※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月代 瑠那(つきしろ るな)


身長:標準
体重:標準
年齢:19
性別:女
属性:月

最寄り駅集樫(あいがし)、国立大学尚海(ますかい)大学史学部文学史学科一年生。
至って普通の女の子であったはずの彼女だったが、とある日を境界に普通では在り得なくなってしまった。
司神ルーナの祝福を受けている彼女は月の眷属。運命から既に普通では在り得なかった。それを彼女が知る由も無かった。

彼女は探偵というものに憧れ、咲ノ宮の燈条探偵事務所に助手として志願した。本来燈条探偵事務所は例外を除いて誰も入ることができないような呪いがジョーカーによって掛けられているのだが、彼女はそれを意にも介さずに事務所へと踏み入った。
結果、運命と縁に感付いた麗は月を狙う者から護る意味を込めて彼女を助手として雇った。

月の力を発現させて以降は目の色に困るなど、普通の女の子らしさを見せていたが、そのうち自分が大きな運命の渦に巻き込まれていることを自覚し始める。
ちなみに彼女にとって麗は一人のダメ人間としてしか映っていないため、恋愛感情などはこれっぽっちも存在していない。それに発展するかどうかはこれからの麗次第なのだろうか。

普段の彼女は普通であり、友達も多い。しかし、何故か彼氏の類は人生で一度もできたことが無い。
理由は不明。友達からまで不思議がられる始末。妹に敗北感を感じずにはいられない、そんな日々。

家族構成は両親と妹。
父『月代 隆斗(つきしろ りゅうと)』、母『月代 真澄(つきしろ ますみ)』、そして妹『月代 美亜(つきしろ みあ)』。
両親は結婚してから二十五年が経過しているが未だにラブラブオーラ全開であり、また二人揃って天然という手が付けられないコンビとなっている。
美亜は瑠那が月の眷属だと本人から教えられて知っている。仲良し姉妹であり、休日には二人で買い物に出掛けたりもするようだ。

黒色の長髪、茶色の瞳。服装は派手すぎず地味すぎないものを好む。
歴史系の学部に通っているのは何と無く歴史が好きだったから、という理由だが、成績は普通。勉強が好きな性格ではないらしい。