解析項目の検証 1

このページは
「主要7能力(先長瞬持底自加)」「ダート適正」「得意回り」「得意気温」
「かかり癖」「あおり(出遅れ)癖」「いれこみ癖」「お祭り好き」「4-2気性」「あがり症」「スロット」「クロス病」
の様なパスワード解析ツールを使えば確認することはできるが、詳しい影響が分かっていない項目について
タイムのような明確な指標を用いてその具体的な影響度を検証するためのページです。
容量上限の都合上ページを分割しています→ 解析項目の検証 1 解析項目の検証 2 解析項目の検証 3 解析項目の検証 4
解析項目以外の検証は解析項目以外の検証のページで取り扱います。

※すでに検証が掲載されている項目についても、その信憑性とより詳しい影響度調査のために追検証は大歓迎です。
※検証データには必ず使用したパスワードと、検証した時の条件をできるだけ詳しく記載して、再現性を高める様にしてください。
※同様に、反証データを示す時も必ず使用したパスワードと、検証した時の条件をできるだけ詳しく記載してください。
※産み分けに疲れたら、ちょっと気分を変えて検証をやってみませんか?



現項目検証データ


「長距離」検証データ1

パス1「すコごまなス やりウヂアめ ヅかメヂぞ ヅキきアつウ マけはふちヅ ヅきけツぃ」
パス2「すコごつなま ゆスウヂアめ ヅかメシぞ アキきヂトウ マけはふちヅ りきけロヅ」
パス1が全能力100。パス2が長距離が150、残りが全て100。他の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋め用モブを3羽使用。パスワードは格納しました。
ゲームメモリに無駄な情報を読み込んだ状態での検証を避けるため、本体を一度リセットし
その後、一度もロードや新牧場作成などをせずにエキシビション画面に進む。
パス1を1枠に、パス2を2枠に入れる。残りの3枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、ここは常に固定。
競羽場、距離は全ての組み合わせを調べ、スタートダッシュを観察。

  • 結果
神殿 1200 1400 1600 1800 2000 2400 3200 3600
密林 1000 1200 1600 1800 2000 2400 2800 3200
遺跡 1000 1200 1800 2000 2200 2800 3000
都市 1200 1400 1600 1800 2000 2400 3000 3200
砂浜 1000 1200 1600 1800 2000 2400 2800 3200
山岳 1000 1200 1800 2000 2200 2800 3000
今回の検証では、表内の赤で記された条件でのみ長距離の上昇(100→150)のスタートダッシュへの影響を観察できた。
特に神殿3600mでは、距離とコースの構造が相まって自在性よりも影響度が大きくなっていた。



「長距離」検証データ2

パス1「すコごつなま ゆスウヂアめ ヅかメシぞ アキきヂトウ マけはふちヅ りきけロヅ」
パス2「すコごじなせ よスウヂアめ ヅかメとぞ アキきヂゴウ マけはふちヅ りきこねヅ」
パス1が長距離が150、残りが全て100。パス2が長距離が190、残りが全て100。他の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋め用モブを3羽使用。パスワードは格納しました。
ゲームメモリに無駄な情報を読み込んだ状態での検証を避けるため、本体を一度リセットし
その後、一度もロードや新牧場作成などをせずにエキシビション画面に進む。
パス1を1枠に、パス2を2枠に入れる。残りの3枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、ここは常に固定。
競羽場、距離は全ての組み合わせを調べ、スタートダッシュを観察。

  • 結果
神殿 1200 1400 1600 1800 2000 2400 3200 3600
密林 1000 1200 1600 1800 2000 2400 2800 3200
遺跡 1000 1200 1800 2000 2200 2800 3000
都市 1200 1400 1600 1800 2000 2400 3000 3200
砂浜 1000 1200 1600 1800 2000 2400 2800 3200
山岳 1000 1200 1800 2000 2200 2800 3000
今回の検証では、どの条件でも長距離の上昇(150→190)のスタートダッシュへの影響を観察できなかった。
どうやら影響量には上限が決められていて、上限以上に長距離が高くても意味はない模様。



