※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ernesto Neto(エルネスト・ネト)



エルネスト・ネト(ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ生まれ。1964~ )はコンテンポラリーの視覚芸術家である。

エルネスト・ネトは1988年からブラジルで展示を始めた。また、彼が海外で個展を始めたのは1995年からである。彼はVik Munizと共に2001年のヴェニス・ビエンナーレでブラジルを代表し、ネトの作品はブラジル国際パビリオンと国際グループ展としてアルセナーレ広場に展示された。

ネトの作品は「抽象的ミニマリズムの先」と説明される。彼のインスタレーションは大きく、柔らかく、生物的な造形を持っていて展示場を包み込むようなに形作られており、鑑賞者が触ったり、突っついたり、時によってはその上を歩くこともできる。それらは白く、伸び縮みする素材でストッキングのような素材で出来ている。不定形なものを形作っているのは発泡スチロール辺や、場合によってはアロマ・スパイスなどである。いくつかの作品では、彼は半透明な幕を変形させて壁や床を作り出した。彼の造形は伝統的な抽象形態にも見えるが、鑑賞者との相互作用をはかることによって作品はより高いレベルへ達している。

  • 1994, 1997 Escola de Artes Visuais Parque Lage, Rio de Janeiro
  • 1994-96 Museu de Arte Moderna, Rio de Janeiro



彼の最も称賛を受けた作品は「Leviathan Thot」と呼ばれる作品でパリのパンテオンで展示された。

2009年、ネトはニューヨークのパークアベニューアーモリーにおいて「anthropodino」を展示した。この作品は5100平方メートルにも及び、アーモリーをロンドンのテートモダンにある Turbine Hall のような巨大な美術施設を目指すために設置された。

2010年、彼はロンドンのHayward Galleryにおいて有名な作品である「Edges of the World」を展示した。

ネトは chevalier de L'Ordre des Arts et des Lettres 勲章を授与された。



作品集