解析項目以外の検証

このページは解析項目の検証のページでは扱わなかった
ゲーム・チョコボスタリオン内の詳しい影響や決定方法など、詳細が分かっていないあらゆる要素について
様々な方法を用いて調査、検証するためのページです。

※すでに調査・検証が掲載されている項目についても、その信憑性とより詳しい影響や決定方法調査のために追調査・検証は大歓迎です。
※調査・検証にパスワードを使用した場合は、必ず使用したパスワードと、調査・検証した時の条件をできるだけ詳しく記載して、再現性を高める様にしてください。
※同様に、反証データを示す時も必ず使用したパスワードと、調査・検証した時の条件をできるだけ詳しく記載してください。



レース前予想印検証データ

+ 数が多かったので、使用したパスワードは格納しました。
パス1が0戦0勝全能力100で今回の調査・検証の基準となるパスワード。
パス2~8が上からパス1の先長瞬持底自加をそれぞれ1つずつ+1上昇させたパスワード。
パス9が瞬、持、加、HPのみ100で他0のパスワード。
パス10がパス1のHPを170まで上昇させたパスワード。
パス11が2戦2勝のパスワード。
パス2~11全て他の項目はパス1と同じです。
+ これ以外に全能力0の枠埋め用モブを3羽使用。パスワードは格納しました。
ゲームメモリに無駄な情報を読み込んだ状態での検証を避けるため、本体を一度リセットし
その後、一度もロードや新牧場作成などをせずにエキシビション画面に進む。
競羽場は神殿。距離は2400mを選択。
調査・検証用競走羽の組み合わせを1枠2枠に入れる。残りの3枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、ここは常に固定。

  • 結果
◎◎◎○パス2(先行力+1)
○○○○パス3(長距離+1)
◎◎◎◎パス4(瞬発力+1)
○○○◎パス5(持続力+1)
○◎○○パス6(底力+1)
○○○○パス7(自在性+1)
◎◎◎◎パス8(加速力+1)

○○○◎パス9(瞬、持、加のみ100)
○○○○パス10(HP+70)
○○○○パス11(2戦2勝)
※パス9はパス9を1枠、パス1を2枠に、それ以外はパス1を1枠に、該当パスを2枠に入れた場合の予想印の結果です。

この結果と、体感1/10程度で起こる乱数変化による能力変化が無ければ
完全な同能力競走羽の場合、予想印は枠順の若い順に良い印がついていくという事を照らし合わせると
予想印は左から「A3」、「A3+底力」、「A3+?」、「瞬持加」の高い順に良い印がついている事が分かった。
左から三番目の印についてはストーリーモードや、有志開催のエキシビションの結果を見ると「A3+戦績」になっているように感じたが
今回の条件での調査・検証では長距離、自在性、HP、戦績は予想印に全く影響していなかった。
左から三番目の印については追検証の余地大いにあり。



グラビデ検証データ1

パス1「すコごまなス やりウヂアめ ヅかメヂぞ ヅキきアつウ マけはふちヅ ヅきけツぃ」
パス2「キコぞまなす やぜウヂアめ ヅかメつぞ ぜキききぢヌ ルけふふちヅ ぜきこてぃ」
パス1が全能力100。パス2が長瞬持自加110、残りが全て100。他の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋め用モブを4羽使用。パスワードは格納しました。
ゲームメモリに無駄な情報を読み込んだ状態での検証を避けるため、本体を一度リセットし
その後、一度もロードや新牧場作成などをせずにエキシビション画面に進む。
パス1を1枠に、パス2を2枠に入れる。残りの3枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、ここは常に固定。
パス2にグラビデ+5をかけ、予想印とスタートダッシュを観察。
神殿2400mと神殿3600mそれぞれでこれを行い、1枠と2枠を入れ替えてもう一度同じ事を行う。

検証用競走羽を1枠に、残りの4枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、常に固定。
パス2にグラビデ+5をかけレースを行いタイムを比較。これも神殿2400mと3600で行う。

  • 結果
神殿2400m3600mでの予想印、スタートダッシュ、タイムの比較では
パス1「先:100 長:100 瞬:100 持:100 底:100 自:100 加:100 HP:100」と
パス2「先:100 長:110 瞬:110 持:110 底:100 自:110 加:110 HP:100」にグラビデ+5した競走羽は全能力同値を示していた。
つまり今回の検証では グラビデ+1ごとに長-2瞬-2持-2自-2加-2されている事が分かった。



