※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高宮 凛(たかみや りん)


身長:標準
体重:標準
年齢:16
性別:女
属性:風

提供者:プチかびさん

咲ノ宮の隣駅、囲弦木(いつるぎ)駅近郊に住んでいる高校二年生の少女。通っている高校は県立蔦林(つたばやし)高校。
ややネガティブシンキングな傾向があるが、最終的には何とかなるの精神で日々を送っている少女。
あやふやなことには手を出さない、警戒心の強い性格をしているが、一瞬の気の緩みで運命が方向転換を始めてしまった。

風の司神ヴィエントの祝福を受けている彼女は例に漏れず数奇な運命の中に立っていた。本人はそれを頑なに拒絶しているものの、燈条探偵事務所そのものは気に入っている。彼女にとって事務所は一種の隠れ家的なものとなっているのかもしれない。もっとも、事務所は実質麗の隠れ家なので、その認識は間違っていない。

父親が日本人、母親が中国人、というハーフだが本人はそれを嫌っているのか、日本人であると主張する。母親の影響か、軽い気功のような力を扱うこともできるが、それは微々たる物であり有効活用できるとは言い難い程度の力。
弟が一人おり、名前は『高宮 秦(たかみや しん)』。また、飼い犬の『ウィズ』がいる。犬種は雑種。拾い犬。

趣味は音楽ゲーム。リズム感に優れているのか音感に優れているのか、とにかく上手い。また、ルービックキューブが得意な一面も窺える。
そして高校では弓道部に所属しているため、弓道も特技の一つとなっている。実力は中々に高く、大会等で入賞経験も持ち合わせている。
では本分である勉強はどうなのかというと可も不可もなく。中の上といった位置取りらしい。

現役高校生らしく休日は友達と買い物に出掛けたりもする。瑠那や葵といった事務所のメンバー、また美亜などとはよく一緒に買い物に行くらしい。
時雨やデットを荷物持ちとして引張って行くこともしばしば。
なお、麗に対する認識はやはりというか何と言うかダメ人間でしか在り得ず、たびたびしっかりするように文句を言ったりする。

赤茶の髪、空色の瞳。カラーコンタクトの類ではなく、本当に空色らしい。
事務所に来る際は大体制服だが、普段は可愛らしい服装を好んでいる。