「長距離」検証データ3

パス1「すコごじなま めスウヂアめ ヅかメぜぞ アキきヂエウ マけはふちヅ りきこよヅ」
パス2「すコごまなス やりウヂアめ ヅかメヂぞ ヅキきアつウ マけはふちヅ ヅきけツぃ」
パス1が長距離が50、残りが全て100。パス2が全能力100。他の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋め用モブを3羽使用。パスワードは格納しました。
ゲームメモリに無駄な情報を読み込んだ状態での検証を避けるため、本体を一度リセットし
その後、一度もロードや新牧場作成などをせずにエキシビション画面に進む。
パス1を1枠に、パス2を2枠に入れる。残りの3枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、ここは常に固定。
競羽場、距離は全ての組み合わせを調べ、スタートダッシュを観察。

  • 結果
神殿 1200 1400 1600 1800 2000 2400 3200 3600
密林 1000 1200 1600 1800 2000 2400 2800 3200
遺跡 1000 1200 1800 2000 2200 2800 3000
都市 1200 1400 1600 1800 2000 2400 3000 3200
砂浜 1000 1200 1600 1800 2000 2400 2800 3200
山岳 1000 1200 1800 2000 2200 2800 3000
今回の検証では、表内の赤で記された条件でのみ長距離の上昇(50→100)のスタートダッシュへの影響を観察できた。
遺跡2200mでも影響があったのかもしれないが、今回の検証では観察できなかった。



「長距離」検証データ4

パス1「すコごぜなま むスウヂアめ ヅかメサぞ アキきヂれウ マけはふちヅ りきけブヅ」
パス2「すコごじなま めスウヂアめ ヅかメぜぞ アキきヂエウ マけはふちヅ りきこよヅ」
パス1が長距離が10、残りが全て100。パス2が長距離が50、残りが全て100。他の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋め用モブを3羽使用。パスワードは格納しました。
ゲームメモリに無駄な情報を読み込んだ状態での検証を避けるため、本体を一度リセットし
その後、一度もロードや新牧場作成などをせずにエキシビション画面に進む。
パス1を1枠に、パス2を2枠に入れる。残りの3枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、ここは常に固定。
競羽場、距離は全ての組み合わせを調べ、スタートダッシュを観察。

  • 結果
神殿 1200 1400 1600 1800 2000 2400 3200 3600
密林 1000 1200 1600 1800 2000 2400 2800 3200
遺跡 1000 1200 1800 2000 2200 2800 3000
都市 1200 1400 1600 1800 2000 2400 3000 3200
砂浜 1000 1200 1600 1800 2000 2400 2800 3200
山岳 1000 1200 1800 2000 2200 2800 3000
今回の検証では、表内の赤で記された条件でのみ長距離の上昇(10→50)のスタートダッシュへの影響を観察できた。
都市以外の1600mでも影響があったのかもしれないが、今回の検証では観察できなかった。
「長距離」検証データ1、2、3、4の結果を簡単にまとめると
  • 長距離はほとんど(全部?)の距離のスタートダッシュに影響している。
  • 影響量はだいたい距離ごとに上限が決められていて、上限以上に長距離が高くても意味は無い。
  • 影響量上限は距離が長くなればなるほど高くなる。しかし最長距離である3600mの上限は少なくとも長距離150以下である点に注意。



「持続力」検証データ

使用したパスワード
パス1「カぢバわタヅ スヅコヂよシ ヅきろヅぞ ヅヂかヅヤじ ヅだぬぜぜヅ ヅきくぇヅ」
パス2「カがバサタぜ スダコヂよシ ヅきろダぞ ヅヂかサヤじ ナくぬだぜヅ ヅきくラヅ」
パス3「カぢバコタひ スぜコヂよシ ヅきろけぞ サヂかつヤず じふぬぜぜヅ ダきさフヅ」
パス1は持続力0、パス2は持続力90、パス3は持続力180、それ以外の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋めようモブを4羽準備。パスワードは格納しました。
競羽場は神殿、距離は全て使用。
検証用競走羽は1枠1番に固定。枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、これも固定。
この条件でレースをそれぞれ複数回開催し、1位のタイムを記録。

