イスラエル独立戦争と米国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

分類

論文

タイトル

イスラエル独立戦争と米国

公開

金沢大学
金沢大学法学部
金沢法学
http://hdl.handle.net/2297/6622
•ページ数:26

著者

鹿島正裕

発行日

1998

本文引用


。ソ連もこの提案に反対したが、その理由は興味深い。それはトランスヨルダンとパレスチナの統一はパレスチナに二国家を作るという国連総会決議に反しており'そもそもトランスヨルダンは英国の偲偏政権でしかなくイスラエルの独立に対して英国がトランスヨルダン軍を使って干渉戟争をしているのであるから、同案は英国外務省の差し金によるものと見られても不思議ではないというのである。ソ連が当時イスラエル独立を熱心に支持したのは英国への対抗意識によるところが大きいことをよく示していよう。

タグ