffelly Farmaer(ジオフェリー・ファーマー)


ジオフェリー・ファーマー(1967年生、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州、イーグル・アイランド出身)は、バンクーバーを拠点とするカナダ人アーティスト。ファーマーはバンクーバーのエミリー・カー・アート・デザイン協会、サンフランシスコ・アート協会で学んだ。バンクーバーのカトリオナ・ジェフリー・ギャラリー所属。



作風
ジオフェリー・ファーマーは、ドローイング、写真、映像、彫刻、パフォーマンス、ファウンド・マテリアル(掘出し物)を含む、広範囲に渡る素材を用いる、インスタレーションを基盤とした作品を制作している。

ファーマーの作品は、ミニマリスム的、ポスト・ミニマリスム的なアートの遺産についての意見を、ごく僅かではあるが提供している。ミニマリスムは、作品自体の強力な存在感を観る者の中へと徐々に染み込ませる能力を強調した。ファーマーの作品は現象学的な経験の「場site」としてのアート・ギャラリーというアイデアで始まっている。ポスト・ミニマリスムは、ギャラリーのコンテクストの役割というものが、作品の意味を創造するなかで果たされていることを強調する点で、ミニマリスムの洗練を表している。ファーマーは意味それ自身の偶発的な性質に焦点を当てること、特に、その壊れやすく排他的な性質を強調することによって、そのミニマリスム、ポスト・ミニマリスム両方の伝統を増している。

ファーマーのアートにおける偶発性は、彼の作品と自己言及的に関わり合うことを促進するために彼が考案した戦略へと拡張している。ドナルド・ジャッドやダン・フレヴィンといったミニマリスムのアーティストは、美術批評家のマイケル・フリードによって、ギャラリーで進行する経験を演劇化していると言われたが、ファーマーは意味の構築の過程のアナロジーとして、劇場とパフォーマンスというイディオムを用いる。これは彼を国際的なトレンド内へと位置づけている。「インスタレーション・アートは意味を与えるための上演がない演劇セットある」。
たとえば、ファーマーの「背虫男キットHunchback Kit 」(2000-7 テートにて)では「ノートルダムの背虫男」のステージ・パフォーマンスのための家の小道具に挟み込まれた、カスタムフォームの固い甲殻のケースを用いている。ファーマーは観る側の解釈に役立てられそうな構成要素のセットとしてアートの展示を創りだしている。この過程では、彼は「アーティスト」という役に自分自身を配役し、公開中も展示に何かを加えたり、変化させたりし続けている。たとえば「芸術作品で用いられたあらゆるジェットライナーのために... For Every Jetliner Used in an Artwork...」(2006)では、ファーマーはショーが終了しても、夜中のインスタレーションを変える為に働く

「プロセスのなか」である、として展示を明示的に表現することによって、ファーマーは「開放性と不安定性の度合いが自分の作品の中で作られた」ことを保証している。London Canadian International 「ドローイング・ルーム」で執筆しているマーク・クリンバーグによれば、ファーマーの作品The Last Two Million Years(2007) では、そのテーマを「時のはかなさ」とし、百科事典のページからできた小さく脆い彫刻を作っている。本質的に異なる歴史的な時間の区切りから、ハイブリッドで具体的なオブジェクトを作り出しながら、ファーマーは博物館的展示や合意された歴史上の出来事の連続の硬直をときほどいている。

「アルファベットの全ての文字」
バンクーバーでの2010年冬季オリンピックとパラリンピックの機会に委託された一年に渡るプロジェクトである、ファーマーの「アルファベットの全ての文字 Every Letter in the Alphabet」は、街の店頭スペースに設置されている。ファーマーは26の言語に基づく作品を依頼した。アルファベットのそれぞれの文字についての作品である。それらは2010年の間、読むパフォーマンスや、街のいたるところで行なわれたポスター・プロジェクトなどがある。

作品例