コールユリゼン2011年度新歓曲


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コールユリゼン2011年度新歓曲は以下のように決まりました。

①  そのひとがうたうとき(作詞:谷川俊太郎  作曲:松下耕)

理由:しっかりした合唱曲だが、出だしの旋律などどこか中学高校で歌ったことがあるような印象を与える曲だから。長い曲ではあるが、中盤で雰囲気が変わったりして、飽きがこない。

 

②  海神(作詩:池澤夏樹  作曲:木下牧子)

理由:他の2曲と色が違う曲で多様性が出ると考えたため。短調の曲ではあるが軽快に、さわやかに進むため新歓曲に向いていると判断しました。

 

③  Hail  Holy  Queen(「天使にラブソングを」挿入曲)

理由:ユリゼンの親しみやすさを出す狙いで入れた曲。一度は聴いたことがある人が多いと思われ、団の新歓の雰囲気作りの方針にも適っていると考えられたため。

 

3曲にした理由としては、4曲より新歓までに同じ曲をやりこむことができること、ステージの時間を考慮する必要があることが挙げられます。

他選曲に疑問があった場合などありましたら砂川まで連絡ください。