  • 結果
+ 記録した実測タイム一覧は格納しました。
タイムの推移を見る限り、今回の検証では僅かではあるが持続力の違いがタイムに影響を与えていた。
そして、今回の検証では持続力90当たり0.05~0.10秒程度タイムが短縮されていた。



「底力」検証データ1

使用したパスワード
パス1「カさバわタヅ スヅコヂむデ ヅきろヅぞ ヅヂかヅヤじ ナだぬたぜヅ ヅききネヅ」
パス2「カがバサタぜ スダコヂよシ ヅきろダぞ ヅヂかサヤじ ナくぬだぜヅ ヅきくラヅ」
パス3「カさバコタひ スぜコヂわめ ヅきろけぞ サヂかつヤじ ナふぬたぜヅ ダきこヌヅ」
パス1は底力0、パス2は底力90、パス3は底力180、それ以外の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋めようモブを4羽準備。パスワードは格納しました。
競羽場は神殿、距離は1200m2400m3600mを選択。
検証用競走羽は1枠1番に固定。枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、これも固定。
この条件でレースをそれぞれ複数回開催し、1位のタイムを記録。

  • 結果
+ 記録した実測タイム一覧は格納しました。
当初の予想通り、今回の検証(単羽独走の状態)ではタイムに差は現れなかった。



「底力」検証データ2

使用したパスワード
パス1「カさバわタヅ スヅコヂむデ ヅきろヅぞ ヅヂかヅヤじ ナだぬたぜヅ ヅききネヅ」
パス2「カさバコタひ スぜコヂわめ ヅきろけぞ サヂかつヤじ ナふぬたぜヅ ダきこヌヅ」
パス1は底力0、パス2は底力180、それ以外の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋めようモブを3羽準備。パスワードは格納しました。
競羽場は神殿、距離は1200mを選択。
検証用競走羽パス1を1枠1番に固定。検証用競走羽パス2を2枠2番に固定。枠埋め用モブはパスワードを上から3羽順番に入れ、これも固定。
この条件でレースを開催し、1位、2位のタイムとレース展開を記録。
その後パス1、パス2を入れ替えてもう一度レースを開催し、1位、2位のタイムとレース展開を記録。
そして、「EX検証→タイトル→初めから→ああ牧場作成→セーブしないでタイトルへ→EX検証」のループを15回繰り返す。

  • 結果
+ 記録した実測タイム一覧は格納しました。
タイムの推移を見る限り、今回の検証では明らかに底力の違いがタイムに影響を与えていた。
今回の検証ではどういったレース展開の場合に底力の影響が出たかについてまとめると
  • 「前方に位置取り、後方のチョコボに先にスパートをかけられて追い抜かれる。そしてその後スパートをかけた場合」は影響力発生。
  • 「後方に位置取り、前方のチョコボに先にスパートをかけられる。そしてその後スパートをかけた場合」は影響力発生せず。
  • 「前方に位置取り、先にスパートをかける。そしてその後、後方から他羽がスパートをかけた場合」は影響力発生せず。
  • 「後方に位置取り、先にスパートをかける。そしてその後、後方から他羽がスパートをかけた場合」は影響力発生せず。
  • 「お互いがスパート中に横に並ぶ事」は影響力発生に関係はしていないようだった。
そして、今回の検証では影響力が発生した場合、底力90当たり0.20~0.25秒程度タイムが短縮されていた。