グラビデ検証データ2

パス1「なコサわなま かスウヂさデ ヅかメけぞ アキさヂドぼ むけるふちヅ りきしダヅ」
パス2「ソコタわなま かりウヂさデ ヅかメけぞ とキさごろタ ろけろふちヅ せきさわヅ」
パス1が全能力160。パス2が長瞬持自加170、残りが全て160。他の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋め用モブを4羽使用。パスワードは格納しました。
ゲームメモリに無駄な情報を読み込んだ状態での検証を避けるため、本体を一度リセットし
その後、一度もロードや新牧場作成などをせずにエキシビション画面に進む。
パス1を1枠に、パス2を2枠に入れる。残りの3枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、ここは常に固定。
パス2にグラビデ+5をかけ、予想印とスタートダッシュを観察。
神殿2400mと神殿3600mそれぞれでこれを行い、1枠と2枠を入れ替えてもう一度同じ事を行う。

検証用競走羽を1枠に、残りの4枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、常に固定。
パス2にグラビデ+5をかけレースを行いタイムを比較。これも神殿2400mと3600で行う。

  • 結果
神殿2400m3600mでの予想印、スタートダッシュ、タイムの比較では
パス1「先:160 長:160 瞬:160 持:160 底:160 自:160 加:160 HP:160」と
パス2「先:160 長:170 瞬:170 持:170 底:160 自:170 加:170 HP:160」にグラビデ+5した競走羽は全能力同値を示していた。
グラビデ検証データ1、2の結果から、 能力帯にかかわらずグラビデ+1ごとに長-2瞬-2持-2自-2加-2されている事が分かった。



新項目候補+再検証候補検証データ

使用したパスワード
パス1 「なすサヅヅヅ かヅヅヅさヅ ヅきろヅヅ ヅヅさヅドぼ むヅるにぜヅ ヅヅきサぃ」
パス2 「ながサぬヅづ かドヅヅさヅ ヅきろふヅ つぃさるドぼ むはるらぜヅ ヅヅこコぃ」
パス3 「ながサぬヅづ かぬヅヅさヅ ヅきろふヅ ドむさるドぼ むはるらぜヅ ヅヅこオヅ」
パス4 「ながサぬヅづ かしヅヅさヅ ヅきろふヅ がちさるドぼ むはるらぜヅ ヅヅさぐヅ」
パス5 「ながサぬヅづ からヅヅさヅ ヅきろふヅ がけさるドぼ むはるらぜヅ ヅヅさほぃ」
パス6 「ながサぬヅづ かじヅヅさヅ ヅきろふヅ ダヂさるドぼ むはるらぜヅ ヅヅこヤぃ」
パス7 「ながサぬヅづ かわヅヅさヅ ヅきろふヅ けドさるドぼ むはるらぜヅ ヅヅこぇヅ」
パス8 「なとサドヅヅ かヅちヅさヅ ヅきろつヅ ヅヅさヅドぼ むにるひぜヅ ヅヅくゲぃ」
パス9 「なとサぬヅヅ かヅむヅさヅ ヅきろドヅ ヅヅさヅドぼ むにるひぜヅ ヅヅけウヅ」
※表記法則 *-*(*******)の括弧外の左の数字はパスワードの位置を表し、括弧内の数字はそれを二進数表示した物を表します。
パス1は全要素なし、パス2は4-2(1000000)、パス3は4-2(0100000)、パス4は4-2(0010000)、パス5は4-2(0001000)
パス6は4-2(0000100)、パス7は4-2(0000010)、パス8は2-3(0010000)、パス9は2-3(0100000)、それ以外の能力は全て同じ。
+ これ以外に全能力0の枠埋め用モブを4羽使用。パスワードは格納しました。
競羽場は神殿、距離は1200mを選択。
検証用競走羽は1枠1番に固定。枠埋め用モブはパスワードを上から順番に入れ、これも固定。
この条件で「EX検証→タイトル→初めから→ああ牧場作成→セーブしないでタイトルへ→EX検証」
のループを30回繰り返して、タイムを記録。

  • 結果
+ 記録した実測タイム一覧は格納しました。
新項目候補+再検証候補検証データで分かった事をまとめると
  • 「4-2の左から六番目の桁」はタイムに影響している。
  • その特性発生は「ゲームメモリの状態」の影響を受ける。
  • その特性発生確率は20~30%?
  • その特性が発生した場合、タイムが遅く(0.3~0.4秒程度?)なる。
  • その特性が発生しても、かかり癖・あおり癖のような特殊挙動はない。
  • その特性が発生しなかった場合、タイムは変わらない。
  • 「4-2の左から五番目の桁(4-2気性の○×を判別する部分)」は今回の検証でもタイムに影響していた。
  • 残りの部分「4-2の左から1~4番目の桁」「2-3の左から2~3番目の桁」は全くタイムに影響していなかった。
  • 「4-2の左から六番目の桁」は「あがり症」としてパスワード解析ツールの項目に加わりました。




当ページの訪問者数
本日 -
昨日 -

合計 -


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|