※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


登場人物一覧

ここではCrysis2に登場する人物について紹介しています




人類

Alkatraz - アルカトラズ


今作の主人公。
28歳。フォースリコン(アメリカ海兵隊武装偵察部隊)の一員としてネイサン・グールド博士の救出任務についていた途中、セフの攻撃に遭い生死の境を彷徨う。
プロフェットにナノスーツを託され、セフとC.E.L.L.との戦いに身を投じる事となる。
同僚に「テキーラは体に良くない」と言われていることから、
アルコール中毒であることが推測できる。
以下ネタバレ: 冒頭で負った傷の部分をナノスーツが補完している状態で、スーツなしでは彼はすぐに死んでしまう(スーツ技師曰く「歩く死体」)

Prophet - プロフェット


前作より引き続き登場。通称熱源隊長
生死の境を彷徨っていたアルカトラズを救出し、彼に自らのナノスーツを託す。
以下ネタバレ: 冒頭で自殺する。これは彼がマンハッタンウィルスに感染しており、またセフに乗っ取られるのを防ぐためにスーツとのリンクを断つ必要があったからである。
ハーグリーブに無印Crysisの以前から雇われており、リンシャン島に彼が派遣されたのはセフに対してナノスーツがどのような反応を示すかテストするためであった。
本編開始直後はハーグリーブの元から脱走しており、ウィルスの件もありC.E.L.L.とは敵対状態であった。アルカトラズがC.E.L.L.から攻撃を受けるのは彼らがアルカトラズをプロフェットと勘違いしているため。
彼の記憶の断片がスーツに残されており、アルカトラズは戦いの合間にそれをフラッシュバックとして経験することとなる。

Nathan Gould - ネイサン・グールド


前半と後半、アルカトラズを無線でサポートする。
元はクライネットで働いていたが何らかの原因で辞職、セフのニューヨーク侵攻後はその知識をC.E.L.L.に狙われることとなる。
過去にプロフェットと共に動いていた時期があり、アルカトラズを最初はプロフェットと勘違いしていた。
基本的に自己の意見がすべて正しい、と思い込む傾向にある。黒人種の血が入っており、いわゆる典型的な我儘ニガーがモデルとなっている。


Jacob Hargreave - ジェイコブ・ハーグリーブ


クライネットのCEOであり、ナノスーツの開発者。
中盤はアルカトラズを無線でサポートする。
以下ネタバレ: 実は彼が生まれたのは100年以上前であり、今も生きているのは肉体を冷凍睡眠させているため。1908年に起こったツングースカ大爆発の時に、墜落したセフの宇宙船から技術を盗み出し、カール・ラッシュと共にハーグリーブ・ラッシュ社を設立、セフの技術の解析に当たった。その技術解析の結果、冷凍睡眠やナノスーツを開発する。セフの地球侵攻を予期した彼は、ナノスーツの改良、テストを重ねナノスーツ2.0を完成させる。ナノスーツの深層プロトコルが完成した暁には、自らスーツを身に纏いセフとの戦争に終止符を打つつもりであったようだ。


Tara Strickland - タラ・ストリックランド


C.E.L.L.のスペシャルアドバイザー。前作で登場したストリックランドの娘である。
かつてはネイビーシールズに所属していたが、父の死後は荒れた生活を送っていたようだ。
以下ネタバレ: 実はCIAの潜入捜査官であり、グールドをセフの攻撃の際にC.E.L.L.から逃がしたのは彼女。


Dominic.H.Lockhart - ドミニク・ロックハート

C.E.L.L.の指揮官。主人公を執拗に付け狙う。
Eメールではナノスーツ2.0計画の中止を度々主張しており、その主な理由はスーツ着用者への健康リスクであった。意外と根はいい人なのかもしれない。


Chino - チノ


アルカトラズと同じ部隊のメンバー。冒頭のセフの襲撃の際死亡したと思われていたが、
後に生存していることが分かる。
洪水後のアルカトラズ捜索任務に回され、彼と合流したあとは彼のサポートに回る。


Sherman Barclay - シャーマン・バークレイ


民間人の安全確保、セフの排除のために投入されたアメリカ軍の指揮官。
リンシャン島ではストリックランドの部下だった。
ラジオで「あのバークレイ」と言われていることから人望は篤いようだ。


侵略者

Ceph - セフ


2020年にリンシャン島で発見された、高度な技術力を持つエイリアンの集団。
朝鮮人民軍に目覚めさせられてからは、その圧倒的な軍事力のもとに地球侵攻を開始する。
Crysis2時点ではマンハッタンウィルスと呼ばれるウィルスを侵攻前に散布しており、
そのウィルスに感染すると肉が溶け、やがて死に至る。
彼らが使う武器はいわゆるビームガンであり、前作で見られた冷気を使用する姿は見られない。