「ダート適正」検証データ1

使用したパスワード
パス1「たスどゆぅヅ ブヅコヂくぼ ヅききヅぞ ヅゾくヅフロ ゲなまづけヅ ヅきけのぃ」
パス2「たスどひぅヅ ブヅコヂくぼ ヅききヅり ヅゾくヅフロ ゲなまづけヅ ヅきけだヅ」
パス3「たスどふぅヅ ブヅコヂくぼ ヅききヅね ヅゾくヅフロ ゲなまづけヅ ヅきけぐヅ」
パス4「たスどほぅヅ ブヅコヂくぼ ヅききヅく ヅゾくヅフロ ゲなまづけヅ ヅきけぐヅ」
パス1が◎、パス2が○、パス3が△、パス4が×。それ以外の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋めようモブを4羽準備。パスワードは格納しました。
競羽場は都市(ダート)と神殿(芝)。距離は1800mを選択。
検証用競走羽は1枠1番に固定。枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、これも固定。
この条件でレースを複数回開催し、1位のタイムを記録。

  • 結果
+ 記録した実測タイム一覧は格納しました。
今回の検証ではダート適正が1段階上がるごとに0.07~0.09秒程度タイムが速くなっていた。
そして同時にダート適正は芝競羽場でのタイムには影響していなかった。



「ダート適正」検証データ2

使用したパスワード
パス1「すスごゆらヅ やヅヅヂアめ ヅききヅぐ ヅヅきヅつウ マなはづけヅ ヅききぬぃ」
パス2「をスごひらり やソヅヂアめ ヅききアむ ヅヅきせにオ ミなトづけヅ ヅきけルヅ」
パス3「キスざふらり やタヅヂアめ ヅききアち ヅヅきせはキ ムなはづけヅ ヅきけヤヅ」
パス4「ラスざほらり やチヅヂアめ ヅききアヅ ヅヅきせほケ メなトづけヅ ヅきけラヅ」
パス1が◎、パス2が○長瞬持自加+1、パス3が△長瞬持自加+2、パス4が×長瞬持自加+3。それ以外の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋めようモブを4羽準備。パスワードは格納しました。
競羽場は都市(ダート)。距離は1800mを選択。
検証用競走羽は1枠1番に固定。枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、これも固定。
この条件でレースを複数回開催し、1位のタイムを記録。

  • 結果
+ 記録した実測タイム一覧は格納しました。
平均タイム差は0,000秒となり、スタートダッシュは同値を示す結果となった。
この結果より、ダート適正は◎>○>△>×の順によく、各「>」は能力に換算すると「長瞬持自加+1」に相当する事が分かった。



「得意回り」検証データ1

使用したパスワード
パス1「すづごスきて やヅヅヂアめ ヅヂアぶヅ ヅヅきヅつウ マるはふぃヅ ヅききぎぃ」
パス2「すげごぶきヅ やヅヂヂアめ ヅヂアてヅ ヅヅきヅつウ マスはむぃヅ ヅききよぃ」
パス3「すづごスきれ やヅけヂアめ ヅヂアみヅ ヅヅきヅつウ マるはふぃヅ ヅききむぃ」
パス4「すげごみきヅ やヅすヂアめ ヅヂアれヅ ヅヅきヅつウ マスはむぃヅ ヅききらヅ」
パス1は得意回りなし、パス2は右得意のみ、パス3は左得意のみ、パス4は右左得意、それ以外の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋めようモブを4羽準備。パスワードは格納しました。
競羽場は全て使用、距離は1800mを選択。
検証用競走羽は1枠1番に固定。枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、これも固定。
この条件でレースをそれぞれ複数回開催し、1位のタイムを記録。

  • 結果
+ 記録した実測タイム一覧は格納しました。
今回の検証では得意回り右、左のタイムへの影響度は同じで、早くなる場合はどちらも0.3~0.4秒程度タイムが短縮されていた。



「得意回り」検証データ2

使用したパスワード
パス1「すげごみきヅ やヅすヂアめ ヅヂアれヅ ヅヅきヅつウ マスはむぃヅ ヅききらヅ」
パス2「をづじスきて やりヅヂアめ ヅヂアぶヅ せヅきアよス ヤるナふぃヅ テきくまぃ」
パス1は右左得意、パス2は得意回り無し長瞬持自加+5、それ以外の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋めようモブを4羽準備。パスワードは格納しました。
競羽場は全て使用、距離は1800mを選択。
検証用競走羽は1枠1番に固定。枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、これも固定。
この条件でレースをそれぞれ複数回開催し、1位のタイムを記録。

