ぱらいそ・ヴァンパイア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぱらいそ・ヴァンパイア


作:千石綾子
ジャンル:コミカルなアクションぽいなにか

作品解説



自分でお題を出してネタを作る、という作業中にできたお話が元ネタ。もちろん漫画で描く予定だったものです。

珍しく地球が舞台のお話です。
太平洋にぽつんと浮かぶ島国「アヴェリオン」に住むヴァンパイアハンターの2人の物語。
とは言っても、このお話のヴァアンパイアは通常イメージされている吸血鬼とはちょっと違います。
十字架、聖水、ニンニクなどは一切効果がなく、太陽の光と銀だけが彼らを滅ぼせます。
お話の中でこのヴァンパイアについては触れていく予定です。

千石アクションもの初挑戦なので、印玄さんに色々と教えて頂きつつ何とか書いています。
このお話、印玄さんとはとっても深いつながりがあるのです。詳しくはミハイラちゃんのキャラ紹介で。



あらすじ


太平洋にぽつりと浮かぶ島国アヴェリオン。
ここは世界から忘れられた国。
元々は観光や貿易で盛んだったが、100年ほど前に突然ヴァンパイアが発生し増殖した。
この増殖が自国に及ぶことを恐れた世界の国々は国交を打ち切り、次第に忘れ去られていったのだった。

そんな国の小さな街で活躍する若く美しいヴァンパイアハンターのミハイラ。
そして相棒のちょっと変わったヴァンパイア、ヴァルラ。
それぞれの想いを胸に、彼らは今日も戦い続ける。                 ポロリもあるよ!




メインキャラクター


  • ミハイラ(主人公その1・自他ともに認める一流のヴァンパイアハンター)
  • ヴァルラ(主人公その2・ミハイラの相棒。エロくて風変わりなヴァンパイア)
  • ラウ(自称一流の情報屋。実家は退魔師なのでそちらも兼業)
  • エルンスト=アクスマン(印玄さんのキャラクターですがゲスト出演して頂く予定。詳しいキャラ紹介は印玄さんの「LionHeart」で!)