  • 結果
+ 記録した実測タイム一覧は格納しました。
平均タイム差は0,000秒となり、スタートダッシュは同値を示す結果となった。
この結果より、得意回りは能力に換算すると「長瞬持自加+5」に相当する事が分かった。



「得意気温」検証データ1

使用したパスワード
パス1「すすごヅきヅ やヅヅヂアめ ヅかきヅヅ ヅヅきヅつウ マヅはにぃヅ ヅきダガヅ」
パス2「すてごヅきヅ やヅデヂアめ ヅかきヅヅ ヅヅきヅつウ マドはデぃヅ ヅきダグヅ」
パス3「すめごヅきヅ やヅドヂアめ ヅかきヅヅ ヅヅきヅつウ マドはしぃヅ ヅきヂめヅ」
パス4「すてごめきヅ やヅダヂアめ ヅかきヅヅ ヅヅきヅつウ マしはデぃヅ ヅきヂるヅ」
パス1は得意気温なし、パス2は暑い得意のみ、パス3は寒い得意のみ、パス4は暑寒得意、それ以外の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋め用モブを4羽使用。パスワードは格納しました。
競羽場は全て、距離は1200mを選択。
検証用競走羽は1枠1番に固定。残りの枠は枠埋め用モブをパスワードを上から順番に入れ、これも固定。
この条件でレースを複数回開催し、1位のタイムを記録。

  • 結果
+ 記録した実測タイム一覧は格納しました。
今回の検証結果と、各競羽場の概要を元に得意気温の影響を考察すると
  • 天空神殿は一年通して得意気温の違いによるタイムへの影響はない。
  • 熱帯密林は3~5月、12~2月では得意気温暑のタイムが速くなる場合があり、6~8月、9~11月では常に得意気温暑のタイムが速くなる。
  • 秘境遺跡は3~5月では得意気温の影響はなく、6~8月、9~11月では得意気温暑のタイムが速くなる場合があり、12~2月では常に得意気温寒のタイムが速くなる。
  • 王宮都市は3~5月、9~11月では得意気温の影響はなく、6~8月では得意気温暑のタイムが速くなる場合があり、12~2月では常に得意気温寒のタイムが速くなる。
  • 砂浜公園は3~5月、9~11月では得意気温の影響はなく、6~8月では得意気温暑のタイムが速くなる場合があり、12~2月では得意気温寒のタイムが速くなる場合がある。
  • 山岳廃坑は3~5月、6~8月、9~11月では得意気温寒のタイムが速くなる場合があり、12~2月では常に得意気温寒のタイムが速くなる。
得意気温暑、寒のタイムへの影響度は同じで、早くなる場合はどちらも0.3~0.4秒程度タイムが短縮されていた。



「得意気温」検証データ2

使用したパスワード
パス1「すてごめきヅ やヅダヂアめ ヅかきヅヅ ヅヅきヅつウ マしはデぃヅ ヅきヂるヅ」
パス2「をすじりきテ やヅヅヂアめ ヅかきせヅ ヅヅきヅよス ヤアナにぃヅ ヅきかぎヅ」
パス1は暑寒得意、パス2は得意気温無し長瞬持自加+5、それ以外の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋めようモブを4羽準備。パスワードは格納しました。
競羽場は全て使用、距離は1200mを選択。
検証用競走羽は1枠1番に固定。枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、これも固定。
この条件でレースをそれぞれ複数回開催し、1位のタイムを記録。

  • 結果
+ 記録した実測タイム一覧は格納しました。
得意気温が影響する部分の比較では平均タイム差は0,000秒となり、スタートダッシュは同値を示す結果となった。
この結果より、得意気温は能力に換算すると「長瞬持自加+5」に相当する事が分かった。



残りの現項目検証データについては解析項目の検証 2 解析項目の検証 3を参照してください。





当ページの訪問者数
本日 -
昨日 -

合計 -


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|